図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ディパーテッド

ディパーテッド
(ワーナー・ホーム・ビデオ)

 ♯ ♯ ♯ ♯ ♯ ♯

マフィアへの潜入を命じられた警察官ビリーと、マフィアのボスから命じられ警察に送り込まれたコリン。それぞれ危険と隣合わせの生活を送る中、警察とマフィアそれぞれにスパイがいることが判明する‥‥。

インファナル・アフェアのリメイクです。警察に入ったマフィアをマットデイモン、マフィアに潜入した警察官をディカプリオが演じています。インファナル〜ではスパイのことを「犬」と言っていましたが、こちらでは「ネズミ」になっています。そう言われればネズミの方がスパイのイメージに合ってますね。
インファナル〜と展開はおおむね同じだったように感じます。細かいエピソードまでも一緒で、そういえばこんなシーンあったなーと記憶をよみがえらせつつ観ていました。
ただ、カウンセラーの女性との三角関係は意外でしたね〜。
そして、ハリウッドらしく、最後そこまでやる?ってくらいバンバン人を殺しちゃいます。

ま〜どちらが好きかは好みでしょうね。私は切ないトニーレオンが観れるのでインファナル〜の方が好きかな。
[PR]
by MameBean | 2008-05-27 18:59 | 映画・DVD
e0030112_17323361.jpg
神楽坂の不二家でしか買えないペコちゃん焼き。ペコちゃんの顔をした今川焼で、中のあんやクリームは月限定、季節限定もあったりしてバリエーション豊か。
買ったのはプレーンなあずきと季節限定の抹茶あずき、チーズクリームという3人のペコちゃん‥‥と思ったらひとつはポコちゃんでした。さっそくポコちゃんを食べつつ、一緒に袋に入っていたリーフレットを読むと、なになに、「ポコちゃんに会えるかどうかは運次第!会えたらラッキー」‥‥? もう食べちゃったよー!どうやらポコちゃんは何十個かにひとつしかないらしく、レアだったようです。写真撮っといてよかった。それにしてもペコちゃんもポコちゃんもかなりコワい‥‥。
[PR]
by MameBean | 2008-05-22 19:36

禁断のパンダ

禁断のパンダ
(拓未 司 / / 宝島社)

* * * * * * * *

“ビストロ・コウタ”のオーナーシェフである幸太は、レストランの料理目当てに妻の友人の結婚式に出席し、その席でレストランのオーナーである中島と知り合う。結婚式の翌日、レストランのすぐ近くで会社員の死体が見つかる‥‥。
第6回 このミステリーがすごい! 大賞受賞

まずフレンチレストラン“キュイジーヌ・ド・デュウ”での結婚披露宴の垂涎ものの料理の描写にガツーンとやられます。美味しんぼのような美食談義が繰り広げられるけれどそこには嫌みはなく、文字だけなのに料理の味はおろか香りさえも漂ってくる気がします。プロフィールによると著者自身シェフの経験があるようで、このリアルな描写も納得です。

その披露宴から時を経ずして起こるのが、運輸会社の部長殺害事件。早い段階からレストランと運輸会社との関連性が分かるため、運輸会社に隠された秘密もおぼろげに予想がつきます。
‥‥が、真相は私の想像を絶するものでした。そしてラスト1ページの展開は読み手にずっと消えない強烈な後味を残します。最後まで読み終わってから冒頭の“キュイジーヌ・ド・デュウ”での晩餐シーンを読むと、その印象は180度変わってしまいます。
このミス大賞受賞していますが、これといってトリックがあるわけではなく、犯人も意外ではないのでミステリ色は弱いです。最終選考ではほぼ満場一致で大賞が決まったそうですが、選評で「『このグルメ小説がすごい』大賞だったら文句はない」と書かれていたのもうなずけます。
[PR]
by MameBean | 2008-05-20 19:54 | 借りた本─ミステリ

ルピナス探偵団の当惑

ルピナス探偵団の当惑 (ミステリー・リーグ)
(津原 泰水 / / 原書房)

* * * * * * * *

吾魚(あうお)彩子はルピナス学園に通う女子高生。
密室事件の謎を解いた事がきっかけで、刑事をしている姉から事件に関する推理を持ち込まれる。
「冷えたピザはいかが」「ようこそ雪の館へ」「大女優の右手」3作の連作短編集。

■犯人が冷えたピザを食べた理由は?
■被害者がダイイングメッセージにルビをふった理由は?
■死亡した舞台女優の右手が持ち去られた理由は?

謎解きの中心は「誰が」殺したのか、ではなくて「なぜ」こういうことをしたのか。それを突き詰めた先に犯人が浮かび上がってくるもので、ラストにはちょっと切なさを含んでいて血なまぐさいものじゃないのがいい。そもそも最初の2編は、10年ほど前に「津原やすみ」名義で講談社X文庫から出版されたものを全面改稿したもので、元はティーン向けだったそう。


キリエと摩耶と彩子の女子高生3人組のテンポのいい会話に、化石オタクの祀島くんと彩子の姉の不二子が加わり話がどんどん進んでいくのが面白い。会話のかけあい、事件に巻き込まれていくところが前にやってたドラマの4姉妹探偵団に近い雰囲気ですね。
でも時効警察ほどキャラはたっていない感じ。というのも、主人公である彩子の存在感が薄いからです。いくつか事件を解決した経験を持つとのことで、刑事である姉に事件を押しつけらていますが、特別な知識を持ち合わせているわけではなく、発想の柔軟さはキリエの方があるし洞察力の鋭さと知識は祀島くんの方がある。しかし、事件の真相にたどり着くのは彩子なんですね。ほかの登場人物が個性的ありすぎて、事件を解決するまでは彩子は主人公でありながら目立たない存在になっています。
3話目の「大女優の右手」においては事件の解決をも祀島くんにバトンタッチし、記述者の立場になってしまっています。
でも一番面白かったのはその「大女優の右手」なんですねー。大胆な遺体の移動トリックと人間の盲点をうまくついた作品で、しかもラストには切ない余韻を含んでいます。
[PR]
by MameBean | 2008-05-16 03:33 | 借りた本─ミステリ

小川先生が訪ねた場所

連休、ふらりと行った代官山で驚きの催しを発見!
e0030112_173009.jpg
「鹿男あをによし 小川先生が訪ねた場所」
ここは代官山iスタジオと言って、奈良県の情報を発信するスポットのようです。こんな場所があったなんて全然知らなかったなー。鹿男のドラマを観てなければ気がつかなかったことでしょう。
中では小川先生が訪れた場所の紹介されていて、テレビでドラマも流れていました。あと鹿のかぶり物が置いてあって「ご自由にかぶり下さい」と。えーと、被らせてもらいました(笑)e0030112_17304572.jpg
そして鹿男のロケ地マップを入手。残念ながら古墳や資料館などしか載っていませんが見ていると、あーそうそう鹿から指示をうけた広場はこんな感じだったなー、と懐かしく。ちなみに飛火野という所だそうです。ドラマの影響で撮影場所となった若草山とかサンカクがあった黒塚古墳展示館とかは訪れる人が増えたそうですね。
小川先生がマドンナに水をかけられたレストランとか下宿のある場所なんかが知りたかったなー。「パンツ3枚1000円」のお店とか。これは自力で捜すしかないでしょうね。
2010年は平城京遷都1300年記念とのこと。それまでに一度は奈良に行かなくては、という気になります。鹿男効果、絶大です。
[PR]
by MameBean | 2008-05-07 18:29 | ちょっとブレイク

春のドラマ!

春のドラマについて触れていませんが、なかなか放送日には観れないものの、いくつか録画して観ています。

■キミ犯人じゃないよね?
要潤と貫地谷しほりで、しかもミステリとくれば、もう観るしかないでしょー。
お坊ちゃん刑事の宇田川とミステリ作家志望のさくら。
宇田川はルックスはいいのにどんくさくて女性にのぼせやすく、毎回事件の関係者の女性に惚れる。で、その女性が真犯人という分かりやすい展開。細身のスーツでビシっとキメて、コケる、こういう要潤が観られるだけで私的には十分このドラマを観る価値があります(笑)

■パズル
ドラマ・トリックの脚本家が書いているだけあって、トリックに似た雰囲気。でもトリックほどハマっては観ないだろうなー。もっとバカバカしい小ネタを満載にして金曜ナイトドラマ枠にすればいいのに、と思ったり。雰囲気は深夜ドラマっぽいのに。キミ犯人じゃないよね?が金曜ナイトドラマなんですよね。
表向きは生徒思いで優しいけど、実際には生徒には厳しく強欲、という表裏のある英語教師・鮎川を石原さとみが演じています。ちなみに鮎川は教師歴10年だという‥‥。鮎川とその教え子3人が毎回お金目当てで事件に巻き込まれる、というストーリー。財宝とか落ち武者とか、横溝正史のパロディーっぽくなっています。でもおどろおどろしさはナシ。


■週刊真木よう子
真木よう子主演で、毎回ちがった監督が撮るオムニバスドラマ。
かなりバカバカしい内容だったりしますが、真木よう子が観られるだけでいい‥‥そいうった真木よう子ファンにだけに向けたドラマですね。テレ東の深夜枠ならではなのでは。

■ROOKIES
家族が観ているので観ています。漫画の大ファンなんですよ。俳優さんもかなり原作と似ているようです。でもこれ、初回の2時間スペシャルでかなりお腹いっぱいなんですけど。一人またひとりと野球部に部員が戻ってきて‥‥って展開が分かってしまう。今後も観るかはかなり微妙。でもテレビを占領されてたら観るしか無いんですけどね‥‥。

■図書館戦争
こちらはアニメです。“ノイタミナ”枠で制作がProduction I.Gってかなり気合いが入っているように思われます。初回は観忘れて2回目から観てるんですが、オープニングを初めて見た時、あれ、堂上はいないの?って思いました。私の中では堂上は短髪なんだけどなー。そして実際に映像にすると堂上の背の低さが泣けます‥‥(笑)
しかしこれアニメにするとラブコメ度が高いですねー。堂上がけっこうイケメンになっているのもちょっと痒い‥‥。


しかし恋愛ものがひとつもないですね。まぁいっか。いつものことなんで。
あとは5月から放送のキムタク主演のチェンジを、観ようかなーと。目当ては阿部寛なんですけどね。
[PR]
by MameBean | 2008-05-01 19:31 | ちょっとブレイク