図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

先端で、さすわさされるわそらええわ

先端で、さすわさされるわそらええわ
(川上未映子 / / 青土社)

* * * * * * * *

ミュージシャンでもある著者のデビュー作を含む7編。

表題作を含め各話のタイトル名からして、強烈な個性を放っています。
そして、文法にとらわれず、津波のように押し寄せてくるその文章は‥‥カオスです。なぜかのだめに出てくる、とぐろシチューが頭に浮かびました。千秋先輩から見たのだめってこんな感じなのかなー、とふと思ったり。
この流れにハマれれば、とても面白いと思います。7編あるのでどれかはダメでもどれかにはハマるかも。私は「少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ」(すごいタイトルだ‥‥)と、「ちょっきん・なー」にちょっとハマりました。こどもの視点が面白かったなー。手首をぎゅっと握ると卵がぽっこりふくらむの、やったやった。懐かしい。
表題作を読んで全部読めるか、かなり不安になりましたが、他は比較的読みやすかったです。
Wikipedia見て気づきましたが、これって詩集だったんですね。どうりでストーリーがないはず。川上氏初読みのため、こういう文章書く人かと思いましたよ。んん、最初っから難易度の高いものを選んでしまいましたー。
[PR]
by MameBean | 2008-07-31 19:02 | ─小説・エッセイ