図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩

東野 圭吾 / 文藝春秋


“悪魔の手”と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているというが‥‥(攪乱す)。

マンションから女性が転落、部屋には鍋が転がっていた「落下る(おちる)」、湯川の恩師宅で炎が上がり、焼け跡から息子の遺体が見つかった「操縦る(あやつる)」、湯川がペンションを経営する友人に密室の解明を頼まれる「密室る(とじる)」、老女が殺され、自宅から金塊が盗まれる「指標す(しめす)」“悪魔の手”と名のる人物から挑戦状が叩き付けられる「攪乱す(みだす)」

容疑者Xの事件以来、警察の捜査に協力しなくなった湯川が、再び警察に協力する本作。
というのも湯川自身が事件と深く関わっている場面が多いから。トリックや犯人を暴けばそれでいいわけではなくなり、それゆえタイトルの「苦悩」に繋がっている気がします。
その過程で、探偵ガリレオではいまいちつかみきれなかった湯川の人間性も少し分かってきました。湯川=福山雅治にすんなり変換できたせいかもしれません。
ドラマ化後に書かれたものなので、ドラマのキャストをイメージして書いているような感じがします。「落下る」と「操縦る」は『ガリレオΦ』としてドラマ化されてますね。

そうそう、内海刑事は小説では本作から登場なんですね。女だからとなめられないように強がることもあれば、お世話になった方にお礼状を書いたりと女性らしい細やかな気遣いを見せる場面もあったり。あ、でも湯川先生にもお礼状、出してあげないとー。
[PR]
by MameBean | 2009-07-29 17:15 | 借りた本─ミステリ
読書メーター発表の「2009年上半期読んだ本ランキング」。

■「書籍/小説」部門
1位 「夜は短し歩けよ乙女」(森見登美彦)
2位 「告白」(湊かなえ)
3位 「秋期限定栗きんとん事件<上>」(米澤穂信)
4位 「秋期限定栗きんとん事件<下>」(米澤穂信)
5位 「重力ピエロ」(伊坂幸太郎)
6位 「1Q84(BOOK1)」(村上春樹)
7位 「1Q84(BOOK2)」(村上春樹)
8位 「ジェネラル・ルージュの凱旋<上>」(海堂尊)
9位 「ジェネラル・ルージュの凱旋<下>」(海堂尊)
10位 「容疑者Xの献身」(東野圭吾)

面白いのが、売れた本ランキングとはかなり違う点。
1位の夜は短しは今ごろ?なのが不思議。米澤氏の栗きんとん事件が入ってるのも。そしてあれだけ図書館で予約数入ってる東野氏が10位にしか入ってない。

この調査数は読書メーターに読んだ本として登録された数。読書メーターを利用している時点で、ふだんからある程度の読書量のある人じゃないかなーと思います。モリミーとか、万人受けする文体じゃないし‥‥。でもじわりじわりファンが増えていって1位に至った、と思いたい。
[PR]
by MameBean | 2009-07-22 17:47 | ちょっとブレイク

ヒストリエ vol.1〜5

ヒストリエ vol.1〜5 (アフタヌーンKC)

岩明 均 / 講談社


紀元前のギリシアを舞台に、古代オリエントの世界を描いた漫画。

高校時代、世界史を専攻していなかったので「紀元前」とか「古代」という言葉に構えてしまいますが、読み始めてみるとそんなに堅苦しいものではなく、地理や国同士の力関係もその都度解説されているので大体は頭に入ってきました。
途中、かなり残酷なシーンとかあり、奴隷として人身売買をあたり前のように行っていたこの時代を描く上では必要なのでしょうね。戦闘シーンも必須だし。

主人公のエウメネスを通して描かれる古代オリエントの世界。
1〜4巻で描かれるエウメネス幼少期〜少年時代。これを実際に伝えるものはないそうで、つまりは作者の創作。しかし参考文献などあるだろうけど、まるで見てきたかのように描かれているのがすごい。エウメネスがギリシアを離れ他の国に渡り、感じる生活や剣の扱い文化の違い。過酷な状況におかれながらもひどい境遇にはならなかったのはすごく運がいいですね。
小さいころから図書館が好きで、図書館で働けれるとなった時の興奮した様子。理性的で普段から感情をそこまで表さないエウメネウスだけにうれしそうだったのが印象的。

現在5巻まで出ていますが、やっとエウメネスの人生の序章が終わり、書記官としての始まりと言う感じで、これからまだまだ長そうです。続きが楽しみ。でも6巻が出るのは来年かな‥‥。
[PR]
by MameBean | 2009-07-21 18:28 | 図書館以外の本

探偵ガリレオ

探偵ガリレオ (文春文庫)

東野 圭吾 / 文藝春秋


警視庁捜査一課の草薙は説明のつかない難事件にぶつかった時、ある友人に相談する。その友人とはガリレオこと帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。
ガリレオシリーズ第1作。

突然、若者の頭から発火した「燃える(もえる)」、池に浮かんだデスマスク「転写る(うつる)」、心臓だけ壊死した男の死体「壊死る(くさる)」、海で突然火柱が上がった「爆ぜる(はぜる)」、幽体離脱した少年「離脱る(ぬける)」

トリックに用いられるのは普通の人なら見たことも触ったこともないような機械だったり、誰もが知っている自然現象だったり。
私は謎解きをしない読者なので、はなっから私なんかにはトリックが予想できないと分かっているとサクサク読めます。しかも先にドラマを観ているので、だいぶ映像に助けられています。というかドラマ観てなかったら全然イメージできなかったかもー。

私はガリレオシリーズは容疑者Xしか読んでいないので、湯川のイメージってあまり残っていない。むしろ石神の方が印象的。
だから本作で描かれる湯川が結構捜査に協力的なこと、あまりきれいではないマグカップでインスタントコーヒーを飲むこと、バドミントンが趣味なこと、なんだかどれも意外でつかみどころのないイメージの人に‥‥。しかも爆ぜるの時のアルマーニのシャツにサングラスという、まさかな格好!
これを福山雅治のイメージで読んでいいものか、それとも東野氏が当初イメージしていたという佐野史郎で読めばいいのか。ちょっとイメージが曖昧に‥‥。

短編集でシリーズ1作目ということで、まだまだ湯川の深いところまで描かれていないのかなーという印象。長編も読みたいけど、次に読んだのも短編集「ガリレオの苦悩」なんですよねー。
[PR]
by MameBean | 2009-07-17 17:40 | 借りた本─ミステリ
舞台化されていたのは知ってたけど、映画化決まってたんですね。

小出恵介=ハイジ
林遣都=カケル
留学生のムサ=ダンテ・カーヴァー
softbankのお兄ちゃん。ちょっと歳が、大丈夫‥‥?

アオタケ荘がどんな感じになっているのかが楽しみ。とくに王子の漫画だらけの部屋とか。

e0030112_1750455.jpg


←これはニラ(アオタケで飼ってる犬)の犬小屋

公開は今年10月31日
[PR]
by MameBean | 2009-07-16 18:03 | ちょっとブレイク

センネン画報

センネン画報

今日マチ子 / 太田出版


WEBでほぼ毎日掲載されている叙情マンガ「センネン画報」を書籍化。

これは漫画といっていいのかな。登場するのは主に高校生の男の子と女の子。
台詞はないけど、ストーリーのようなものを感じる。音のない映画を観ているような不思議な感覚。
心にする〜っと入ってきたり、はっとさせられるものがあったりするんですよね。

具体的に何が好きかと聞かれると困るのですが、挙げるとなると「水」でしょうか。水が描かれているものが好きです。今日マチ子さんの描くブルーが好きなんですよね。
さらさらっと描いて彩色もたぶんコピックとかで、膜がはったような淡い色なんだけど色彩が豊か。
芸大出身とあって、さらっと描かれてても無駄な線がなくデッサンの狂いがないのはさすが。そういえばピカソの一見何だこりゃ?な絵も、幼少期からの緻密なデッサンに基づいているんですよね。
[PR]
by MameBean | 2009-07-13 18:14 |     ─小説・エッセイ

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)

米澤 穂信 / 東京創元社


互恵関係を解消した小鳩君と小佐内さん。小鳩くんに仲丸さん、小佐内さんには瓜野くんというカレシカノジョができる。

久しぶりの小市民シリーズ。間に古典部を読んじゃったので、前作で起きた事件とか記憶が曖昧に。小鳩くんや小佐内さんの小市民的スタンスなどもよく分からなくなってしまいました。
しかも今作、小鳩くんと小佐内さんの互恵関係は解消され、お互いに恋人までできます。小鳩くんはもちろん小市民たるべく、告白されたから付き合うのですが、小佐内さんが瓜野くんという下級生と付き合うのはちょっと裏がありそう。この瓜野くんは堂島くんが部長を務める新聞部の後輩で、市内で連続で起っている放火事件を追っている。彼の好奇心旺盛なところ、小市民であろうとしてきた小佐内さんとはそぐわない感じ。小佐内さんの真意は‥‥、放火事件の犯人は‥‥。下巻で明らかになるのでしょうか。

 甘い衣の上に衣をまとって、何枚も重ね着していって。
 そうしていくうちにね、栗そのものも、
 いつかキャンディーみたいに甘くなってしまう。
[PR]
by MameBean | 2009-07-09 18:39 | 借りた本─ミステリ

春ドラ、夏ドラ

テレビジョンを立ち読みしたのですが、次クールのドラマで気になるのがない‥‥。

さて、春ドラマの人気ランキングが発表されていました。(視聴率というわけではないようですが)
1位「BOSS」(フジテレビ系)
2位「白い春」(フジテレビ系)
3位「MR.BRAIN」(TBS系)
4位「アイシテル~海容(かいよう)~」(日本テレビ系)
5位「スマイル」(TBS系)
6位「THE QUIZ SHOW」(日本テレビ系)
9位「婚カツ!」(フジテレビ系)

BOSSは豪華キャストで派手な事件、と見応えがあるので人気があるのでしょうねー。
しかし名探偵の掟がランクインしていないとは‥‥!ミステリものだと私は臨場と名探偵の掟がお気に入りなのです。
MR.BRAINはあまり脳と関係がないんじゃ‥‥?というのとリアリティのなさで、3回くらい観ただけですでに録画さえしてません。

春ドラはいま最終回まで見終えているのは白い春だけ。
ストーリーの展開が読めるし遅い‥‥と毎回思いつつもなんだかんだで、録画せずリアルタイムで観てました。次回のストーリーを予測して当てるのが楽しみだったり。かなりの確率で当たります(笑) 春男のお金をくすねたのがデビット伊東だと言うことに初回で気づいたし。

名探偵の掟、BOSS、臨場は録画がまだ少したまっているので、これからちょっとずつ観ます。
[PR]
by MameBean | 2009-07-06 18:54 | ちょっとブレイク

ストロベリーナイト

ストロベリーナイト (光文社文庫)

誉田 哲也 / 光文社


ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。
警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件はないことに気づく。

かわいらしいタイトルとは裏腹に、かなり骨太な警察小説です。警察小説といえば私の中では横山秀夫氏ですが、こちらもなかなかリアリティあります。
スポーツ青春ものの武士道シックスティーンの著者でもある誉田氏。あちらから知ったのでこのふり幅、すごいですね。

主人公はノンキャリアながら27歳の若さで警部補の姫川玲子。完全なる階級社会、男社会の強者ぞろいの中で確実に成果を上げている玲子。
同じ捜査一課でも班が違うとライバルなんですね。玲子は『姫川班』率いる班長で、同じく事件を担当することになった『勝俣班』班長・勝俣がくせ者で、玲子が手柄をあげる事をどんな手を使ってでも邪魔してくる。しかし勝俣のあだ名『ガンテツ』の由来がラストで分かり、なんだかんだでこの人も悪い人じゃなさそうと思える。でも玲子の神経を逆なでする数々の言動がそれでチャラになるわけでもない気も。

 目をえぐられた女 切り裂かれるその喉元 噴き出す鮮血
 ―あなたは これを 生で 見たい ですか

冒頭の文章の通り、覚悟がないと読めません。
文中かなりグロテスクな描写があります。それでもぐいぐい読んでしまうのは捜査に携わる刑事たちのキャラがが個性的だから。先ほどの勝俣もかなり強い個性を持ったキャラですが、所轄の刑事・井岡と部下・菊田の真逆な二人が玲子に思いを寄せたり‥‥な関係も面白い。
あと、テンポもいいからぐいぐい読めますね。特に『ストロベリーナイト』の意味が分かる中盤からのスピード感とかすごいです。
黒幕の正体は途中から何となく想像がつき、あっさり白状しちゃうのにやや肩すかし気味ではあるものの、『エフ』の正体は、あーそう来たかー、と思うもの。

途中差し込まれるエフの世界など、映像として意識して描かれた作品だと感じました。でももし映画化されても観ないだろうなー。R指定つきそうだし。
[PR]
by MameBean | 2009-07-03 18:09 | 借りた本─ミステリ
・結婚しなくていいですか。
・ジョーカー・ゲーム
・Story Seller
・プリンセス・トヨトミ
・恋文の技術
・秋期限定栗きんとん事件 (下)
・軍艦島全景
・検死審問―インクエスト
・ベトナムめし楽食大図鑑

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

早いもので2009年も下半期に。
忘れないうちに上半期のベストを挙げておこうっと。

・儚い羊たちの祝宴
・犬はどこだ
・チャイルド44
・黒百合
・スリーピング・ドール
・名探偵の掟        (順不同)

今年始めに儚い羊たちを読んで、今年は米澤氏をたくさん読もうと思ったり、チャイルド44を読めば海外モノをたくさん読もうと思ったり、名探偵の掟を読めば東野氏をたくさん読もうと思ったり。
今のところどの目標も中途半端なので、後半には何とか達成したいものです。
[PR]
by MameBean | 2009-07-01 18:07 | 予約状況