図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
e0030112_182118.jpg粉250グラムで4個。
やはりこれぐらいのボリュームが必要なんですね(前回は8分割)。
これでもかー、というくらいふくらむふくらむ。さすがベーグル屋のベーグルレシピ。
しかも表面のしわも比較的少なかったー。でもツルッツルにはほど遠い‥‥。

むっちりベーグルにするには最強力粉を使うのもポイントなのかも。
この日は気温が高かったので、油断したら若干過発酵気味な感じ。
しかも成形に時間がかかって、大きさのばらつきが。気温が高くなる季節、成形は迅速にやらないとだめですね。
[PR]
by MameBean | 2009-05-19 19:12 | 作ってみました

ホームベーカリーGET!

e0030112_940158.jpg
とうとう入手!ホームベーカリー。会社の方々から結婚祝いとしていただきました。
ホームベーカリー用のパンミックスも一緒に頂いたので、作り方はミックスと水を入れてイーストをセットしてスイッチON! と簡単すぎてビックリ。ときどきびっくりするような音は出るものの、それ以外は音は気になりませんでしたー。
最近のホームベーカリーってすごいもので、天然酵母をおこせるし、お餅やケーキ、うどん・パスタ・ピザの生地まで作れるとか。
まず作ったのが普通の食パン(写真・左)。そして仕込み水を紅茶にして、刻んだ茶葉も入れた紅茶パン(同・右)。釜のびもいいですね。何回か作ってだいぶ慣れてきたので、タイマー予約をして朝できたてを食べたりしています。至福の朝。
[PR]
by MameBean | 2008-07-23 03:47 | ちょっとブレイク
e0030112_1928276.jpg
久しぶりにみかさんの本でくるみパンでも焼こうと思ったら、粉がなかった‥‥。フランスパン用粉はあったんですけど、強力粉を切らしてました。最近『少しのイーストで』のハードなパンばかり焼いていたからなくなっていることに気がつかなかったんですね。
ということで、いつも通り少しのイーストでゆっくり発酵パンのパン。カンパーニュです。何となく分割して成形して、という作業が面倒な気分だったもので、分割の必要のないものに。焼き上がりはずいぶん縦にのびました。もっちもちのクラムにクラストが香ばしい。
そういえば著者はカンパーニュだけの本も出してますね。どれか1種類のパンでも満足いくまで極めれたらいいですね。カンパーニュもいいけど、さしずめ私はリュスティックかな。
[PR]
by MameBean | 2008-04-24 20:14 | 作ってみました

発酵菓子 ベラベッカ

e0030112_199339.jpg少しのイーストでゆっくり発酵パンより、発酵菓子 ベラベッカ。

ドライフルーツとくるみのたっぷり入ったリッチなパン。ドライフィグ(いちじく)が家になかったので入れませんでしたが、あればよかったなー。いちじく大好きなので。

本には“クリスマスの時期に食べる”とありますので、クリスマスまで少しずつ食べるシュトーレンとかパネトーネとかのような類いのものなのでしょう。思いっきり時期が外れていますが、ドライフルーツのパンが食べたかったんです。
ドライフルーツたっぷりのパンってやっぱり好きだなー。さっそく、CUOCAでドライフィグ500グラム入を買ってきました。
[PR]
by MameBean | 2008-03-18 19:17 | 作ってみました

食パン

e0030112_17403828.jpg
少しのイーストでゆっくり発酵パンの食パン。

気泡が入ってしまってちょっとキメが粗くなってしまいましたが、家で食べるパンとしては十分。これくらい軽い気持ちでないとおウチパンは続きません。

少しのイーストのレシピでは初めてバターも牛乳も入ったパンです。ハードパン好きな私でも好きな、ぱりぱりクラストにもっちりクラムです。
これをスライスして大好きな卵サンドに。自分の作ったパンでサンドイッチ、そしてそれを食べる朝食がいちばんの贅沢。
[PR]
by MameBean | 2008-02-07 19:38 | 作ってみました
ほんのりしあわせ。おうちパン
―ぱん工房「くーぷ」のBakery Diary

(門間 みか / / 集英社)

* * * * * * * *

人気サイト『パン工房くーぷ』の主宰者、門間みかさんのパンレシピ。

今回の本は今までのものに比べて、ちょっと難しめかな。いつもの見開き2ページで1つのレシピじゃなく、2ページで数種類とかなりたくさん載っています。その分お得とも言えるんだけど、クロワッサンとかホシノ天然酵母とか、手順の難易度が高めの印象。みかさんの本でいくつか作ったことがあって、さらにもっといろんなのを作りたい人向けかも。

いつも通り、リッチとリーンの2種類の生地が基本となるんだけど、材料がグラム表記のほかにベーカーズパーセントでも書かれているので、分からない人はみかさんのHPで勉強しておくといいかもしれない。

みかさんのHPはすごく勉強になるし、みかさんのパン作りへの考え方とか共感できるんですよねー。タイトルにある『おうちパン』という言葉はHPでもよく使われているんですけど、HPにみかさんはこんなことを書いてらっしゃいました。

 時間、コスト、手間>出来上がり これはストレス。
 時間、コスト、手間<出来上がり これならばヨロコビ。

なるほどー。家で焼くパンだから、パン屋さんで買うようなパンを作るのは難しいかもしれない。でも普段食べるパンなら、少ない手間で最大限においしいパンがいいはず。
[PR]
by MameBean | 2008-01-30 18:53 |     ─料理・生活
「自家製酵母」のパン教室
―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる

(高橋 雅子 / / パルコ)

* * * * * * * *


少しのイーストでゆっくり発酵パンの著者の、天然酵母を使ったパンの作り方。
レーズンを基本に、酵母のおこし方が詳しく紹介されています。

天然酵母に興味はあるものの、日中家にいないから私には無理だと思っていました。でも、平日に酵母をおこして週末に焼くタイムスケジュールが載っているので、何だか私にもできそうな気がしてきました。

この本では酵母おこしに失敗した場合の考えられる理由がいくつか挙げられています。
パン工房くーぷのみかさんもよく本に書いてらっしゃいますが、繰り返し繰り返し作って、失敗した場合もどこに問題があるのか自分で考えて、とにかくたくさん作ることが大切なのだと。だからまず最初はレーズン酵母でリュスティックを何回か焼いて下さいとのことです。1回失敗したくらいで諦めちゃダメなんですねー。
季節ごとのコツが記載されているので、冬だから難しいかなという心配も払拭されました。

この本はおしゃれなレシピ本らしからぬレシピ数の多さで、充実しています。
ハードなパンが多いけど、食パンや甘いパンのレシピも載っているので、どれを作ろうか迷いそう。あ、いちばん最初はリュスティックでしたね。
[PR]
by MameBean | 2008-01-22 20:25 |     ─料理・生活
e0030112_9482541.jpg
パン教室で作ったカンパーニュ(写真・左)とキノコ・フランセ(同・右)。

カンパーニュ、釜のびしました〜。中央から割れるように膨らんでます。
キノコ・フランセの形はかわいいなー。あっちこっちかたむいてしまったけど、それが逆にキノコっぽいような(とプラス思考で考えてみる)。中に軽く煮たキノコが入っているんだけど、違う具を入れたりしてもよさそう。

カンパーニュもキノコ・フランセも、あらかじめ発酵生地を作っておいて、少ないイーストで時間をかけて発酵させています。少しのイーストでゆっくり発酵パンのパンもそうだけど、時間をかけて発酵させたパンはイースト臭さがなくて風味もいいですね。

だいぶ自分好みのパンというものが分かってきたような感じ。あとはおいしく作れる技術を身につけるのみ‥‥!
[PR]
by MameBean | 2008-01-15 01:48 | ちょっとブレイク
ZOPFのおうちパン テーブルロール
(伊原 靖友 / / MCプレス)

* * * * * * * *

千葉県にある人気のパン屋ZOPF(ツォップ)が教える、家庭でも作れるおいしいパンのレシピ。

ZOPFって有名なパン屋さんなので行ってみたいんですが、千葉にあるんでねー。なかなか行く機会がないです。
そのパン屋さんが本を出したということで、借りてみました。

基本となるのはテーブルロールの生地だけ。これひとつで、包んだり折り込んだりのせたりと、形を変えるることで様々なパンに変身します。
編みパンや動物の形のパンとか面白い成形の仕方が載っているので、同じ生地でもバリエーションが広がりますね。

捏ね方、生地の丸め方、発酵の見極め、かなり細かくステップを踏んで紹介されていて、初心者でも安心。

ただ、基本となるテーブルロール生地がバター、砂糖多めのリッチな生地なので私はあまり好きじゃないかもー。バター45gに尻込みしてしまいます‥‥。ZOPFはハード系のパンがおいしいと聞いてたんだけどな。第二弾にはハードパンレシピを希望!
[PR]
by MameBean | 2007-12-14 01:41 |     ─料理・生活

木の実のパン

e0030112_15523059.jpg木の実のパン。(少しのイーストでゆっくり発酵パンより)

くるみ、ピーナッツ、ピーカンナッツをごろごろと入れました(レシピではくるみとアーモンド)。砂糖、油脂が多めなので、ちょっと甘めでふわふわなクラム。最近ハードなパンばかり焼いていたので、こういうパンは久しぶりだな。

そのまま食べてもサンドイッチにしてもおいしいとのことなので、焼きたてをスライスしてゆで卵とほうれん草ソテーをのせた簡単なブランチに。朝(ほぼお昼だったけど)焼きたてのパンを食べられるのも、ゆっくり発酵のおかげですね。
[PR]
by MameBean | 2007-11-26 17:52 | 作ってみました