図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ビッチマグネット

ビッチマグネット

舞城王太郎 / 新潮社


父親が浮気をして出て行き、母は精神的に不安定で家にこもりっきり。仲のいい弟は反抗期。そして弟の彼女はビッチだ。

第142回 芥川賞ノミネート作

久々の舞城氏。面白かったー。
バイオレンスも死体も魔人も出てこなくて、今までの舞城氏のような尖った感じはなくいちばん普通なんだけど。
それも家族の物語。

香織里自身も言っているけど、両親が不仲で‥なんてそんな珍しいことじゃない。
冷静に家族のこと自分のことを分析する香織里の視点がおもしろい。家族と言えども結局他人なんだと思いながらも、実はまだ消化しきれてない自分。だんだんおかしくなってきている自分を認識していて冷静だ‥‥。

これって私?って思っちゃったのが、本も漫画も結構読む香織里が漫画を描いてみようと思うけど、何も描くことが見つからなくて呆然とするところ。
香織里は両親のことでそれなりに辛い経験をしてきてて、きっと描けるだろうと思い込んでたのに何も描けなくて、自分には物語がないんだと気がつく。
私は香織里みたいな経験はしてないけど、それなりに漫画も本も好きで読むし、絵心もない方じゃない。昔むか〜しは漫画家に憧れた時期もありました。でも描けないんですよねー。読むのと描くのとは全く違ったものなんですよね。
そういう挫折も経験して香織里は成長し、両親のことを違った目で見られるようになったとき、自分の物語を得る。
最後に香織里が書いた小説。他人のお葬式に紛れ込む女の子の話。すごく面白くて、これだけで1冊分の本になるんじゃと思うほど。
[PR]
# by MameBean | 2010-03-31 19:39 | ─小説・エッセイ

クレーの食卓

クレーの食卓

新藤 信(日本パウル・クレー協会) / 講談社

食いしん坊だった、画家パウル・クレー。
彼が残したメモや日記から、クレーのつくった料理を再現。

レストランをやっていた叔父の影響もあって、食通でもあったというパウル・クレー。
食通と言ってもレストランで大金を出して高価なものを食べるのではなく、むしろお金のない状況でおいしいものを食べるために工夫を凝らしたという人です。絵が売れない時代は奥さんが働き、クレーは主夫をしていたそうですね。
楽しんで料理をしていたと言うクレー。
海外に旅行に行けば、その土地の料理を身につけ、たまにレストランで食事ができると、そのメニューや材料をメモしたほど。ほんと食いしん坊だったんだなというのがうかがえます。
クレーのつくった料理のレシピも再現されていて、後ろから読むとレシピブックとしても使えるようになっています。
[PR]
# by MameBean | 2010-03-23 18:15 | ─小説・エッセイ

名古屋でラデュレ

e0030112_18302069.jpg以前きりりさんに教えてもらった、新幹線の車内販売のオーボンヴュータンのクッキー。
ワゴンを見かけて注文したら、なぜか違うお店のクッキーでした。オーボンヴュータンで修行をしたひとのお店のようで、おいしかったんだけど‥‥。

ちょっとがっかりして名古屋で新幹線おりたら、高島屋にラデュレができてました。
しかもお客さん少なくて、並ばずに買えました。

大好きなピスタチオがなくて残念だったけど、銀座も日本橋もほとんど行くことがないから名古屋にできてラッキー。
[PR]
# by MameBean | 2010-03-17 18:56 | ちょっとブレイク

グラーグ57〈下〉

グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)

トム・ロブ スミス / 新潮社

家族を救うべく、レオは極寒の収容所に潜入し、自ら投獄した元司祭を奪還することになった‥‥。

第57強制労働収容所(グラーグ57)からラーザリを救出する今回のミッション。
しかしこれは背後にある大きな計画の一部でしかなかった。

今作も映画化を視野に入れているのか、アクションシーンが満載。銃撃戦、爆破、数々の虐待。映像にしたら派手になりそうです。読んでいるこっちまで痛くなってきそう‥‥。

前作のようなミステリとしての面白さはないけど、舞台はロシアを飛び出し、ハンガリーの動乱など政治的情勢を描いています。
そして前作から描かれるレオが求め続けている「家族」や「愛」。

レオの家族が本物の家族になれる日が来るのか。そしてソ連という国はどうなっていくのか。
3部作の最終作になる次の作品も待ち遠しいです。
[PR]
# by MameBean | 2010-03-11 18:17 | 借りた本─ミステリ

Xに対する逮捕状

Xに対する逮捕状 (創元推理文庫)

フィリップ・マクドナルド / 東京創元社

ロンドン滞在中の劇作家のギャレットは立ち寄った喫茶店で、隣に座る二人組の密談を耳にする。その会話の内容は何やら犯罪めいていて‥‥。

アメリカ人のギャレットが、ロンドンの喫茶店で犯罪めいた会話を耳にする。こっそり2人の女性の後を追うが、見失ってしまう。警察に伝えるも、まだ犯罪が起きてもいないのに捜査はできないと取り合ってもらえない。
自暴自棄になりかけたギャレットは知人のつてで、名探偵アントニイ・ゲスリンと知り合い、彼の手を借りることにする。

手がかりは片方だけの手袋、そしてその中に入っていた買い物メモ。
たったこれだけのことから少しずつ犯人に、そして事件の全貌に近づいていきます。
しかし犯人も狡猾で、近づいたと思えば痕跡を消し、さらにギャレットに身に危害まで及ぼそうとします。
ところどころ描かれる、アメリカとイギリスの言葉の違い、文化の違いが面白い。ギャレットのそうした戸惑いが、彼がイギリスにおいての異邦人であることを際立たせてますね。知らない地で事件に巻き込まれる戸惑い。ゲスリンやその部下、そしてエイヴィスという心強い仲間を得て、勇気ある行動に繋がって行きます。

事件は防げるのか。犯人Xは誰なのか。
最後の最後まで気が抜けませんでした。


※この本は「本が好き!」経由で献本いただきました。

Xに対する逮捕状
  • フィリップ・マクドナルド/翻訳:真野 明裕
  • 東京創元社
  • 1134円
Amazonで購入
書評/ミステリ・サスペンス

[PR]
# by MameBean | 2010-03-07 17:50 | 借りた本─ミステリ

東京マラソン2010

e0030112_1815721.jpg雨が雪になってもおかしくないほどの寒さ。
応援してるだけなのに風邪引きそう‥‥。ランナーはもっと寒いんでしょうね。

一般ランナーも速いです。
今年は誰も知り合いが出てないんですけど、仲間を応援する人たちが「田中さん(仮名)がんばれー!」と言うと、あちこちから「田中さーん」コールが。


東京マラソンを観るたびに、毎年「来年こそは」と思うんですけどねー。雨が降ったら走れないな。
[PR]
# by MameBean | 2010-03-01 18:25 | ちょっとブレイク

宵山万華鏡

宵山万華鏡

森見 登美彦 / 集英社


宵山の日に妹とはぐれた姉は、不思議な世界に迷い込んでしまう‥‥(表題作)。宵山にまつわる6つの連作短編集。

宵山とは祇園祭の山鉾巡行の前日に行われるもののことなんだそう。すごい人出なんだろうけど行ってみたいなー。たびたび出てくる蟷螂山は画像で見るとほんとカマキリ。すごいのでぜひ検索してみて下さい。

幼い姉妹、乙川の友人、画家とその姪、画廊の店主、それぞれに宵山の日におこった不思議な出来事。
いつもの森見氏とはちょっと違う妖しい雰囲気。まるで巨大な万華鏡の中の世界に入り込んだよう。文体まで今までとは違いますね。正直、いままでの森見氏は何を書いても似た内容、似た雰囲気な感じがしてましたが、今回は新たな一面を見た感じがします。

6編それぞれが1話完結の短編でもあるけど、登場人物や出来事がリンクしていて、全体を通してひとつの大きな物語になっています。
特に好きだったのが娘を宵山の日になくした画家とその姪、画廊の店主に起った無限ループの一連の話。物悲しくもある、最後に画家が選んだ道。

そして森見氏の作品に登場したことのある面々も登場。森見ワールド全体としてもつながってますね。
[PR]
# by MameBean | 2010-02-24 18:35 | ─小説・エッセイ

きのうの神さま

きのうの神さま

西川 美和 / ポプラ社

医者になる夢をあきらめ、医療メーカーに勤める兄。大学で研究をする弟。医者の父親が倒れ、兄となかなか連絡が取れない‥‥。

映画「ディア・ドクター」の監督が書いた短編集ですが、映画の原作と言うわけではないよう。映画製作のために医療の現場を取材していたなかで、映画には入り切らなかったエピソードなどをもとに書いたようです。

西川さんは気になっていた映画監督さんでしたが、作家としての一面も持っているんですね。もともとは脚本家、と言った方が正しいのかな。自身で脚本を書いた作品で映画監督デビューしています。小説でも独特の空気感を持っていて、三島由紀夫賞や直木賞の候補にもなってたりもするので実力は折り紙付き。

短編集ですが、どの話も僻地での地域医療という共通点があります。映画ディア・ドクターも地域医療を描いたものみたいですね。

仮病を使って医師を呼ぶおばあちゃんのもとにそれが分かっていながら行ったり、死が近いおじいちゃんに点滴をすることもなく、自宅で水分を取ることだけすすめる。
先日読んだ「ノーフォールト」とは全く違う医療の現場を描いています。土地の人たちには死に対する、ある意味あきらめというか諦観のようなものがありますね。そういった人たちに対して、何をするのが最善なのか。
「満月の代弁者」のなかで、医者が老婆の孫娘にささやいた嘘。
最新の施設で高度な治療を受けることだけがいい医療ではないですよね。

全編通してゆったりとした空気が漂っていて、大事件が起ったり印象的な出来事が起るわけではないけど、不思議と心の中に残る作品。
[PR]
# by MameBean | 2010-02-21 16:35 | ─小説・エッセイ

アバター

e0030112_17484188.jpg衛星パンドラでのアバタープロジェクトに参加することになったジェイク・サリー。パンドラには自然とともに生きるナヴィという種族が暮らしている。


題名でもあるアバターとは、パンドラという星の先住民ナヴィそっくりに作られた体。ナヴィは人間よりも身体能力が高く、しかもパンドラでは人間は呼吸ができないため、人間は意識でアバターを遠隔操作する。
これによって実際は半身不随で自分の足では歩けないジェイクが、アバターの体では飛んだりはねたり自由に動けるようになり、ナヴィたちとの交流がうまれる。
パンドラの景色、そこを駆け回るナヴィたち。これをみせるための映画なんでしょう。
正直、ストーリーは「???」と思う部分が多く、簡単に言うと人間VSナヴィの戦争映画。3Dで戦闘シーンをみるのは迫力あり過ぎでちょっと嫌になりますが、映像を楽しむというのも3Dならではないでしょうか。映像で魅せる3D。
これから映画は3Dが増えてくるんでしょうねー。予告でやってたジョニーデップのアリスもみたい。

アバターぜひ3Dでみてほしいです。映画館によっていろいろ方式が違うみたいですが、おすすめはIMAX。
[PR]
# by MameBean | 2010-02-18 18:41 | 映画・DVD

「新参者」ドラマ化

東野圭吾氏の「新参者」がドラマ化されます。

主演が阿部寛!

最強タッグ! 観るしかないね。
東野氏の加賀恭一郎シリーズは、確か「どちらかが彼女を殺した」しか読んだことがないんですよねー。
しかも大昔に読んだので、加賀恭一郎がどんなキャラクタなのかすっかり忘れました。
和製コロンボとか書かれてるから、ちょっと変な人なんでしょうか。

最近観たいドラマがないから、HERO(キムタク主演の)をレンタルして観直してます。阿部ちゃん演じる芝山の毎回お決まりの電話のやりとり「は〜い、パパでちゅよ〜」が大好きなんですよ。

ドラマは4月からTBS系で日曜夜9時スタート
[PR]
# by Mamebean | 2010-02-10 18:14 | ちょっとブレイク