図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

顔 FACE

顔 FACE
(横山 秀夫 / 徳間書店)

 * * * * * * * *

D県警の元鑑識課の婦警、平野瑞穂を主人公とした短編集。

横山 秀夫と言えば‥‥の警察小説。
この作品では女性警察官(婦警)が主人公です。
D県警といえば陰の季節で舞台になったところ。平野瑞穂も登場しています。


女性として生きる女、女性であることを捨てて生きる女‥‥
様々な女性が登場します。
主人公も含め、それぞれが悩み傷ついたり、葛藤している。


社会で生きる女性誰もが抱える問題が、警察という組織を通して
描かれています。

組織で生きていこうと思うものの、そんな自分の姿を親には知られたくないと思う気持ち、
とてもリアルに感じました。

女性を描かせても上手ですね。
[PR]
by MameBean | 2006-02-21 19:04 | 借りた本─ミステリ

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身
(東野 圭吾 / 文藝春秋)

 * * * * * * * *

高校教師である石神は愛した女性を守るため完全犯罪を目論む。

「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「週刊文春ミステリーベスト10」で三冠を獲得。そして直木賞受賞。 ——すごいですね。

天才的な数学者が出てくるということで、森博嗣的な理系の世界を想像していたけど
ちょっと違いましたね。
だから理系のダメな私でも結構さくさくと読める。
ラストのどんでん返し(?)には‘どきり’としたけど、
純愛と呼べるかどうかはよく分からなかった。
ただ、こんな愛もあるんだ、という驚きはあった。

この作品はフェアかアンフェアか、
‥‥なんだかまたしてもスッキリしない感じ。
[PR]
by MameBean | 2006-02-15 19:44 | 借りた本─ミステリ

仮面山荘殺人事件

仮面山荘殺人事件
(東野 圭吾 / 講談社)

 * * * * * * * *

8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入し、全員人質に。
外部との連絡を断たれた状況で、1人が死体で見つかる‥‥。


念願の(?)直木賞受賞、「白夜行」もドラマ化され、
押しも押されぬ人気の東野圭吾。

「白夜行」が‘ ‥‥。’だった私には、本格ミステリらしい設定の方が合うかも、
と思って選んだんですけどね、この本。

結末は‘ まさかアレでは‥‥?’と想像できてしまうし、
しかもフェアとは言い切れないラスト。

消化不良‥‥^^;

次は「容疑者Xの献身」がやっと借りれるので、それに期待しようかな。
でもこれも本格ミステリかうんぬんで議論がわいてますね‥‥^^;
[PR]
by MameBean | 2006-02-03 19:14 | 借りた本─ミステリ