図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:映画化・ドラマ化 ( 30 ) タグの人気記事

映画「インシテミル」

16日に公開になったインシテミル。


原作を読んだのがだいぶ前で記憶が曖昧ですけど、人数違いますよね。
原作12人→10人
行動や報酬のルールの説明が少なくて、推理らしい推理が披露されなかったのが残念な感じ。
まさか単なる多数決で犯人が決まっちゃうとは‥‥。
2時間におさめるにはしょうがなかったのかな〜。
凶器のモチーフがディスクン・カーだとか原作読んでなかったりミステリ知らないと分からなさそう。だったらそういう情報はいらないのかな〜と思ったり。
原作の後味の悪い終わり方とかも好きだったのにな。
違う結末になってます。

でもホリプロ50周年記念映画なのでキャストが豪華ですね。
石原さとみと武田真治のキレ気味の役は、かなりすごかったです。

ガードが排除したり棺桶におさめるシーンとかも、映像になるとかなりこわかったです。
[PR]
by MameBean | 2010-10-17 17:04 | 映画・DVD

シャーロック・ホームズ

e0030112_17481167.jpg名探偵ホームズと医師ワトソンは、怪しい黒魔術を使い、女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕する。だが、処刑されたはずのブラックウッドが蘇る‥‥。



ガイ・リッチーの作品はリボルバーを観たことがあります。急に映像がアニメになったり、現実と精神世界がごちゃ混ぜになったりして、難解な映画でした。
そんな監督の作品なので、イメージしてたホームズ像ではないんだろうな、と思ってました。

家の中で銃を発砲したり、危険な実験をしたり、ファイトクラブみたいなところでボクシングしたり。私の中では冷静沈着な英国紳士だったのでかなりイメージと違うホームズ。
でもこれってけっこう原作に基づいているみたいですね。そういえば私、ホームズってちゃんと読んだことあったっけ。
バスカヴィル家の犬、まだらの紐、赤毛組合、踊る人形‥‥。あんまり覚えてないなぁ。しかも小学生の頃ジュブナイル版とかで読んでた気がします。ジュブナイル版じゃ、きっとホームズの薬物依存だとかの描写ないですよね。

ワトソンのフィアンセにジェラシーなホームズ。ホームズには迷惑をかけられっぱなしなのに突き放せないワトソン。ふたりの関係も想像していたものとは違うけど、これはこれでお互いに信頼し合っているんですよね。

軽快なカメラワークとスタイリッシュな音楽使い。そして映像では19世紀末のロンドンを再現していて、どんよりとした空と、造船所や建設中の大きな橋。なかなか見応えあります。

死んだはずのブラックウッド卿が蘇り人を殺すという謎解きもあり、派手なアクションもあり。ホームズ好きな人には分かるようなネタもあったりして、ホームズファンもそうじゃない人も楽しめるような映画でないでしょうか。
[PR]
by MameBean | 2010-04-05 18:36 | 映画・DVD

面白南極料理人

面白南極料理人 (新潮文庫)

西村 淳 / 新潮社


南極のドームふじ基地に料理人として参加した著者による、南極越冬隊の日常を綴った爆笑エッセイ。

映画「南極料理人」の原作である本作。
映画はドーム基地にいるところから物語が始まっていますが、南極に行くまでも大変なんですね。「しらせ」でオーストラリアを経由して南極まで行き、そこから何日もかけて氷上を大移動。

著者は料理人として参加しているので、食品に関することが面白かったです。
南極という超低温下でのことなので日常の生活ではほとんど役に立ちませんが、LL牛乳が分離するとか、冷凍の卵なんてものがあるとか、知らなかったことばかり。

西村さんのキャラクタは、映画とは違ってチョー楽天家な宴会好き面白人でした。書かれているのはほぼ愚痴のような内容ですが、なんとか料理で皆を楽しませようというノリが、こういう閉ざされた空間では重要なんじゃないかな。
しかしドクターの氷上ランニングとか自転車こぎがまさか実話だとは(笑)北海道の病院に会いにいってみたくなりましたよ。

皆さんの本業でもある観測隊のお仕事など、こちらのホームページを見ながら読むと分かりやすいかも。今は逐一、南極からの情報が入るんですねー。しかしGoogleの地図が真っ白‥‥。

↓昭和基地に来たペンギン。かーわーいー。
でもドームふじにはペンギンは来ないんですよねー。
e0030112_1718234.jpg

[PR]
by MameBean | 2010-01-15 18:20 |     ─小説・エッセイ

ノーフォールト(上)

ノーフォールト(上)(ハヤカワ文庫JA)

岡井 崇 / 早川書房


城南大学病院に勤める女性産科医・柊奈智。
深夜の当直で容態が急変した妊婦の帝王切開手術を行なうが、数日後、原因不明の出血がおこる‥‥。

ドラマ「ギネ」の原作で、現役の産婦人科医による医療ミステリー。
オペの様子とか映像となるとキツそうだなと思って本で読むことにしましたが、文字でも十分キツかったです。オペ台が血の海だとか。ヒー‥‥。
ドラマでの奈智は他人とあまり分かりあおうとしないようなクールは人物になっていますが、小説では自身の育児と過酷な勤務で精神的にも肉体的にもボロボロになりながらも、命を救えた喜びを噛みしめていてとても人間くさい人です。上司である医科長や研修医との信頼関係も良さそうだし。

産科医不足や妊婦の受け入れ拒否などは最近とくに問題になっていますね。私の知人も、妊娠中に危険な状態になって救急車を呼んだけど、受け入れ先がなかなか決まらなかった‥‥ということがあったのでこういう問題は人ごととは思えません。
母体と胎児という2人の命が関わってくるので産科は特に責任が重いですね。
この物語では奈智は担当した患者さんが亡くなってしまうという重大な局面に直面し、悩みながらも上司に助けられ、克服していこうとします。しかし思わぬ試練が待ち受けている‥‥というところで下巻に続きます。

本作は今の医療問題を知ってもらうために書かれたというだけあって、医師不足、過酷な勤務状況の割に裁判になることの多い産婦人科の問題点が描かれています。
医師の立場で描かれているので小説というよりドキュメンタリーを観ているような感じです。著者にとって初めての小説だとは思えません。
奈智は医師として立ち直れるのか‥‥下巻につづきます。
[PR]
by MameBean | 2010-01-08 18:29 | 借りた本─ミステリ
またまた気になる映画情報。
舞城王太郎が書き下ろした「NECK」が映画化。

舞城王太郎は、同一モチーフのまったく別のストーリーを2本書き上げ、1本は舞台に、そして別の1本は映画化される。主演は相武紗季。
内容は“胸キュンホラー”という異色のジャンル。

映画の方はすでにクランクインしていて、来年夏、公開予定。
舞台版は青山円形劇場で来年2月12日からスタート。

あの独特の舞城テイストが映像でどうなるか、気になるところです。
[PR]
by MameBean | 2009-11-13 18:16 | ちょっとブレイク

南極料理人

e0030112_18162553.jpg南極観測隊員のひとりである西村の任務は、隊員8名分の食事を用意すること。限られた食材と特殊な環境の中、隊員たちを満足させる料理を作る。



本屋にこの映画のレシピブックがありまして。ローストビーフは肉に油を塗って直接火をつける‥なんて奇抜な調理法や、むさ苦しい男たちが基地内で正装してフレンチを食べる不思議な光景が載っていたので、映画を観てみたくなったんです。この映画でフードスタイリングをしているのが「かもめ食堂」「深夜食堂」も手掛けられている飯島奈美さん。

天ぷらにぶりの照り焼き、麺から作ったらーめん、伊勢エビフライ‥!こんなおいしそうな料理なのに、誰の口からも「おいしい」という言葉は出てきません。でもみんなの顔と食べっぷりを見れば言わなくても分かりますよね。
料理のシーンを観ていると、南極も悪くないかも‥‥と思いかけてしまうほど。
でもここは南極の昭和基地よりもはるか離れたふじ基地。ペンギンもアザラシもウイルスさえ存在せず、いるのは8人の男だけ。

男たちだけで長くいると、こうも子どもになってしまうんですねー。喧嘩したりすねたり、裸でふざけあったり。で、いつしか本物の家族よりも家族らしくなっている。堺雅人演じる西村さんは、お母さん。お父さんは生瀬さん。きたろうさんは‥‥孫に甘いおじいちゃん(笑)

ほろっと泣けて、でもほぼ爆笑の映画でした。
[PR]
by MameBean | 2009-11-05 18:38 | 映画・DVD
続編のセブンティーンをまだ読んでませんが、シックスティーンが映画化されるそう。もうクランクインしてるみたい。画像がありました。

e0030112_16113165.jpg剣道エリートの香織を成海璃子、ライバルの早苗を北乃きい。成海璃子、珍しく年相応の役ですね。香織は短髪で、もっと男っぽいイメージだったんですけどね。顔は濃いからいい‥‥のか?
これで当たればセブンティーン、エイティーンと続きそう。ちなみにエイティーンはWEBで連載しているそう。

映画は来春公開。
[PR]
by MameBean | 2009-05-08 17:35 | ちょっとブレイク

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート (通常版)

アニプレックス


家族のいない2人の少年、クロとシロ。
ふたりが暮らす“宝町”に再開発という波が押し寄せる。
松本大洋の漫画をアニメ映画化。

自分じゃ靴下もはけないしお風呂で体も洗えないシロ。シロがクロに頼り切っているようにみえるけど、その逆だったことがふたりが離ればなれになったときに分かります。「クロの足りないネジ、シロが持ってる」とはシロの台詞。
そしてネジの足りなくなったクロは奈落への道を突き進んでいってしまう。狂気と暴力にまみれたクロの姿はとても痛々しかった。
この街を守ると言いつつ、ただ街を自分のものだと思っていたり、変わることを異常に恐れているようなクロ。大人になれないクロ。永遠に子どものままなのでしょうか。

クロの声を嵐のニノ、シロを蒼井優、クドカンも声優で出てます。途中から蒼井優のシロの喋り方、誰かに似てるなーと思ってたんですが、クレヨンしんちゃんでした。あんな感じの喋り方(笑)
[PR]
by MameBean | 2009-03-12 18:55 | 映画・DVD

映画・20世紀少年

e0030112_15585617.jpg観てきました。
レイトショーだったからか、けっこう空いていました。

やっぱり第1部は血の大みそかまででした。
堤監督が原作至上主義と言っているだけあって、原作そのまま。あまりにもそっくりな出演者が多くて、ニヤリとしてしまいます。お笑いの人が多かったのは事務所的に何かあるんでしょうか。ちょっとした役(すれ違うだけとか)にも芸人さんやタレントを使っていて、あっこんなとこに出てる!っていう楽しみがある反面、こんなとこにお金かけて‥‥という気分になりました。主要人物だけでも豪華なキャストなのにね。

最初に海ほたる刑務所のシーンをもってくる構成は意外でした。
しかし大音量で20th Century Boyが流れると思っていたのに、案外普通のボリュームで、ケンジが朝まで大音量でギターをひくシーンもちょっと物足りなかった。だって20世紀少年ってタイトルなのにー。
でも「Bob Lennon」と「愛・ROCK・友」を聞けたのは嬉しい。かなり気に入りました「愛・ROCK・友」。覚えやすい曲。

そういえば予告で流れた、金城武主演の怪人二十面相の映画が面白そうだったー。→これ
二十面相のワナにはまって二十面相に仕立て上げられる男‥‥な内容。松たか子とか出てます。
[PR]
by MameBean | 2008-09-08 17:54 | 映画・DVD

ドラマネタ2つ

■チーム・バチスタ ドラマ化
映画に引き続いての、連続ドラマ化(10月14日午後10時〜)。
田口医師役は伊藤淳史。こちらは原作通り男性ですね。でもだいぶ年齢が違うなー。ロジカルモンスター・白鳥役は仲村トオル。大丈夫ですか。変人役やる役者さんですか?
結末はオリジナルになるそうですが、犯人が別の人になるんでしょうか? そうするとトリックは‥‥?

■ガリレオ 特別編放送
映画『容疑者Xの献身』の公開日(10月4日)に『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』を放送。長澤まさみや香里奈がゲスト出演。そういえば長澤まさみの出るドラマを一度も観たことがないことに気づく。


気がつくと今クールのドラマはシバトラとゴンゾウしか観ていない‥‥(あとアニメ・アンティークを少し)。しかも五輪期間にたまった録画を消化しないとハードディスクがいっぱいに。
[PR]
by MameBean | 2008-08-25 18:08 | ちょっとブレイク