図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

平台がおまちかね

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)
(大崎 梢 / / 東京創元社)

* * * * * * * *


出版社〈明林書房〉の新人営業マン、井辻智紀の日常を描いたハートフル・ミステリ。

自社本をたくさん売ってくれた書店の店主に冷たくされたわけ、マドンナ書店員さんが自信をなくしてしまったわけ、文学賞の受賞パーティー当日に受賞者が行方不明になったわけ、絵本に力を入れていた書店がお店を閉めてしまったわけ、ポップのコンテストを行っている書店で本が移動していたわけ‥‥

全国の書店員さんが一番売りたい本を選ぶ「本屋大賞」や、いち書店員さんの書いたポップで本が大ヒットしたり、出版の業界では最近書店員さんがクローズアップされる機会が増えましたね。でもこの本の主人公は出版業界に携わるものの、仕事は営業。中堅どころの出版社の営業マンで主に都心の書店をまわっている。

文学賞の大賞受賞者が行方不明になった「贈呈式で会いましょう」は多少ミステリ色がありますが、ほとんどが日常の謎系なので、ちょっとした出来事の裏にある側面に井辻君が気づくというもの。なので、ミステリであることを忘れてしまいます。井辻君のハマった本(彼曰く「魂本」)のラインナップでミステリだと思い起こすくらい。井辻君の魂本は私もハマったクチなのですが、私には彼のような趣味はありません‥‥(笑)
受け持ちの地区の前任の担当者であり編集に移動した吉野、女性にめっぽう弱いライバル社の営業マン真柴、頼れる上司である秋沢、ほかにも他社の営業マンが海坊主みたいだったり巨漢ですぐに抱きつく人だったりと、気になる人物がたくさんいて今後、シリーズ化しそうな感じ。‥‥と思ったら、HPの紹介文に『〈出版社営業・井辻智紀の業務日誌〉シリーズ第一弾』との一文が。第二弾が出るということですね。
[PR]
by MameBean | 2008-10-27 18:37 | 借りた本─ミステリ

流星の絆 1話&2話

まとめて2話観ました。

は〜〜、笑った〜〜。
原作は未読ですが、絶対こんな笑える話じゃないんだろうなー。東野氏がこんな台詞を書くはずがない‥‥。
これがクドカン脚本のなせる技ですか。

しかし要潤、一体なんなんですかあの人。いまのところまだハヤシライスを食べてませんが。
この人がきっと「仇」なんでしょうね。このあとどうやってシリアスな展開にしていくのか、気になりますね〜
[PR]
by MameBean | 2008-10-25 00:08 | ちょっとブレイク

あぽやん

あぽやん
(新野 剛志 / / 文藝春秋)

* * * * * * * *

あぽやん
APO=空港を表す業界用語。あぽやんとは旅行会社に勤め、空港に勤務する人をさす。

 あぽやんはあぽやんさ。
 あぽやんは世界を救えない。あぽやんは空を飛べない。
 あぽやんは金の匂いがしない。あぽやんは怒る。あぽやんは笑う。
 あぽやんは走る。
 あぽやんは、空港にいる。

「閑職」である空港業務についた遠藤。座席が取れなかったり、クレームが来たり、お客がパスポートを忘れたり、空港で起こる出来事はトラブルだらけ。はたして今日も無事お客様を送り出すことはできるのか。
遠藤のあぽやんとしての成長を描きつつも、「ねずみ」事件や「NO-REC(予約記録無し)」事件など、ミステリ仕立ての話もあったりして、誰でも楽しめるエンタテイメントとなっています。
団塊の世代の住田所長、バブル期入社の今泉、就職氷河期に入社した遠藤、自分探し病にかかっている古賀。
それぞれの世代によって仕事への取り組み方は違うけど、みんな根底に「お客様を笑顔で送り出す」というのがあって、真摯に仕事に打ち込んでいる姿にこちらまで背筋が伸びます。たとえ自分のキャリアにならないような仕事だとしても。こういうプロ意識を垣間みるれると、自分もがんばろうと思いますね。

冒頭に「あぽやんは世界を救えない」なんて書かれているけど、はたして遠藤のあぽやんに対する想いはどう変わるのか。ラストの1行がこの物語を全て表していると思う。

 あぽやんはお節介、あぽやんはお調子者、あぽやんは気分屋。
 あぽやんはまっすぐ、あぽやんは温かい、あぽやんは向こう見ず。 
 僕はあぽやんに、なりたい。
[PR]
by MameBean | 2008-10-22 03:29 |     ─小説・エッセイ

武士道シックスティーン

武士道シックスティーン
(誉田 哲也 / / 文藝春秋)

* * * * * * * *

剣道のエリートである香織を市民剣道大会で破った相手は、今まで戦ったことがない不思議な動きをしていた。
負けた悔しさを忘れられない香織は対戦相手と同じ高校に進む‥‥。

剣道一家の家庭で育ち、幼いころから剣道をやっている香織。父親の家出(?)がきっかけで、中学に入って日舞から剣道に転向した早苗。
だいぶ異なった環境で育ったふたりの剣道に対する考え方は対極だ。香織は剣道=斬ることと考え、兵法だの軍門に下るなどまるでサムライのよう。早苗は勝ち負けにはこだわらない、究極ののんびり屋。
そんなふたりが同じ高校の剣道部に入部し、それぞれが剣道と向き合い、「自分の剣道」を見つけていく。
物語がふたりの交互の視点で描かれるというのはそんなに意外ではないけど、本にスピン(しおり)が赤・白2本ついていて、それが対称的なふたりを表現しているのが面白い。もちろん赤=香織、白=早苗ですが。
好敵手という言葉がピッタリになったふたりが迎える最後の展開は、ちょっと突然だったけど、だから続編「武士道セブンティーン」があるのだな、と続きが読みたくなりました。
[PR]
by MameBean | 2008-10-20 18:10 |     ─小説・エッセイ
オープニングでドラマの内容ほぼ説明しちゃいました。白鳥の職業もいきなり書いてあったし。
連続の術死は事故なのか、殺人なのか。いきなり殺人の可能性にまで言及してます。

白鳥、初回からの登場です。後半まで登場しないのではもったいないからでしょうね。白鳥が仲村トオルというキャスティングは意外だったのですが、見た目はだいぶ違うもののワガママで理屈っぽいのはそのままでした。でもあの体型と見た目だからちょっとは許せてた言動をクールな二枚目がやるんだから、相当嫌なヤツですねー(笑)
肝心の主役・田口医師こと伊藤淳史は医者役がしっくりこないですね(笑)
これから多少こなれていくんでしょうか。
ドラマは原作とは違った犯人らしいので、どういったトリックになるんでしょうねー。犯人当てを楽しみたいと思います。
[PR]
by MameBean | 2008-10-16 18:48 | ちょっとブレイク
野菜のぷちストックレシピ
―手軽でムダなくおいしい

(本谷 惠津子 / / 家の光協会)

* * * * * * * *

大根、にんじん、玉ねぎ、きゃべつ、きのこ‥‥多めに買った野菜に塩をふったりお酢や油に漬けることで、すぐに使える「ぷちストック」の出来上がり。


「保存食」や「ストック食材」という言葉に弱いです(笑)
ちょっと時間のある時にひと手間かけておけば、普段の食事づくりが楽チン。‥‥というのは分かっているものの、その「ひと手間」がかなり手間に感じてしまったり。これはめんどくさがり病の重傷ですね(笑)。でもこの本に書かれてるのは、切って塩をふる・お酢に漬けるだけと簡単。さすが「ぷちストック」。「ぷち」がつくとぐっとハードルが下がったような気になります(笑)
これで安いからといってたくさん買ってしまった野菜を、腐らせてしまったり冷蔵庫でカピカピにしてしまうこともなくなりそう。そうするためには買ったらすぐぷちストックにしないといけないんでしょうけどね。
[PR]
by MameBean | 2008-10-14 18:09 |     ─料理・生活
ヴァン・ショーをあなたに
(近藤 史恵 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

下町の小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフがちょっとした謎を解決するシリーズの第2作。

 「錆びないスキレット」
 「憂さばらしのピストゥ」
 「ブーランジュリーのメロンパン」
 「マドモワゼル・ブイヤベースにご用心」
 「氷姫」
 「天空の泉」
 「ヴァン・ショーをあなたに」

本屋でこの表紙のイラストとタイトルのヴァンショーの文字を見て嬉しくなりました。またパ・マルのシェフとスタッフに会えるなんて。さっそく図書館で予約しました(本屋では買わない‥‥(笑))
今作ではオーナーが登場したりして、パ・マルの実態が少しずつ分かってきました。志村さんの猫好きやシェフのフランス修業時代やシェフに好きな人が‥‥!?など、各登場人物についても掘り下げられて、シリーズとして走り出した感じがします。ぜひ長寿シリーズになってほしいものです。
今作は苦みを含んだような後味の話が多かった中で、あったかい気持ちになれたのは「ブーランジュリーのメロンパン」と「ヴァン・ショーをあなたに」。
前作のようにお客の抱える問題を解決→ヴァンショーで慰める、という図式ではなくなってしまったけど、過去の話だったり語り手が高槻君以外の第三者の視点だったりとバリエーションを変えてきています。
そしてシェフがヴァンショーを作るきっかけとなった出来事が描かれています。今まで謎だった修業時代のシェフについて少し分かってきます。この人は昔から鋭い洞察力を持っていたんですねー。そして鰹節持参で海外に行くとはシェフらしいと言えばシェフらしい。
今作もおいしそうな料理がたくさん登場するのですが、中でもトリュフのオムレツとブイヤベースが食べたくなりました。そして忘れてはならないのがミリアムおばあちゃんのヴァンショー。奇しくもいま私自身風邪ひき中なので、十分にアルコールを飛ばしたヴァンショーが飲みたいなー。
[PR]
by MameBean | 2008-10-07 18:44 | 借りた本─ミステリ

10/2 予約状況

・結婚しなくていいですか。
・荒野
・美女と竹林
・乙女なげやり
・きのうの世界
・竹取物語
・五月女ケイ子のレッツ!!古事記

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

珍しく古典文学なんぞが読んでみたくなりました。秋ですね。
しかし竹取物語は江國香織さん、古事記は五月女ケイ子さん著のものです。
取っつきやすそうなものにしか手が出ません‥‥。
[PR]
by MameBean | 2008-10-02 18:06 | 予約状況