図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー

<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

使命と魂のリミット

使命と魂のリミット
(東野 圭吾 / / 新潮社)

* * * * * * * *

大動脈瘤で命を落とした夕紀の父。父の担当だった医師・西園と母が付き合っていると知った夕紀は、父の死に疑問を抱く。そんな気持ちを抱えたまま夕紀は医者になり、西園の元で研修している‥‥。

同じ病院の出来事でもチーム・バチスタとはえらく違うな。あっちがちょっと変わってるんでしょうが、こちらはかなり硬質な文章。でも、ベテランナースと研修医の関係とか、患者の研修医に対する位置づけとか、研修医の葛藤のようなものはチーム・バチスタには描かれていなかったものなのでおもしろい。

父の死に疑惑を抱き続けたまま病院で研修をしているなか、起きた脅迫事件。

ただの悪戯とも思えたそれがある人物と繋がった時のゾクリとした感覚。こういった感覚が、ミステリを読んでいておもしろいと思える瞬間ですよね。
父の死、父がかつて関わった事件、西園教授、病院に入院している会社社長、今回の脅迫事件、これらに関する夕紀の疑問が一気に晴れます。それが気持ちよくもありますが、犯人が最後に仕掛けた仕掛けが判明してからの最後の展開が、余りにもすらすら〜っといき過ぎていてちょっと物足りない感じも。被害者が善人で犯人が悪者、というわけじゃないからでしょうか。

仕事を辞めることになっても自分は使命を果たしたという父。
組織に背いてでも使命をもって捜査を続けている七尾刑事。
犯人もまた犯人なりの使命を持っている。

頼りない感じだった望もまた最後の最後で使命感を見せます。それまでは‥‥かなりやきもきさせられました。
夕紀の父は誰もがその人しか果たせない使命というものを持っていると言う。果たして自分の使命とは‥‥。う〜ん。そういえば、タイトルの使命って言葉は分かるとして、魂のリミットとは何ぞや?「使命」と「魂のリミット」なのか、「使命と魂」の「リミット」?リミットが何にかかるのか、さえ分からない。私の読解力不足でしょうか?あう〜〜。こんな私にも使命はあるのでしょうか‥‥。


 人間というのは、その人にしか果たせない使命というものを
 持っているものなんだ
 誰もがそういうものを持って生まれてきているんだ
[PR]
by MameBean | 2007-10-31 17:26 | 借りた本─ミステリ

犬神家の一族

犬神家の一族
( 角川エンタテインメント)

 ♯ ♯ ♯ ♯ ♯ ♯

莫大な遺産を残してこの世を去った犬神佐兵衛。佐兵衛の遺言にのっとって、犬神家の人間が全員揃った時、遺言状が公開された。そしてそれは連続殺人事件の幕開けとなる‥‥。

2006年のリメイク版です。過去にテレビ版を何度も観てるはずなのにストーリーがうろ覚え。『獄門島』『八つ墓村』あたりとごっちゃになってしまうんですよね。
スケキヨさんのゴムマスクとか池から下半身が逆さまにニョキっとか、印象の強いシーンは多いんだけどな。

金田一耕助の泊まる宿の主人に三谷幸喜、その宿の女中は深田恭子。別の宿の夫婦には林家木久蔵(現・木久扇)&中村玉緒。神社の神主に大滝秀治。チョイ役にまでもかなり豪華なキャスティングです。珠世役の松島菜々子がヒロインなんでしょうが、特にすごいのが松子、竹子、梅子3姉妹を演じるベテラン女優陣の演技。
奥菜恵も恋人を失ったとき、髪ぼさぼさでなぜかカエルを抱いて笑ってて怖かったんですが、松坂慶子が息子の通夜の席で、呆然とした表情でお寿司をむしゃむしゃ食べていて、そっちのほうが数段怖かった。子を思う母の気持ちとはこうもまで強いのか。

それにしても佐武の菊人形とか、池から逆さまの胴体とかが、明らかに作りもので、昔観たのより怖くないんですけど。むしろ笑うし^^; 

物語の中で、斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)に見立てた殺人が起きるんだけど、これは歌舞伎の音羽屋の持柄なのだそう。三代目尾上菊五郎より『良きことを聞く』ということで、斧・琴・菊を使った模様をつかっているとか。劇中、マスクの男を演じていたのが尾上菊之助で、松子役の富司純子は実母だそうですね。


“しまったぁーー!!”
金田一耕助は最後の最後まで事件を止められないんですよね〜。
[PR]
by MameBean | 2007-10-29 17:57 | 映画・DVD

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女
(森見 登美彦 / / 角川書店)

* * * * * * * *

クラブの後輩に一目惚れしてしまった「私」。
彼女のハートを射止めるべく、常に彼女の視界に入ることを心がけてきた。
第20回山本周五郎賞 受賞。

なるべく彼女の目にとまる作戦、名付けて「ナカメ作戦」。

偽電気ブラン、閨房調査団、韋駄天コタツ、パン食連合ビスコ派、偏屈王、プリンセス・ダルマ‥‥
読んでいない方にとっては何のこっちゃという感じですが、これはうまく説明できないんですね。もう読んでもらうしかない、としか言えません。ちなみに私もビスコ派です。小麦胚芽入り。

外堀から本丸こと意中の後輩へと攻めていこうとする先輩に対して、どこからともなく突然現れて恋路を邪魔するのが、これまた摩訶不思議な人たち。
いつも浴衣を着てて自らを天狗と名のり空中浮遊する樋口さん。宴会に紛れ込んでタダ酒を飲むのを得意とし、酔うと人の顔を舐めまくる羽貫さん。大富豪で屋上に竹林と池のある自家用三階建て電車に乗っている李白翁。
樋口さんと羽貫さんは『四畳半神話大系』に登場するそうですね。そっちから読めばよかったかな。

他にもパンツ番長や事務局長とか象のお尻の人とか、書ききれないくらいのたくさんの人が登場します。脇役が強烈な個性を放っているから、黒髪の乙女はヒロインに決まっているのに、先輩はいつまでたってもヒーローにはなれず路傍の石ころに甘んじるしかない。でも先輩には申し訳ないけど、特にたくさんの人が入り乱れてカオスと化す学園祭の話がいちばんオモチロイ。その次の冬の話で怒濤の出来事も終焉を迎え、しみじみと人恋しくなります。

意中の彼女にも『運命』を感じてもらいたいのに、いつまでたっても『あ!先輩、奇遇ですねえ!』としか言われず、眼中になさそう。天然だな〜、彼女。先輩と黒髪の乙女の交互の視点で書かれるので、乙女の気づいてなさっぷりに少々先輩がかわいそうになります。ほんと、ニアミスなんですよ。春の夜の先斗町で、夏の古本市で、秋の学園祭で。いつも同じ場所ですれ違いつづけ、最後の最後に念願の偶然の出会いができるんだけど、詭弁踊りだの火鍋だので混乱して、台詞が出てこず逃げるようにその場を去るしかない。まぁこんなもんですよね、現実は。

でも、これからお願いごとをする時に唱える呪文は決まりました。
なむなむ!


 偶然のすれ違いになるか、それとも運命の出逢いになるか、
 すべては己にかかっている。
[PR]
by MameBean | 2007-10-24 17:29 |     ─小説・エッセイ
e0030112_16143221.jpg基本の生地はA.R.Iのお菓子の提案のレシピから。
レーズンにドライプルーン、オレンジピールにアーモンド。家にあるものを片っ端から入れていっただけだけど、秋っぽい感じになりました。牛乳の代わりに濃く出したミルクティを入れたのでほんのり茶色。あ、シナモンとかスパイスも入れればよかった。
ドライフルーツとナッツ類は相性バツグンですよね。ドライフルーツの甘さがあるから、砂糖は控えめにしました。

この前青山に用事があったとき、A.R.I.に行きました。ここのマフィンでさえちょっと私には甘めかなー。他のお店だともっと甘いけど。上にクランブルがのってたりバニラシュガーをかけてたりするせいかもしれない。でもバターの割合がそんなに多くないから油っぽさが少ないのは好き。柿とか意外なフルーツを使っているのも好き。ゴルゴンゾーラとかの食事系マフィンはおいしかった。こういうのも今度作ってみたいな。

☆ ☆ 

そういえば私は近所のパン屋さんでよつば発酵バターをゲットしましたが、夏頃からバターが不足しているようです。COUCAに行っても売り切れで、しかもお一人様1個までとか。原油の高騰と何か関係があるのかと思ったけど、どうやら牛乳の消費が落ち込んでいて減産を進めてしまったためバターの生産量も落ちているということでした。これから焼き菓子を作りたくなる時期だというのに、困ったものです。
[PR]
by MameBean | 2007-10-23 17:24 | 作ってみました

容疑者X 映画化!

「容疑者Xの献身」映画化決定!

今放送中のドラマ「ガリレオ」で湯川役を務める福山雅治をはじめ、内海刑事の柴咲コウ、草薙刑事の北村一輝らドラマレギュラー陣が出演。
2008年秋 公開予定。

石神は誰がやるんでしょー。湯川と同級生だから福山雅治と近い年代の人がやるんでしょうね。イケメン石神になりそうな予感大。

アレは同義的にどうするんだろう‥‥。
[PR]
by MameBean | 2007-10-22 12:45 | ちょっとブレイク

アバウト・ア・ボーイ

アバウト・ア・ボーイ
(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン)


 ♯ ♯ ♯ ♯ ♯ ♯

38歳で独身のウィルは、働きもせずに悠々自適のシングルライフを過ごしていた。そんな彼の前に、12歳の少年マーカスが現れ、たちまち彼の生活はかき乱されていく‥‥。

親の遺した印税で働かなくても生活していける、女性にモテないワケじゃない、おしゃれな家もある。なのに『負け犬』感が漂っているウィル。
シングルマザーと付き合えば後腐れない恋愛ができると気づき(思い込み?)、シングルペアレントの会に参加するという発想に笑いました〜。子供なんていないのに子持ちだと嘘をつく。チャイルドシートをポテトチップスとジュースでわざと汚すなんて小細工してますが、そんな嘘どうせすぐにバレるのに‥‥。テキトーで子供なんだな〜、この人は。だからマーカスと対等な関係になれるんだろう。

父子とも違うし、友達ともちょっと違うふたりの不思議な関係。お互いに利用する時は利用するし、依存しているようなしていないような。それは、つまり人生は『孤島じゃない』ってこと。

相変わらずダメ男役が似合うヒュー・グラント。『ラブ・アクチュアリー』の来日時のインタビューの受け答えがものすごくテキトーで笑えます。


『ラブ・アクチュアリー』ではイギリス首相の役だったんだけど、次のカルフォルニア州の知事に立候補しようと思っていますとか、首相になったら権力を乱用するとか‥‥。とことん答えをはぐらかすところが日本人の誰かに似ているな、と考え思い当たったのが‥‥高田純次でした^^;
[PR]
by MameBean | 2007-10-21 11:28 | 映画・DVD

秋ドラマ始まりました

だいたい観たいと思っていたドラマの初回が終わりましたので、以下感想などつらつら〜

■モップガール
強い思いを残して死んだ人の持ち物に触れると、時間を遡ってしまう桃子。

たしか『時をかける少女』や『ドラえもん』などでは、タイムリープしても過去を変えてはいけないという約束だったような。『モップガール』ではわりとあっさり過去を変えてしまっています。
友達に原稿をなくさないように注意をさせる、くらいはいいと思うんだけど、銀行強盗をしようとしている恩師を止めるのはどうなんだろう。今回は亡くなったのが知り合いだったから助けたという面があるけど、次回以降どんな風に展開するのか興味があります。
桃子は筋金入りに鈍くさいんだけど、演じてるのが北川景子だから、眉毛が『へ』になった顔とでもかわいいなー。1回失敗しているから、タイムリープした際、割とソツなくこなしてたりして、学習してますね。
カモノハシはほ乳類なのに卵を産むけど、変わってるわけじゃないっていう話、とっとウルウルきました。

■歌姫
観るつもりはなかったのでなんとな〜くで観始めましたが、昭和な感じと土佐弁のいい味が出てました。長瀬智也のドラマで観たことがあるのは『マイ★ボス マイ★ヒーロー』くらいかな。あの“ はにゃ? ”とか好きだったなー。
太郎と鈴のきょうだい喧嘩みたいなやりとりがかわいかった。歌姫ってタイトルだけど、主役は長瀬智也?今後の展開が読めないけど、鈴のお父さん役が高田純次だったりして登場人物がおもしろそう。


■ガリレオ
原作読んでいないので、湯川准教授というと『容疑者X』だけの印象です。
特にがっかりすることもないけど、わりと普通‥‥? これで変人よばわりされるのか。
月曜にめざましテレビに福山雅治と柴咲コウがでてて、“ 今後ふたりに恋愛に発展する予感は? ”って質問があったけど、やっぱりそういう展開を考えてのキャスティングなんですね〜。恋愛ドラマ以外でも恋愛の要素って必要なのかな〜?と思ってしまう。
内容は倒叙で犯人は分かっているけど、どうやって殺したのか?というのを、ガリレオ先生が実験で検証する。今後もこういう形式で進むんでしょうね。それにしても毎回あんな大々的な実験をするんでしょうか。
薫が女の武器を使い、ガリレオ先生が最後に嘘だと気づくくだり、笑いました〜 素直に謝れないとことか、不器用な感じがかわいい。

■有閑倶楽部
花より団子、山田太郎ものがたり、とセレブな高校生が続いてますね。
でも有閑倶楽部が元祖でしょー。セレブなんて言葉がなかった頃から漫画でやってますから。
魅録が主役ということ以外にも清四郎はすだれヘアーじゃないんだな、とかいろいろと気になってしまいますが、まぁこれはこれでありなのかも、と後半になって思えてきました。あ、原作通りだったのは男山(笑)。
それにしてもこのドラマを見てると、甲子園球児たちが年下になった時の一抹のさびしさに似た感じがします。
有閑倶楽部をりぼんで読んでいた時はたしか小学生のころだから、高校生ってすごく大人に思えてました。いつしか高校もとうに卒業しても、有閑倶楽部のメンバーはそのとてつもないセレブっぷりから年下だとかいう範疇になかったんですよね〜。しみじみ‥‥。
[PR]
by MameBean | 2007-10-17 08:10 | ちょっとブレイク

平山郁夫 祈りの旅路

平山郁夫というと現代日本画の巨匠とでも言うべき著名な人だとは認識していましたが、日本画って静物画や美人画くらいのイメージしかなくちょっと難しく、ちょっと敷居が高い感じがして、あまり観ることがありませんでした。

今回の『平山郁夫 祈りの旅路』に関して読売新聞で自作について語った連載を読み、初めて平山郁夫という人について知りました。幼い頃広島で被爆した体験を持ち、それが平和の希求した作品を描くきっかけになったこと、仏教へ興味を抱くきっかけになったこと。玄奘三蔵の道がシルクロードと重なるため、平山氏自身も同じ道をたどり、その時の風景やその土地の人々を描いています。仏教の宗教絵画的なものだけじゃなくて、息づかいまで聞こえてきそうな人物画とか、実際に行って見てきたような気分になる風景画もあって、日本画もいいものだなーと再発見しました。

e0030112_10401868.jpgバーミヤンの破壊された石仏を描いているものがあり、しばらく足が止まってしまいました。もう観ることができないと思っていたものが、こんな形で観られるとは思いもよらなかった。また、驚いたのが制作年が2007年の作品が多数あったこと。御年77歳というから氏の制作意欲には脱帽です。
夕日を背にらくだが一列に並んだ『絲綢之路天空』と、真っ青な夜の厳島神社を描いた『月華厳島』が特に目を見張る美しさでした。展示作品の入れ替えがあるようなので、会期終了までにもう1回くらい行きたいな。

e0030112_104133.jpgムンク展、シャガール展、フィラデルフィア美術館展、フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展
この秋は観たい展覧会が目白押し。芸術の秋にしたいものです。


←グッズ売り場で見つけたらくだのしおり。ずっとしおりが欲しいなーと思っていたので、いいもの見つけられて大満足。
[PR]
by MameBean | 2007-10-14 23:38 | ちょっとブレイク

双頭の悪魔

双頭の悪魔 (創元推理文庫)
(有栖川 有栖 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

四国の山奥にある芸術家の村へ行ったまま連絡の取れないマリア。アリスたち推理研のメンバーは大雨のなか村への潜入を図るが失敗。ほどなく村唯一の交通路である橋が流された‥‥。

江神シリーズ三作目。
ずしりと重く、片手で持つと(つり革に掴まっているので)腕がつりそうな長編。前作のように情感たっぷりで草いきれまで感じられる描写は有栖川有栖テイストだなー。

前作ではモチ・信長先輩の両名の出番がなく残念だったので、今作こそは全員そろって‥‥と期待しましたが、またしても離ればなれ。いつになったら全員揃うのでしょうか。最新作の『女王国の城』ではどうなんだろう‥‥?

川で分断された隣同士の村に、江神&マリア、望月&織田&アリスという風に分かれてしまい、連絡も取れなくなってしまいます。そしてそれぞれの村で殺人事件がおこり、それぞれが事件を解決し、さらに江神さんは隣村で起こった出来事をも含めて、事件の真相にたどり着きます。

事件としては大掛かりなトリックがあるわけではなく、可能性をひとつひとつ検証・消去していくという地道な推理で犯人に対峙します。2つの村で起こった事件を同時に知ることができた読者は、江神さんより有利な情報を得ているはずなのに、3度も差し込まれる“ 読者への挑戦状 ”は、最後まで解答にたどり着きませんでした〜 

でも、推理しようと思ってミステリを読んでいるんじゃないからいいんです(いいのか、そんな読み方で^^;)。この本は、孤島パズルの事件で傷ついたマリアが、自分自身と向き合うことで事件の傷を乗り越えようとする、成長の過程を描いた物語でもあるんですから。その成長を温かく見守っているのが江神さん。その江神さん自身も、今まで語られなかった家族のこと、過去のことが少しだけ語られて、時おり江神さんが見せる陰のある表情の理由が少し分かったような気がします。なんか危うげなんですよね〜、江神さんって。そこが母性本能をくすぐるのか(笑)。

 人は知らないうちに人を食べていることがあるのよ
[PR]
by MameBean | 2007-10-12 09:06 | 借りた本─ミステリ

働きマン

結構イメージ通りでした。
菅野美穂演じる松方も、手をパーにして走る走り方が漫画そのまま。

週刊誌「JIDAI」の編集部のそれぞれの仕事に対する考え方が違っていて、松方との対比がおもしろい。
仕事しかない人生は嫌だという田中。
発車しそうな電車には駆け込まない成田。
ちゃらちゃらして仕事をするやつが大嫌いな菅原。

特に、仕事はテキトーにって考えてる田中と松方との、のれんに腕押しなバトルが見物です。
松方が言う「私は仕事したなぁって思って死にたい」って台詞はかっこいい。

原作を読んだ時もそうだけど、私も頑張らなきゃって元気が出る反面、なんかもやもや〜っとした気分になるのも事実。
「仕事をとるか恋愛をとるか」っていうテーマのせいかもしれない。
だって、お給料をもらっているんだから、仕事が定時までに終わらなかったら残業したり休日出勤するのは当然で、それで多少プライベートな時間が削られるのはやむないこと。だから大臣の秘書とのアポをとるか、恋人とのデートをとるかって言われたら、仕事をとるしかないんでしょー。それが「恋愛より仕事をとる」ってことになるのか‥‥、う〜ん。

でも今までドラマで仕事の話って医療系とか専門的な職業でしかリアリティを追求されていなかった感じがするので、編集者っていうわりと普通の職業をピックアップしているのは共感しやすいですね。

この漫画読んでから納豆巻をよく食べるようになりました。イソフラボン!

働きマンと同じく漫画が原作の有閑倶楽部はどんな感じになるんでしょー。
予告を見る限りかなり不安だ‥‥。
[PR]
by MameBean | 2007-10-11 08:43 | ちょっとブレイク