図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年 10月 07日 ( 1 )

愚者のエンドロール

愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)

米澤 穂信 / 角川書店


神山高校の文化祭で2年F組が製作しているビデオ映画がやんどころない事情で中断せざるを得なくなる。
映画の結末を予想することになった古典部メンバー。

古典部シリーズ第2作。
本を開くとすぐに目につく館の見取り図。お、これは!館モノだな、とわくわく。なんともまぁ、単純な‥‥。
「館ものなのか!」と同じ台詞をはいた麻耶花と里志に笑っちゃいました。

前作で「氷菓」に込められた思いを明らかにしたホータローのもとに、文化祭で上映予定のビデオ映画の結末を推理する依頼が舞い込む。今回もまた成り行きで知恵を貸すことになる「省エネ体質」のホータロー。夏休みなのに何度も学校に出向くなんて、もう省エネ体質も返上なんじゃ?と思ってしまったり。
肝心の映画の結末は‥‥ほろ苦いですな。
あぁ、でもこれが青春。こうやって自分を知っていくんですよね。
そして最後の最後ですべての糸を操っていたある人物が明らかに。この方は一枚も二枚もうわてです。
[PR]
by MameBean | 2010-10-07 19:07 | 借りた本─ミステリ