図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

絵解き江戸しぐさ

絵解き江戸しぐさ
―今日から身につく粋なマナー

(和城 伊勢 / / 金の星社)

* * * * * * * *

図らずも『吉原手引草』と江戸つながりになりました。
東京の人口約120万人。休日出かけるとどこに行っても人だらけで、ちょっとした他人の行動でイライラしたりストレスを感じて、家に帰ってくる頃にはぐったりしてしまうことがしばしば。東京は人が多いから仕方がないのかと思っていましたが、驚くことに東京が江戸と呼ばれていた頃にも同じくらいの人がいたのだそう。

しかも江戸は面積の8割が寺社と武家で占められていたので、人々が住んでいたのは残りの2割。そして東京と同じく、生活習慣も文化も違う日本各地から人々が集まっていた。そんななかでたがいにトラブルを避け、皆が気持ちよく暮らすために自然と生まれたのが『江戸しぐさ』。

狭い道で肩がぶつからないようにする『肩引き』、すれ違う相手に雫がかからないようにする『傘かしげ』、電車が混んできた時に座席を少しずつ詰める『こぶしうかし』。公共広告機構のCMで目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。『しぐさ』とは言っても、動作が重要なのではなく、相手を思いやる気持ちが根本にあるようです。

知っている人だと気を使ったり親切にできるけど、見ず知らずの人を思いやる気持ちって忘れがちですよね。同じ電車に乗っている人を、人だと認識していないような人もいたりするし。ちょっとしたことでトラブルに発展しがちな今の時代にこそ、江戸しぐさは必要なものだと思います。さっと江戸しぐさができる粋な江戸っ子になりたいものです。

ちなみに江戸っ子かどうかを見分けるポイントは次の4つだそう。
 一 目の前の人を仏の化身と思えること
 二 時泥棒をしない(他人の時間をむだにしない)
 三 肩書きにとらわれない(家柄・学歴・職業などを気にしない)
 四 遊び心を持っている(文化などに関心が高く、造詣が深い)

そういえば、この本の表紙を見て『風が強く吹いている』に似ているなー、と思ったら、挿画が同じ方(山口晃氏)なんですね。公共広告機構のCMも山口氏だとか。『風が…』同様、すみずみまでじっくり見たくなるような味わいのある絵です。
ちなみに本書では山口氏は表紙のみで中のイラストは別の方です。
[PR]
by MameBean | 2008-02-27 18:10 |     ─小説・エッセイ