図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンドリュー・ワイエス

e0030112_17191852.jpgアンドリュー・ワイエス〜創造への道程

アメリカの画家です。
ワイエスがどのように作品を制作しているのかがよく分かる展覧会でした。
ひとつの作品を仕上げるまでに生まれた、何点もの習作が展示されています。習作では手だけとか籠だけとかパーツごとに細かく描いていたり、構図が変わったり。
本番の作品よりも習作の方が好きだったりするものもありました。『火打石』や『幻影』なんかは習作の方がダイナミックで好きです。
習作は何点かあるのに肝心の作品は実物がなかったりしたのが残念でしたが。

今回は動物の絵が少なかったんですけど、ワイエスの描く動物が好きです。
ドライブラッシュを使って毛並みの一本一本までリアルに描かれた狐。人間も産毛まで、毛穴まで見えるようなリアルさです。

ワイエスの絵は物寂しい風景、死にゆく者なのにわずかに『生』を感じさせます。生と死はこんなにも近いんだと思わされます。
そしてアメリカにこんな物寂しく美しい場所があるというのはちょっと驚きです。
館内で上映されていたおじいちゃんになったワイエスのインタビューによると、最近ではハーレーに乗った友人を描いたりしているとか。老いてもなお新しいものにチャレンジする姿勢がすばらしいです。



e0030112_17173640.jpg渋谷に行ったついでに寄った、マークシティの通路に展示された岡本太郎の『明日の神話』。横30メートルの巨大壁画です。
[PR]
by MameBean | 2008-12-16 18:19 | ちょっとブレイク