図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヴァン・ショーをあなたに

ヴァン・ショーをあなたに
(近藤 史恵 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

下町の小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフがちょっとした謎を解決するシリーズの第2作。

 「錆びないスキレット」
 「憂さばらしのピストゥ」
 「ブーランジュリーのメロンパン」
 「マドモワゼル・ブイヤベースにご用心」
 「氷姫」
 「天空の泉」
 「ヴァン・ショーをあなたに」

本屋でこの表紙のイラストとタイトルのヴァンショーの文字を見て嬉しくなりました。またパ・マルのシェフとスタッフに会えるなんて。さっそく図書館で予約しました(本屋では買わない‥‥(笑))
今作ではオーナーが登場したりして、パ・マルの実態が少しずつ分かってきました。志村さんの猫好きやシェフのフランス修業時代やシェフに好きな人が‥‥!?など、各登場人物についても掘り下げられて、シリーズとして走り出した感じがします。ぜひ長寿シリーズになってほしいものです。
今作は苦みを含んだような後味の話が多かった中で、あったかい気持ちになれたのは「ブーランジュリーのメロンパン」と「ヴァン・ショーをあなたに」。
前作のようにお客の抱える問題を解決→ヴァンショーで慰める、という図式ではなくなってしまったけど、過去の話だったり語り手が高槻君以外の第三者の視点だったりとバリエーションを変えてきています。
そしてシェフがヴァンショーを作るきっかけとなった出来事が描かれています。今まで謎だった修業時代のシェフについて少し分かってきます。この人は昔から鋭い洞察力を持っていたんですねー。そして鰹節持参で海外に行くとはシェフらしいと言えばシェフらしい。
今作もおいしそうな料理がたくさん登場するのですが、中でもトリュフのオムレツとブイヤベースが食べたくなりました。そして忘れてはならないのがミリアムおばあちゃんのヴァンショー。奇しくもいま私自身風邪ひき中なので、十分にアルコールを飛ばしたヴァンショーが飲みたいなー。
[PR]
by MameBean | 2008-10-07 18:44 | 借りた本─ミステリ