図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3/31 予約状況

・ たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ
・ A.R.Iのお菓子の提案−dailyマフィンとビスケット
・ かよさんのおうちカフェ12ケ月のお菓子レシピ
・ BAGEL&BAGELオリジナル・レシピ−We love bagel!
・ 使ってびっくり!重曹たった3本で家じゅうピカピカ
・ 木村料理道 2 
・ レタス・フライ
・ 風味絶佳
・ 檸檬のころ
・ かんたん、おいしい!マクロビオティックはじめてお弁当レシピ
・ 常備菜クッキングBOOK−忙しい人のお助けアレンジレシピ!おかずからお弁当まで−

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

レシピ本の予約が増えてますが、手元に未読の本がたまっています!
黒死館で手こずっている状況‥‥2週間かかって半分弱。
一旦返してしばらくしたらまたチャレンジします。
[PR]
by MameBean | 2006-03-31 11:47 | 予約状況
e0030112_17362080.jpg畑のそばでうまれたレシピ 温かい野菜料理にインスパイア(?)されて、野菜スープつくってみました。

新じゃが、玉ねぎ、にんじん、水煮大豆の入ったトマトスープ。

こんなスープは本には載ってなくていつも通りの作り方で、じゃあどのへんを参考にしたかと言うと、大豆をつぶすとこと。
半分はそのまま、もう半分を粗くつぶしてみました。

それだけなんだけど、ごはんにかけて食べると大豆のつぶつぶがまざっていい感じ。
[PR]
by MameBean | 2006-03-30 17:43 | 作ってみました
畑のそばでうまれたレシピ 温かい野菜料理
(植松 良枝 / オレンジページ)

 * * * * * * * *

スープ、パスタ、サラダ、煮込みものなど、野菜を使ったあたたかい料理のレシピ。


斬新で意外な料理、というわけでないけど、シンプルで野菜を生かした味付け。

青菜を少しの油とともに蒸したり、スープに粗くつぶした豆を入れてとろみをつけたり‥‥知っていると料理が美味しくなりそうなちょっとしたコツがたくさん。
面白いなと思ったのが、厚揚げをいろいろと活用しているところ。
花粉症の私は今の時期はなるべく動物性たんぱく質をとらないようにしているので、とても参考になった。
[PR]
by MameBean | 2006-03-27 19:15 |     ─料理・生活

オンナの妄想人生

オンナの妄想人生
(益田 ミリ / WAVE出版)

 * * * * * * * *

「もしも自分が○○だったら‥‥」
幼い頃(に限らないけど)だれしもがするであろう妄想について書かれた1冊。


「かっこいい幼馴染みの男の子とは家が隣同士」
「実は家がお金持ち」
「かっこいい男の子何人にも好かれる」‥‥などなど
ここで書かれてる妄想ってどれも少女漫画で読んだことがあるような設定。
女の子はだれしもこんなのに憧れるよね〜〜
毎月「りぼん」の発売日を心待ちにしていた時のことを思い出して、甘酸っぱい気持ちになりました。

ほぼ設定のみの列挙で、とくに一つづつを掘り下げて論じているわけではないけど
「私だったら‥‥」ってさらに妄想が広がる。


そんな私はまさに「モーソー族」!
[PR]
by MameBean | 2006-03-17 18:01 |     ─小説・エッセイ

青に捧げる悪夢

青に捧げる悪夢
(恩田 陸:近藤 史恵:小林 泰三:乙一:若竹 七海ほか / 角川書店)

 * * * * * * * *
 
恩田陸、乙一、篠田真由美など、豪華著者が書き下ろしたミステリアンソロジー。

「悪夢」をテーマにしたアンソロジーなのだろうか。
ホラーものが多かった。

その中で若竹七海さんの「三度のサマータイム」は青春恋愛ものっぽくてよかった。
ミステリやホラーの要素もありつつ、重くなく爽やかな読後感。
この話の続編のようなものがあるそうなので読んでみたくなった。
若竹さんの作品は初めてで、いろいろな作家さんの作品が読めるのがアンソロジーならでは。
お目当てで借りた乙一もリアルでよかったです。
[PR]
by MameBean | 2006-03-15 15:39 | 借りた本─ミステリ
ウー・ウェンの北京小麦粉料理
(ウー ウェン / 高橋書店)

 * * * * * * * *

ウー ウェンさんの代表的な本とも言える1冊。

ギョーザ、タンタン麺、ワンタン、春巻き、花巻き、パオズ‥‥などなど、北京の人々が日常食べている小麦粉を使った料理の手順が分かりやすく解説されています。

麺、皮、饅頭、小麦粉で作れるものって本当に多いんだなあと
小麦粉の威力をあらためて感じました。

基本となるこね方を覚えれば、発酵あり/なし、油を入れるなどといった手順を加えることでバリエーションが広がります。
冷蔵庫の残り物のお惣菜もパオズで包めば立派な一品になりそう。
[PR]
by MameBean | 2006-03-09 11:43 |     ─料理・生活

3/8 予約状況

3/8 予約状況

・ 黒死館殺人事件
・チョコレート工場の秘密
・たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ
・つくって、使って、リネンの雑貨−まっすぐミシン、ときどきステッチ。
・おとなの教養古典の女たち
・A.R.Iのお菓子の提案−dailyマフィンとビスケット−
・ウー・ウェンの野菜三昧の愉しい日々
・かよさんのおうちカフェ12ケ月のお菓子レシピ
・BAGEL&BAGELオリジナル・レシピ
・使ってびっくり!重曹たった3本で家じゅうピカピカ
・木村料理道 2 THE SARAキム’sスタイル
・レタス・フライ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

実は料理・生活雑誌やムックをけっこうよく借りています。
タイトルだけみて予約するので当たり外れが大きくて、今まで投稿していませんでした。
これからは当たりだと思った本だけでも紹介していこうと思っています。
[PR]
by MameBean | 2006-03-08 11:30 | 予約状況

ルパンの消息

ルパンの消息
(横山 秀夫 / 光文社)

 * * * * * * * *


15年前の高校女教師自殺事件。
「女教師は自殺ではなく他殺」というタレ込みが来た。
時効成立まであと1日。自殺か他殺か。また他殺なら犯人は‥‥?


本作は横山秀夫氏の処女作を改稿した作品。
くしくも時効と同じ15年という時を経て、出版になりました。

本作は時間のない状況下で、事件の関係者の供述によって状況が少しづつ明らかになっていきます。
捜査する警察と読者に与えられた情報は同じ。
そこからどのように事件を推理するか、読者への挑戦のようにも感じる。
そして「顔 FACE」同様、解決への糸口を与えるのは女性ならではの細かい視点。
いささか強引さのようなものも感じますが、人間模様にはグイグイ引き込まれます。
三億円事件も絡めるサービスもあり、充分に楽しませてくれます。
[PR]
by MameBean | 2006-03-06 10:33 | 借りた本─ミステリ