図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

私の男

私の男
(桜庭 一樹 / / 文藝春秋)

* * * * * * * *

震災で家族を失った花は、遠い親戚である腐野淳悟に引き取られた。それからずっとふたりは一緒に生きてきた。
第138回 直木三十五賞受賞

この手の話は苦手です。この本を予約したものの、読むことに気が進みませんでした。でも読みはじめると、この親子にはどんな過去があったのか、どんな罪を犯したのかを知りたい気持ちの方が大きくて、夢中になって読んでいました。こういったミステリの要素があったから読めたんだと思います。

物語は花の結婚式の前夜から始まります。そして、視点を婚約者へ、花へ、淳悟へと変えながら、時間も遡りつつ、少しずつふたりの過去が分かっていきます。赤朽葉家を読んだときも思いましたが、桜庭さんは構成が秀逸ですよね。
やはりと言うか、花と淳悟の親子を超えた関係には理解できないものがあります。淳悟は、花のことを「血の人形」と言う。失ったものを血の中に求める姿には共感できなかった。家族って、親ってそんなんじゃないという気持ちが大きかった。でも反発しつつも、この親子には何か惹かれる部分があったのも事実。それが具体的には何なのかは、難しいな‥‥。花と淳悟が持つ、独特の雰囲気だったり匂いだったりするのかな。

物語の終盤、ふたりの犯した罪が分かってからの展開は何だかあっけなかったように感じました。前半を夢中で読んだだけに、フェードアウトするような終わり方に肩すかしをくったような。私がミステリとして読んじゃってたからでしょうか。読みが甘いのかなー。

 死に別れても、だから、それは別れじゃないんだ。
 自分のからだに血が流れている限り、
 人は、家族とはぜったいに別れない。
[PR]
by MameBean | 2008-07-11 18:37 | ─小説・エッセイ