図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー

<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

よいお年を!

突然ですが、私の本の感想には5段階とかの評価をつけていません。それは私には明確に本の順位が付けられるほど客観的な判断基準がないし、そもそも忘れっぽいからです。読んだ直後に『面白い!』って言っていても、3歩あるいたらけっこう内容忘れてますから。ニワトリですよ‥‥。

ですから、いろいろなブロガーさんが本年のベスト10を発表されていますが、私は今年読んだ本で気になったものを順不同で挙げてみたいと思います。ひょっとしたら書き忘れがあるかも知れないし、しばらくしたら面白くなかった‥‥などと言い出すかもしれません。それくらいゆるーい感じですが。

・学生アリスシリーズ(有栖川 有栖)
・ハサミ男(殊能 将之)
・ななつのこ(加納 朋子)
・オーデュボンの祈り(伊坂 幸太郎)
・20年後(オー・ヘンリー)
・男子のための人生のルール(玉袋 筋太郎)
・しゃばけ (畠中 恵)
・夜は短し歩けよ乙女(森見 登美彦)
・鹿男あをによし(万城目 学)
・赤朽葉家の伝説(桜庭 一樹)
・インシテミル(米澤 穂信)
・風が強く吹いている(三浦しをん)

あれ、月光ゲームやハサミ男を読んだのは今年でしたか。ずいぶん前だと思ってました。有栖川氏の学生アリスシリーズは今年最新作が出るとはまったく知らなかったものの、今年初めにデビュー作を読んでいます。このシリーズには火村助教授のシリーズにはない、情感たっぷりの情景描写とちょっと青臭い青春群像が好きなので、4作から一つを選ぶのは難しいく、シリーズ全部とさせていただきました。
今年は9月あたりにしゃばけ、20年後、夜は短し、鹿男‥‥と立て続けに面白い本に出合えたのが印象深いです。
そのなかでも、もう一度読みたいと思うものを考えてみると、驚く事に「男子のための人生のルール(by玉袋氏)」なんですよね~。書いてあるのはあたり前のことだけど、目からウロコが落ちて、読書をする意義とはこういうことにあるのかーと柄にもなく思いました。


今年もあと数時間。
来年も面白い本にたくさん出合えますように。
今年覚えた素敵な呪文で締めさせていただきたいと思います。

なむなむ!
[PR]
by MameBean | 2007-12-31 18:10 | ちょっとブレイク

湯布院土産

e0030112_17193595.jpg■柚子胡椒
私が柚子胡椒を知ったのはわりと最近ですが、九州ではかなり一般的な調味料みたいですね。
特に大分の特産なのだそう。胡椒と呼び名がついているけど、唐辛子を使ったものでピリリと辛いんです。鍋のおつゆに入れたり、お味噌汁に入れたり、お刺身につけたりするのだそう。私はマヨネーズに混ぜてディップにしたり焼いた鶏につけたり、とかなり勝手に使っています。


e0030112_17183466.jpg■パン工房まきのやのレーズンかぼちゃぱん、クルミパン、ごまパン
湯布院のお土産屋などが建ち並ぶ「湯の坪街道」にある、天然酵母のパン屋。
小麦粉は無農薬のハルユタカ、卵は地鶏の有精卵、牛乳は木次のパスチャライズを使い、天然酵母で作られたパンは香りが違いますね。普通、パンって焼いてから時間が経つにつれてあまり香りがしなくなってきますが、ここのパンは数日たってもいい香りのまま(天然酵母を使っているので4日くらい日持ちがします)。甘いような香り。素材にこだわっているだけあって、もちろん味もいいです。しっとりして柔らかいのにずっしりと目が詰まっています。

e0030112_17185315.jpg■B-speakのPロール
おー、きれいな『の』の字。
柔らかいスポンジ生地になめらかな口溶けのクリームを巻いたシンプルなロールケーキです。ふわっと口で溶けてなくなってしまうので、2切れくらいすぐに完食してしまいます。危ない危ない‥‥。



どちらのお店も週末は行列必須のようです。Pロールは予約もできるとのこと。
[PR]
by MameBean | 2007-12-26 19:20 | ちょっとブレイク

湯布院

e0030112_1733046.jpg
大分で泊まったのは湯布院にある宿。ここは各部屋が離れになっていてしかも全室露天風呂付きというもの。
湯布院って寒いんですね‥‥。私は『九州=暖かい』という間違ったイメージを持っていたので、肌を刺すような寒さにびっくり。部屋には半纏がありましたよ‥‥。これがあったかくて楽だし、滞在中は大活躍。お風呂は洗い場も外にあるのでお湯に入るまでが寒くて大変。でも由布岳を眼前に眺めながらのお風呂はサイコー。

食事は合掌造りを移築したという母屋でいただく地鶏料理。タタキに陶板焼きに炊き込みごはんなどなど地鶏ずくしで、鶏好き(私)には堪りません。
[PR]
by MameBean | 2007-12-26 19:02 | ちょっとブレイク

風が強く吹いている

風が強く吹いている
(三浦 しをん / / 新潮社)

* * * * * * * *

寛政大学四年の灰二(ハイジ)と新入生の走(カケル)が出逢い、竹青荘の10人目の住人となったとき、箱根駅伝への壮大な挑戦が始まった‥‥。

野球は9人、サッカーは11人、ガバディは7人‥‥10人でやるスポーツと聞いて箱根駅伝を思い浮かべる人は少ないはず。9部屋しかないアオタケの住人が10人(あ、ダジャレではなくて)になる、ハイジにとってはそれは偶然で済ませられる出来事ではなかった。しかも10人目は陸上経験者のカケル。

読む前は、三浦しをんさん読むの初めてだし、「箱根駅伝がテーマの小説」ということは、おナミダ頂戴的な青春小説なんだろうなと思ってました。でも読み始めると想像を絶するオンボロなアパートで起きるドタバタ劇といった風で、しかも陸上とは縁遠い住人たちばかり。これは思っていた小説とは違うかも‥‥と思い始めていたころ、皆がぶつかり合い、他校の生徒とのいざこざありでどんどん盛り上がってきました。で、前半のドタバタで油断していたため、不覚にも目に涙があふれてしまった。電車の中なのに‥‥。

走るって何も道具を使わず自分の体ひとつだけで、駆け引きなんかはあるものの最後は自分との戦い。原始的で孤独なスポーツである駅伝に集中している皆がまぶしい。葉菜ちゃんが胸がつまって声が出なかった気持ち、すごく分かるなー。駅伝を馬鹿にしたような発言にムカーッときて反論したくなったりもしました。この本読む前までは私も走るってことを分かってなかった側だったのに。それがいつの間にか自分も竹青荘の住人ひとりになったかのように、ともに走っている気持ちになって読んでいました。

住人が10人もいるから(あ、また‥‥)、前半はユキ、神童、キング、ニコチャンあたりのキャラクタがまだちょっと掴めていなくて、ごっちゃになったりもしましたが、各人がそれぞれ自分自身と向き合う時が来た時、それまでどういう思いを抱えていたのかが判明します。単純で分かりやすい人たちだと思っていたのに、他人をうらやましく思ったり自分が嫌いだったりという気持ちを抱えていたりするんですね。それらをすべて理解し、かつそれを相手に気づかせないように手綱をとっているハイジってすごい‥‥。

表紙が平安の絵巻物語り風のイラストになっていて、見覚えのあるシーン、台詞が描かれています。これ見ているだけでも、あのシーンやこのシーンが走馬灯のようによみがえってきて、再びジーンときちゃいます。
王子が走った1区、2区のムサ、3区のジョータ、4区ジョージ、5区神童、6区ユキ、7区ニコチャン、8区キング、9区カケル、10区ハイジ。それぞれが走ったかと思うと、来年の箱根駅伝が楽しみになってきました。

 いいか、過去や評判が走るんじゃない。
 いまのきみ自身が走るんだ。惑わされるな。振り向くな。
 もっと強くなれ。
[PR]
by MameBean | 2007-12-25 01:28 |     ─小説・エッセイ

ガリレオ最終回 他

今ごろ見ました、ガリレオ最終回。

なんだなんだ、あの装置は。 『赤か、青か!?』だなんて、漫画というよりコントだよー。
しかし、内海刑事がピンク好きとは思いませんでした。ジャケットのインナー青だったし、原色のイメージだし。
レッドマーキュリーの装置の『いかにも』な見た目、『いかにも』な拘束方法が、明らかにドラマオリジナルでしょうねー。東野氏はどう思っているんでしょう。

このドラマは毎回内容が理解できるものではないので、なんとなーくいつも流して観てましたが、最終回、今まで以上によく分からんぞ‥‥。藤川があんなことをした理由。武器商人だとしてもどうして彼が‥‥?事件にレッドマーキュリーは関係なかった?
それにしても武器商人って言葉、バイオハザード以外で初めて聞いたな。久米さんの演技はちょっとぎこちなかったけど、ひとり『京子‥‥』とつぶやきながらその時を待っているシーンはよかったなーと思います。
栗林さんはなんだかんだで湯川先生のことを思っているし手伝ってくれるし、いい人だなー。


ガリレオ以外に観ていたのはモップガール。
桃子の聞き間違い、大友さんの外人好き、横内警部『補』のやり取り、そして『もげっ‥‥!』って時間が戻るシーンなどなど、お決まりのパターンが多くて、こういうの好きです。シリーズ化とかされそうですね。
そして、ヘン顔したりリュックにトレーナーのセンスのない格好したりしても、かわいい人は何してもかわいいんだなーという事実。


有閑倶楽部や働きマンは、結局数回観ただけでした。面白いんだけど、原作通りだし、わざわざ観なくてもなーという感じで、ずるずる録画がたまってしまいました。時間のある時に観ればいいや、と思うのは結局観なくなりますね。

あと、まだ放送中のSP。こちらは岡田君や堤さん、真木さんのアクションシーンが見物ですが、金城一紀が原案・脚本なので、けっこう細かいところも練られていると思います。
身代金を株で‥‥とか、爆発方法が何かのガスと何かの液体‥‥とか。分かる人には分かる描き方だったりして、そういうのが分かるとうれしい。井上が人より記憶力や五感が優れているのも、ナントカという物質が人よりも多くて、それは幼少期に体験した出来事が関係しているらしいです。そしてその出来事がドラマ全体にも関わってきていそうな予感が漂っています。

こちらでも公安の田中君とか、お毒味係とか、お決まりのネタがあって掛け合いも面白いし、毎回楽しみです。
放送時間が45分とちょっと短いのもまた、気軽に観れる理由。
[PR]
by MameBean | 2007-12-21 19:32 | ちょっとブレイク

熊本

e0030112_17344787.jpg熊本城はいま築城400年祭だそう。忍者がいたのはそのためか‥‥。
なのに天守閣改修工事中で、6階まである天守閣の3階までしか上がれません。その分、入城料が安いですが。
400年前に加藤清正が建てた熊本城は、西南戦争で大部分が消失したので、平成10年に建て直されています。ネズミ返しの人間版、武者返しと呼ばれる石垣が有名ですね。



e0030112_17352419.jpg
阿蘇山の噴火口。
溶岩が流れたらしき深い溝がくっきり。木がほとんど生えていなくて、ススキで覆われています。う、今ごろススキに出あうとは。ススキのアレルギーがあるので目が痒いよー。
阿蘇山は活火山で、現在でも火山ガスが出ているそうで、あちこちに注意を呼びかける看板が立ってます。喘息の方、心臓が弱い方は近づかないでくださいって書いてありますが‥‥私、喘息持ちです。まぁ、すごくたくさん観光客(主に韓国から)が来ているので、そんなに心配しなくてもよさそうですが。万が一噴火した時には、あちこちに避難壕みたいなのがあります。


e0030112_17354835.jpg熊本と言えばのらーめん。私、友人に九州出身者が多いので、おいしい熊本らーめんのお店をいくつか教えてもらいました。関東にもお店がある桂花ラーメンとかわりとよく行きますが、スープは好きなんだけどあの太麺がちょっと苦手というか‥‥お腹にたまるんですよね。でも今回行ったお店は細麺だったので、程よい具合のお腹加減。旅行中では、あんまり食べ過ぎないのが肝心です。
[PR]
by MameBean | 2007-12-20 18:33 | ちょっとブレイク

福岡—もつ鍋

ANAのマイルがたまったので福岡、大分、熊本を駆け足で回ってきました。

福岡に滞在した時がちょうど風邪っぴき中でして、あれもこれもと行きたいところ(食べたいもの)があったんですが、次の日のことを考えてホテルでおとなしくビタミンC飲んでました。
でももつ鍋のお店は予約してあったから、なんとか気力をふりしぼって行ってきました。
e0030112_1718498.jpg

もつ鍋2人前。こちらのお店では餃子の皮を蓋がわりに載せています。スープ自体に味はついていなくて、醤油ベースのタレに付けて食べます。もつ鍋の味付けはお店によって違うみたいですねー。〆の麺もここは変わっていて、強火でスープの水分を飛ばして、ほぼ水分がなくなりトロミがついてきたたところに大量に黒ごまを投入(写真・右)。写真で見るとなんだか汚いですね^^; でもおいしかったです。太麺なのでお腹にたまりますが。

元気があれば中州の屋台とかのぞいてみたかったんですけどねー。風邪薬を買ってホテルに戻りました。
でも中州以外にもあちらこちらに屋台が出ていて、しかも次の日の朝には跡形もなくお店がなくなっているのが不思議。
[PR]
by MameBean | 2007-12-19 18:27 | ちょっとブレイク
このミステリーがすごい! 2008年版
(宝島社)

* * * * * * * *

今年の流れとしては警察小説と本格モノらしいです。そういえば警察小説は横山秀夫以外読んだことないなー。
国内編の1位と2位は偶然にも、ともに親子3代に渡る物語です。上位作品はかなり長い作品が多いんですが、皆さん読んでるんですね。スゴい‥‥。女王国あたりでアップアップしてちゃダメですねー。

ランキングのなかで私が既読のものは3冊でした。あとは図書館で予約中だったり、借りようと思っていた本が4冊ほど。今年中に読みたいところですが、手元にまだ何冊か予約本があるので来年に持ち越しになりそう。

今年は全然海外ものに手を出していませんが(もともとそんなに読まないけど)、上位作品あたりは読んでみようかなという気になりました。読んでみたい作品があったけど、それを読むなら元ネタのあの人の作品を読んでおかなくちゃなー、とか考えると読むのはもうちょっと先になりそう。有名どころのミステリを読んでいないから、こんな時困る‥‥。
こういうランキングとあらすじを見てると、あれもこれもと読んでみたくなりますね。

今回でこのミスが始まって20周年ということで、感謝価格の500円となってます。『チーム・バチスタ』の田口先生の書き下ろし短編と、このミス受賞作が読めてワンコインとはかなりお買い得。


あ、うちの大学、ミステリ研あったんだ‥‥。
[PR]
by MameBean | 2007-12-14 18:40 | 図書館以外の本
ZOPFのおうちパン テーブルロール
(伊原 靖友 / / MCプレス)

* * * * * * * *

千葉県にある人気のパン屋ZOPF(ツォップ)が教える、家庭でも作れるおいしいパンのレシピ。

ZOPFって有名なパン屋さんなので行ってみたいんですが、千葉にあるんでねー。なかなか行く機会がないです。
そのパン屋さんが本を出したということで、借りてみました。

基本となるのはテーブルロールの生地だけ。これひとつで、包んだり折り込んだりのせたりと、形を変えるることで様々なパンに変身します。
編みパンや動物の形のパンとか面白い成形の仕方が載っているので、同じ生地でもバリエーションが広がりますね。

捏ね方、生地の丸め方、発酵の見極め、かなり細かくステップを踏んで紹介されていて、初心者でも安心。

ただ、基本となるテーブルロール生地がバター、砂糖多めのリッチな生地なので私はあまり好きじゃないかもー。バター45gに尻込みしてしまいます‥‥。ZOPFはハード系のパンがおいしいと聞いてたんだけどな。第二弾にはハードパンレシピを希望!
[PR]
by MameBean | 2007-12-14 01:41 | ─料理・生活

タルト・タタンの夢

タルト・タタンの夢
(近藤 史恵 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

自らのお店に〈悪くない〉と名付ける、ちょっと風変わりなシェフがいる、フレンチレストラン〈パ・マル〉。シェフはお客さんの話を聞くだけで、出来事の真相を看破してしまう‥‥。7つの連作短篇集。

本を読んでいると、その中に出てくる食べ物の印象が強く残ることが多いのは、私の食い意地が張っているからでしょうか。この前読んだ女王国の城でも、人類協会での食事にハムカツや目玉焼きが出てたことがなぜか記憶に残っています。アリバイとかはすぐに忘れるのになー。
食べ物、安楽椅子探偵、コージーミステリ、というキーワードがミミズクとオリーブに似た感じでもあります。ハイペースで長編を読んだ後なので、このほんわかした雰囲気に癒されました。

常連の西田さんはなぜ体調をくずしたのか? 甲子園をめざしていた高校野球部の不祥事の真相は? フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?
血なまぐさい事件は起こらず、当事者でさえきっかけが思いつかないくらいささいな出来事。
これらの出来事の真相を看破する安楽椅子探偵はレストランのシェフなので、料理人ならではの知識と洞察力で真実にたどり着きます。そして料理人ならではのやり方で、お客を癒してあげたり、気づかせてあげたり。そんな時、きまってシェフがそっと差し出すのが、シェフ特製のスパイスを入れたホットワインであるヴァン・ショー。ヴァン・ショーってフランスの家庭では、風邪をひいていたり疲れている時によく飲まれているものなんだそう。シェフが伝えたのは、相手のことを思いやる気持ちなんじゃないかなー。

お客からの伝聞だけでレストランの中でのみ繰り広げられる物語なので、ともすると単調になりがちですが、料理の味や食感や香りのようにさまざまで奥行きがあります。タイトルに用いられている料理の他にもたくさんの料理が登場し、その料理の描写がまた秀逸なんですよ。食べたい‥‥。

「タルト・タタンの夢」
「ロニョン・ド・ヴォーの決意」
「ガレット・デ・ロワの秘密」
「オッソ・イラティをめぐる不和」」
「理不尽な酔っぱらい」
「ぬけがらのカスレ」
「割り切れないチョコレート」
目次には各話のタイトルがフランス語とともに並んでいて、まるでメニューのようなレイアウト。こういう遊び心、いいですね。各話が独立した短編集のようになっているので、コース料理のように順番に読んでもいいし、アラカルトのように好きな話から読んでもよさそう。読み終わると、極上のフレンチを食べたようでお腹いっぱいです。

めっきり冷え込んできた夜に、ヴァン・ショーでも飲みながら読みたい、そんな1冊。
[PR]
by MameBean | 2007-12-11 18:57 | 借りた本─ミステリ