図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

インシテミル

インシテミル
(米澤 穂信 / / 文藝春秋)

* * * * * * * *

『時給1120百円』つまり11万2000円という破格の条件で募集された<人文科学的実験の被験者>のアルバイト。
仕事の内容は、地下空間である「暗鬼館」で7日間を過ごすこと。この仕事に12人の男女が集まった。


 警告
 この先では、不穏当かつ非論理的な出来事が発生し得えます。
 それでも良いと言う方のみ、この先にお進みください。

ちょうどこの本を読んでいる時に知人2人に『何読んでるの?』って聞かれたので、『館に集まった人たちに凶器が与えられて、次々人が死ぬ話』とそれぞれに説明しましたが絶句されました。この説明もどうかと思いますが、改めて自分でも何読んでるんだろ‥‥。ミステリ読む人にはふ〜んって普通な説明だと思いますが、そうじゃない人にはギョッとする説明なんですね。今ごろ理解しました。これからはミステリとだけ言っておこう。でもギョッとされても人死ぬ話好きだよねーとか言われてもいいんです。好きだから。とくにクローズド・サークル。
そしてこの本の中でも、ミステリ読みとそうでない人とのズレがテーマな感じがします。

インディアン(ネイティブアメリカン)人形、十戒、火かき棒。
序盤から出てくるモチーフに、ほほ〜と思ったあなたはミステリ読み。いま思えばここで試されてたのかなー。最初の警告文にある「不穏当かつ非論理的な出来事」とはミステリ読みに向けられた言葉でしょう。もっともここで読むのをやめるミステリ読みはいないでしょうけど。

ルールにより「探偵役」や「助手役」にはボーナスが出る事が分かり、自然と推理合戦が繰り広げられますが、綻びのない推理を開陳してみても犯人とみなされることに。
話が違う!と声を上げても、ミステリの論理とは違う論理で事が進んでいるんだからしょうがない。ここではミステリのルールよりも空気を読む事が重要。序盤からそれが分かっていたのに、終盤のあの展開は主人公のみならず私も寝耳に水でした。ミステリ読みの思惑を逆手に取ったようで、うまく嵌められたなと嬉しくなります。騙されたり嵌められたりして喜ぶのもミステリ読みくらいでしょうね。

「ミステリ読み」「ミステリ読み」と書きましたが、決してミステリ読みでなければ楽しめない作品ではなく、館の設計や凶器それにルールなど、どれひとつとってもきちんと理由があって、そういうのが判明していくのがすごく面白かったです。実験の〈主人〉の意図するところや参加者の背景などがほとんど描かれないので、純粋に推理に没頭できる作品になっています。


私は米澤氏の作品は小市民シリーズしか読んでいないので、今作は小佐内さんの別の顔を見たときのような、意外な感じでした。でも主人公が周りの空気や自分の立ち位置を気にするところは、小鳩くんや小佐内さんに近いものがありますね。そういう人は探偵には向いてないんだな〜。
探偵は空気読めない人ですから。
[PR]
by MameBean | 2007-11-29 09:14 | 借りた本─ミステリ

木の実のパン

e0030112_15523059.jpg木の実のパン。(少しのイーストでゆっくり発酵パンより)

くるみ、ピーナッツ、ピーカンナッツをごろごろと入れました(レシピではくるみとアーモンド)。砂糖、油脂が多めなので、ちょっと甘めでふわふわなクラム。最近ハードなパンばかり焼いていたので、こういうパンは久しぶりだな。

そのまま食べてもサンドイッチにしてもおいしいとのことなので、焼きたてをスライスしてゆで卵とほうれん草ソテーをのせた簡単なブランチに。朝(ほぼお昼だったけど)焼きたてのパンを食べられるのも、ゆっくり発酵のおかげですね。
[PR]
by MameBean | 2007-11-26 17:52 | 作ってみました

綾辻氏対談

講談社での『暗黒館の殺人』文庫化記念の綾辻行人講演会に行ってきました。

講演会というか辻村深雪氏との対談とのことですが、辻村氏がインタビュアーのインタビューのような感じで進行していました。

初めて見る辻村さんはほっそりとした綺麗な方でした。綾辻氏は‥‥イメージ通りです。黒いハンチングに黒いジャケット、インナーのシャツは真っ赤。私の席からは見えなかったのですが、スニーカーは赤だったようです。著者近影などで見る綾辻氏のイメージのまんま。

まず最初に辻村さんの紹介があったんですが、驚くことに小学生の頃『十角館の殺人』を読んだそうで、それ以来綾辻ミステリファンなんだって。で、時々ファンの視点を交えつつ、作家としての質問をする形で進んで行きました。

『びっくり館』はミステリーランドの話をもらったときにすぐに頭に思いついたものであること、「ミステリーランドで館シリーズ」に驚いてもらえたら第一のびっくりは成功であること、住みたい館は人形館、迷路館はゼッタイ嫌なこと、何か事件が起こると「心の闇」という言葉をマスコミが使うのには納得がいかないこと、「事実は小説より奇なり」という言葉が嫌いであること‥‥
順番が違うかもしれませんが、こんな感じのお話がありました。

途中からうすうす感じていましたが、わたし暗黒館読んでないかも‥‥。いや読んでないな、確実に。それでもなかなか興味深いお話が伺えまし、生で作家の方を拝見できたのも貴重な経験でした。
[PR]
by MameBean | 2007-11-25 18:13

図書館戦争

図書館戦争
(有川 浩 / / メディアワークス)

* * * * * * * *

2019年、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された。それに対抗するため、図書館は自衛隊並みの防衛隊を組織するようになる。

 一、図書館は資料収集の自由を有する。
 二、図書館は資料提供の自由を有する。
 三、図書館は利用者の秘密を守る。
 四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。
 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。

いま、私はこうやってあたり前のように図書館の本を読んでいるわけだけど、この本の中の世界では本を守るために図書隊が日々訓練と警備に励んでいるんですね。本が高価なものになっているとはいえ、思いっきり体育会系な堂上でさえ本を扱う時には気を使っているのには好感が持てます。

○○法とか○○委員会とか、漢字が多くてなかなか読み進められないところもあったりしますが、図書隊、良化委員会、警察の関係と図書隊の編成がだいたい分かっていれば大丈夫。だって書かれていること全てを理解するのは無理〜。最後まで読めばだいぶ飲み込めてきますが、読んでいる途中だと難しい。
でもあとがきによると、コンセプトは月9連ドラ風なんだそう。連ドラなので当然ラブ。要はラブコメなんですよ。しかもツンデレ〜(誰とは言いませんが)。

身悶えするほど恥ずかしくなる展開(郁が言うところの『痒い』)とかあるから、少女漫画とか受け付けない人にはどうだろ〜。読めないかも。まぁ私はラブコメ好きなので、そういうのも含めて楽しめました。

連ドラ風というだけあって、各キャラがしっかり立っています。
頭より体が先に動く、山猿・郁。郁とことごとく衝突する上官・堂上。
笑い上戸で、言うことは正論な小牧に、エリート中のエリート・手塚。
喧嘩屋中年・玄田に、すべての情報を掌握している・柴崎。
堂上vs玄田のバトルが好きですね。あぁかわいそう堂上教官、上司にも部下にも問題児がいるなんて。


著者はヤフーのインタビューによると、彼らは行政戦隊図書レンジャー!みたいなイメージで、それぞれの色も考えていたんだそう。
ちなみに郁がレッド、堂上=ブルー、小牧=グリーン、柴崎=ピンク、消去法でイエローは手塚。イエローと言えばカレー好きだったり、三枚目が多いから相当不本意でしょうねー、手塚。玄田隊長は総司令だそう。私としては折口さんも入れてほしかったな〜。でももう役がないか‥‥。

全部読み終わってから表紙カバーのイラストを見てみると、物語のなかに出てくるモチーフがいろいろ散りばめられていて楽しい。王子様のことを考えて花占いをしている女性は間違いなく郁だろう。饅頭(タクスフォース饅頭?)とか熊とかモンブランもひっそりと描かれていて、思わずニヤリとしてしまいます。
[PR]
by MameBean | 2007-11-21 17:38 | ─小説・エッセイ
e0030112_15193890.jpg
大学時代4年間を過ごした街にプチ旅行してきました。

卒業してx年。駅前はかなり変わってましたが、よく行っていた紅茶屋は変わらずそのまま。嫌いな授業の後に「ご褒美」と称して行っていたんだっけ。大学の周りのお店なんかもそのままだなー。記憶がよみがえります。


e0030112_15202796.jpg

2千円からコースがある洋食屋。前菜、スープ、メインの壷焼きクリームシチュー、デザート盛り合わせ。おなかはち切れそう‥‥。パンもデザートもすべて手づくりで、これで2千円だなんてコスパ良すぎ。学生相手だからどのお店も良心的な値段なんだよなー。
このお店、コースじゃなくても千円前後でプチ前菜とデザートがついてきます。学生時代は専らこっち頼んでました。2千円でも当時は高く感じたっけ。

満腹のあと向かったのはホテルのバーカウンター。これも当時にはできなかったこと。いちおう社会人になりましたから。

ネットでおいしそうなパン屋さんがあるのを見つけ、しかも昔友達が住んでたアパートの近くだなーと思って行ってみたら、昔行ったことのあるお店でしたorz。しかも定休日‥‥。あぁ、こんな有名なお店だったなんて。住んでいる時には気づかないことってありますよね。

e0030112_15223747.jpg

あちこちイルミネーションがすごくて、もうクリスマス気分満開でした。思いがけず紅葉も見れたし、(パン屋定休日を除けば)満足満足な旅でした。
[PR]
by MameBean | 2007-11-18 23:38 | ちょっとブレイク

イナイ×イナイ

イナイ×イナイ (講談社ノベルス)
(森 博嗣 / / 講談社)

* * * * * * * *

主に美術品鑑定を生業としている椙田(すぎた)事務所を訪れた佐竹千鶴の依頼は、彼女の兄を捜すこと。
椙田事務所の助手・小川と電話番・真鍋が千鶴の家を訪れた時、事件が起こる‥‥。
Xシリーズ 第1弾。

Vシリーズも読みかけなのに、新しいシリーズに手を出しています。シリーズを読み終わってしまうのが寂しいんですよね〜。

探偵事務所が出てくるので『ゾラ…』とだぶりますが、こちらの探偵はかなり‥‥天然?
何かやってたの?と聞かれて、ここで言う何かとは武術とかなのに、「剣玉なら」「ヨーヨーも」とか、殺人事件が起きた後なのに「お菓子かおまんじゅうが出るといいですね」とか。やたら食べ物に執着があったり、会話のベクトルがずれていたり、常識的なことを知らなかったり。
でもさらりと発した言葉に、情報処理能力の高さがうかがえます。これは新しい天才の登場なのかも。

ミステリで「双子」というキーワードが出てきたら、いくつか可能性が考えられるのでち、ょっと身構えて読んでましたが、この展開は予想していないものでした‥‥。何と言うか、生々しいというか‥‥何なんだこの家。
事件の全貌が明らかになって終わり、という終わり方ではないので、いろいろと想像が膨らみます。

そうそう、エピローグで意外な人が登場します。あー、なるほど。だから隠れていたんだ。
森ミステリを読んでいる人にはお楽しみなネタがあるので、エンドロールが流れてもくれぐれも席を立たぬよう‥‥。
どんどん広がっていきますね、森ワールド。

 ようするに頭のバッファが足りない証拠だ。
 まあ、簡単に言えば、頭が悪いんじゃないかな。
[PR]
by MameBean | 2007-11-15 19:15 | 借りた本─ミステリ

赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説
(桜庭 一樹 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

山陰地方の旧家・赤朽葉家に生きた、千里眼奥様の万葉、元レディース総長の毛毬、そして瞳子。3世代・3人の女たちの物語。
第60回日本推理作家協会賞 受賞。

日本史は昭和から学習させた方がいい、と言ったのは確か石原都知事。
歴史って縄文時代から習うから、昭和をやる頃には脱落してしまう。まさに私がそうでした。歴史どころか地理もダメ。でもそういうのをちゃんと勉強していないと、大人になってから会話で恥ずかしい思いもしたり。いまごろヒシヒシと反省しております^^;

この物語は母娘3世代の歴史でもあり、戦後の昭和史のようでもあります。戦後、日本がいかに発展してきたのか、授業で習った時は何も興味を見いだせなかったのに、こうしてその時代に生きた人たちの物語として描かれるとすんなり入ってくる。

千里眼の万葉、元レディース総長の毛毬、そして瞳子。この本は3部構成になっていて、瞳子が万葉と毛毬の時代を語っています。瞳子が祖母と母の過去を調べようと思った理由は、万葉の最期の言葉にあるんだけど、いきなり唯一の赤朽葉家直系の女となってしまったことで自分のルーツをたどってみたくなったのかもしれない。
それぞれの生きた時代はたかだか60年くらいの間なのに、3人の人生は全く異なったものになっています。
1部は、死人が見え、初めての出産で生まれてくる我が子の死ぬ時を見てしまった万葉の物語。2部は元レディース総長でありながら、引退後は少女漫画としてヒットをとばしつつも、兄亡き後は婿をとった毛毬の物語。そして3部‥‥。しかし3部の主人公である瞳子には、語るべき物語がない。
万葉や毛毬が必死で守ろうとしていた、血のつながりや家という意識は瞳子にはなくなってきている。濃い血のつながりっていつのまに薄れていってしまったんだろう。そして瞳子の個性の無さは何なんだろう。万葉、毛毬の物語がすごく面白かっただけに、瞳子の時代になって面白さが失速したように感じる。私は世代的に瞳子と近いから考え方とかが似ているからかもしれないけど、共感はできるけど、意外性がないというか。
でも、彼女の時代はまだまだこれから。いま始まったばかり。

それにしてもいつの時代も女性は哀しくそして強いのだなー。

 ようこそ。ようこそ。
 ビューティフルワールドへ。
 悩み多きこのせかいへ。
[PR]
by MameBean | 2007-11-13 08:12 | 借りた本─ミステリ

バゲット・エピ

e0030112_1233474.jpg
少しのイーストでゆっくり発酵パンより、バゲット・エピ。ちょっと焼き過ぎました‥‥。

中に入れたベーコンを無添加のちょっといいものにしてみたら香りがよく、ベーコンから脂がじゅわ〜っと出てきていい感じのむっちりクラムになりました。クラストはパリッパリ。若干焦げてますが‥‥。コショウ好きなのでガリガリと多めにひいて、ローズマリーも入れてオトナ味。

それにしても形をもうちょっとスマートにしたいものです。先がピッととがってるとかっこいいんだけどな〜。これじゃ「麦の穂」には見えないですよね。
[PR]
by MameBean | 2007-11-12 07:20 | 作ってみました

北イタリアの食卓

北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano
(タエコ フォルトゥナーティ / / 白夜書房)

* * * * * * * *

かなり前から見させて頂いているブログうちの食卓 Non solo italianoのレシピ本。
著者であるTaekoさんは北イタリアで旦那さんとお嬢さんと暮らしてらっしゃいます。
Non solo italianoとは「イタリア料理だけじゃない」という意味だそうで、その通りイタリア料理だけじゃなく「明太子とルッコラのスパゲッティ」や「アスパラとパプリカの胡麻あえ」など、和の食材を使っていたりもします。

レシピではトマトソースの材料が「トマト缶2kg」とかでちょっとビックリしましたが、冷凍保存ができるみたいなんで一度挑戦してみたいですね。どうせ手間をかけるならたくさん作っておいた方が便利ですから。でも作るときはせめて半分の量にしておこう‥‥。

パンチェッタとかは近ごろはちょっとしたスーパーでも手に入るようになったものの、材料にマルサラ酒とかサルシッチャとか、聞いたこともないものがあったりします。でも代用できる材料が表記されているので安心です。特別な材料を揃えないといけない料理って家で作るとなると敷居が高いですよねー。日本で手に入る材料でも北イタリアの味を再現できるようになっています。
ハーブ類もこれじゃなくちゃというんじゃなくて、何でもお好みでって感じなのもいいですね。

イタリアだとチーズの種類が多くて、しかも安く手に入っていいなー。たっぷりチーズが入るレシピだと躊躇してしまいますもん。

最近多いブログ本のなかには、ブログに載せた写真をそのまま使っているものも多くて、画像が荒かったり暗かったりするものを見かけますが、この本はちゃんと写真を撮りなおしているし、その写真もプロ並に上手なのでかなりクオリティの高いブログ本になっていると思います。
[PR]
by MameBean | 2007-11-09 17:21 |     ─料理・生活

鹿男 ドラマ化!

エキサイトのブログでは自分のブログのアクセス解析が見れるのですが、今日何気なく検索ワードを見てみると、「鹿男 ドラマ」で検索されてこのブログにたどり着いた方が何人も。
ひょっとして‥‥と思い、私も同じキーワードでググってみると

奈良公園の鹿もビックリ!“ダメ教師”玉木宏が“鹿男”に変身〜!

ええ〜〜!! 「鹿男あをによし」がまさかのドラマ化。しかも主人公の鹿男に玉木宏。

フジテレビ系で来年1月スタート(毎週木曜後10時)だそうです。
「相手役で歴史オタクの教師には女優、綾瀬はるか(22)を起用」と書いてあるので、同僚の藤原君(男性・妻子持ち)が女性になっちゃうようです。う〜ん、マドンナじゃダメなの‥‥?もしくは生徒のほうが年齢的に近いのでは?「相手役」という書き方も気になりますね〜。

CMで観る玉木宏がいまだにのだめの千秋先輩という印象なんですけど、鹿男がしっくりくるのか、気になるところです。あ、のだめと言えば新春にスペシャルドラマが放送されるんですよね。パリ編なので楽しみ。
[PR]
by MameBean | 2007-11-07 17:42 | ちょっとブレイク