図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ちょっとブレイク( 151 )

「本屋大賞」の09年のノミネート作品が発表になりました。

 ・「悼む人」天童荒太(文藝春秋)
 ・「告白」湊かなえ(双葉社)
 ・「出星前夜」飯嶋和一(小学館)
 ・「ジョーカー・ゲーム」柳広司(角川書店)
 ・「新世界より」貴志祐介(講談社)
 ・「テンペスト」池上永一(角川書店)
 ・「のぼうの城」和田竜(小学館)
 ・「ボックス!」百田尚樹(太田出版)
 ・「モダンタイムス」伊坂幸太郎(講談社)
 ・「流星の絆」東野圭吾(講談社)

すべて未読です〜
概ね聞き覚えのある本ですが、「出星前夜」と「ボックス!」は初めて知りました。
昨年のミステリランキングで好評価の「告白」、「ジョーカー・ゲーム」は読みたいと思っていたところです。しかし、もう図書館の予約数がすごいですね。「ジョーカー・ゲーム」だけ予約しました。

これから2次投票が行なわれ、大賞発表は4月6日。
[PR]
by MameBean | 2009-01-21 17:45 | ちょっとブレイク

japan 蒔絵

e0030112_1719526.jpgjapan 蒔絵〜宮殿を飾る 東洋の燦めき

『China』は陶磁器のことを指しますが、『Japan』は漆のことなんですね。
蒔絵とは、漆に金箔や貝殻などを貼付けて、絵や模様を描いたもの。もとは中国大陸で生まれたものですが、様々なバリエーションができて発展したのは日本でのこと。かのマリー・アントワネットも好んで収集したとか。


日本人って器用だなー、とつくづく思いました。
レリーフ状に盛り上げて立体的に作られたものや、細かい線で緻密に描かれたもの。面白かったのが、お香の道具を入れるミニチュアの茶箪笥のようなもの。マッチ箱よりも小さな引き出しひとつひとつにまで細かく模様が描かれていて美しいのに、ちゃんと道具が納まる機能性も備えていて。しかし外国人にはその用途が理解できなかったようですが。
こんな小さいのならひとつくらい欲しい‥‥という思いになりますが、この展覧会オリジナルで作った蒔絵が、なんと100万円也‥‥。レプリカでこのお値段ですから。

e0030112_1716712.jpgこれはどこかの国の公爵が所有していた『マザラン公爵家の櫃』。4つの面にそれぞれ源氏物語の場面が描かれています。鳥瞰図で描かれた建物は細かく、十二単の女性の髪の流れる感じは美しく、山での狩りのシーンは動物の動きがユーモラスでかわいい。絵巻物を見ているようで、話が広がります。

それにしても漆ってすごいもので、平安時代に作られたものでも黒と金の美しいコントラストを保っています。海外に渡ったもののなかには、表面を保護するためにニスが塗られて、そのニスが酸化したことで漆の色が変色してしまったものもあるのだとか。漆本来なら1000年以上保つんですね。蒔絵を作る工程が展示してありましたが、漆と金だけじゃなく、朱を使ったりして微妙な色調を作り出していました。
[PR]
by MameBean | 2009-01-19 18:14 | ちょっとブレイク
e0030112_1828156.jpg
明けましてめでとうございます。

年末に去年のベスト10を挙げようと思ってたのに、バタバタしてしまいアップできなかったのが残念。
ちなみにざっと選んだ昨年のベストはこんな感じ。

サクリファイス
ゴールデンスランバー
ウォッチメイカー
絶叫城殺人事件
ヴァン・ショーをあなたに
七回死んだ男
鴨川ホルモー
有頂天家族
私の男

順不同です。
ややっ、鴨川ホルモーを読んだのは去年でしたか。同じく七回死んだ男もとは‥‥。いろいろなことがすごーく昔のことに感じられるとは、歳をとったな‥‥(笑)
絶叫城殺人事件やヴァン・ショーは全体としてはそこまで印象的ではないのですが、何編か印象に残るものがあったのでランクイン。
ここには書きませんでしたが、上巻を読んだチャイルド44は物語が加速し始めて面白くなってきました。下巻はまだ予約中なので今年のお楽しみです。


ふり返ってみると去年はあまり本が読めなかったなー、という印象が。
原因は目の疲れなんですよね。一日の半分くらいはパソコンのモニタを見てるから、目がショボショボ。仕事に差し支えない程度の読書を心がけます。


今年ものんびりとした更新になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by MameBean | 2009-01-05 18:57 | ちょっとブレイク

アンドリュー・ワイエス

e0030112_17191852.jpgアンドリュー・ワイエス〜創造への道程

アメリカの画家です。
ワイエスがどのように作品を制作しているのかがよく分かる展覧会でした。
ひとつの作品を仕上げるまでに生まれた、何点もの習作が展示されています。習作では手だけとか籠だけとかパーツごとに細かく描いていたり、構図が変わったり。
本番の作品よりも習作の方が好きだったりするものもありました。『火打石』や『幻影』なんかは習作の方がダイナミックで好きです。
習作は何点かあるのに肝心の作品は実物がなかったりしたのが残念でしたが。

今回は動物の絵が少なかったんですけど、ワイエスの描く動物が好きです。
ドライブラッシュを使って毛並みの一本一本までリアルに描かれた狐。人間も産毛まで、毛穴まで見えるようなリアルさです。

ワイエスの絵は物寂しい風景、死にゆく者なのにわずかに『生』を感じさせます。生と死はこんなにも近いんだと思わされます。
そしてアメリカにこんな物寂しく美しい場所があるというのはちょっと驚きです。
館内で上映されていたおじいちゃんになったワイエスのインタビューによると、最近ではハーレーに乗った友人を描いたりしているとか。老いてもなお新しいものにチャレンジする姿勢がすばらしいです。



e0030112_17173640.jpg渋谷に行ったついでに寄った、マークシティの通路に展示された岡本太郎の『明日の神話』。横30メートルの巨大壁画です。
[PR]
by MameBean | 2008-12-16 18:19 | ちょっとブレイク

鴨川ホルモーの茶巾絞り

e0030112_9424271.jpgオニの画像が公開されました。

目、鼻、口はないけど、茶巾絞りでなんとなく顔に見える‥…。
意外とかわいらしい感じです。
着ているものも立派だし。





e0030112_9483867.jpgそして、肝心の主要キャストは、栗山千明のボンちゃんが‥…!あのクールビューティーとは思えません。

映画は来年ゴールデンウイークに全国公開。
[PR]
by MameBean | 2008-12-10 09:08 | ちょっとブレイク
e0030112_17415522.jpg頂いたホームベーカリー、あまりにも手軽なので週1回はパンを焼いてます。

だいたいいつも作るのはクルミ、ごま、ほうれん草など甘くないパン。旦那氏は甘いパンが苦手なのです。

これはあまり形をとどめてませんが、フィグ、レーズン、オレンジピールをたっぷり入れたパン。
旦那氏はドライフルーツが苦手なので普段ならヒンシュクもののパンですが、1週間ほど海外に行っているのでここぞとばかりに食べちゃいます。

次はチョコチップを入れてみようっと。もちろん旦那氏はチョコが苦手です
[PR]
by MameBean | 2008-11-25 18:18 | ちょっとブレイク

麦輪小樽のベーグル

e0030112_18424855.jpg北海道でわざわざ買いに行った「麦輪小樽」のベーグル。

ここのベーグルは品川のDEAN&DELUCAでも取り扱っていますが、松屋銀座の北海道物産展に出店していたので買ってきました(現在はもう終了しています)。
現在販売を中止しているフィグ&ウォールナッツ、香りがすごくいいアールグレイ、むっちむちな食感で大好きな大袖大豆、今回初めて買ったモハベレーズン。

写真は大袖大豆のベーグルに、家にあったクリームチーズ&生ハムをサンドしたもの。生ハムの塩気がベーグルの甘さをひきたててます。
[PR]
by MameBean | 2008-11-12 19:04 | ちょっとブレイク

映画・容疑者Xの献身

e0030112_16315355.jpg観てきました。

予告を観た限り影の薄かった堤真一ですが、主役は堤真一でしたね〜。

圧倒的な演技力。「実に面白い」というあの台詞も湯川先生とは全く違うものになっていました。
そして花岡靖子に初めて電話した後の、あの顔‥‥!幸せを噛みしめるような表情にきゅきゅ〜んときました(笑)
石神役が堤真一と聞いた時は、原作ではモサい石神がイケメンになってしまうんじゃ‥‥と心配しましたが、かなりモサくなってましたね。
白髪まじりの頭とか、肩を落とし背中を丸めた感じとか、足を引きずるような歩き方とか。

しかしなぜか石神の趣味が登山になっていて、湯川とともに雪山に登るのですが、あのシーンはいるんですかね。吹雪でホワイトアウトのシーンはセットだろうけど、ちゃんと雪山でロケしたんだろうなー。ドラマではスポーツ万能!な湯川がバテバテなのはある意味貴重なシーンですが。
あと冒頭の実験シーンも、大掛かりな割にストーリーとは関係ないので必要だったのか‥‥。映画だからお金かけました!という感じが無きにしもあらず。

映画では多分泣かないだろうな〜と思ってましたが、最後の号泣シーンにはうるっときました。
ただ石神が自殺しようと思った理由はよくわからなかったのですが。

あと、花岡靖子の相手がダンカンか〜、と思ったり(笑)悪人役のイメージなんですけどね。
[PR]
by MameBean | 2008-11-09 22:48 | ちょっとブレイク
e0030112_1715849.jpg銀座三越のラデュレのサロンに行ってきましたー。

夜9時ごろ行ったら、待ち時間なしで入れました。実はサロンは夜11時までやっているんです。ただ、ケーキは売り切れが多くて4種類ほどしか残ってませんでした。

ショコラのケーキ「プレジール・シュクレ」とアールグレイ。
プレジール・シュクレはルリジュースやイスパハンに比べるとシンプルなルックスですが、パリパリの薄いチョコとクリスピー、ヘーゼルナッツなどが層になっていて繊細ですごく手のかかっている感じがします。
しかし、紅茶がなんか残念な味‥‥。1200円もしたのにー。やはりフランスはカフェですか‥‥。


e0030112_1722378.jpgラデュレと言えばのマカロンはテイクアウトしてきました。8個入りのみですが、サロンに入ればお茶している間に注文できます。色のバランスを考えて詰めてくれてますね。うっとりするような画像〜。

賞味期限が短いので食べきれない分は冷凍しました。いくつかパリで買ったのと同じ(気がする)ものがありましたが、やっぱりピスタチオがおいしかったなー。
[PR]
by MameBean | 2008-11-07 18:35 | ちょっとブレイク

流星の絆 1話&2話

まとめて2話観ました。

は〜〜、笑った〜〜。
原作は未読ですが、絶対こんな笑える話じゃないんだろうなー。東野氏がこんな台詞を書くはずがない‥‥。
これがクドカン脚本のなせる技ですか。

しかし要潤、一体なんなんですかあの人。いまのところまだハヤシライスを食べてませんが。
この人がきっと「仇」なんでしょうね。このあとどうやってシリアスな展開にしていくのか、気になりますね〜
[PR]
by MameBean | 2008-10-25 00:08 | ちょっとブレイク