図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

鹿男 第7話

「学校を辞めたい」と言い出し、学校に姿を見せず家にも帰っていない堀田さん。心配した小川先生と藤原先生が捜したところサウナで発見し、藤原先生の部屋に泊めることにする。早朝の小川先生と藤原先生の会話を聞いた堀田さんは小川先生の手を取り駆け出す。その先には鏡が‥‥な今回。堀田さんがサウナにいたと分かった時の小川先生の嬉しそうな顔が印象的です。オヤジと言われたのが相当ショックだったのでしょう(笑) 

堀田さんの正体が判明。そしてネズミの正体も‥‥という2つが今回の目玉でした。
正直、それらが分かる後半までが進展がなく、中だるみした感じでした。
堀田さんが説明する『使い番』と『運び番』の役割はすごく分かりやすかったです。原作読んでいるくせに今ごろ分かりました。図解っていうのがポイントですね。


えーと、このあと何やるんでしたっけ? 『目』の正体意外にあったっけ?
記憶にないなー。ドラマオリジナルの展開でもあるのでしょうか。
[PR]
by MameBean | 2008-02-29 20:21