図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

吉原手引草

吉原手引草
(松井 今朝子 / / 幻冬舎)

* * * * * * * *

吉原で人気絶頂の花魁『葛城』が忽然と姿を消した。
第137回直木賞 受賞作


ある男が葛城について関係者に訪ね回っている体裁で話が進みます。
葛城とは何者なのか?葛城の関わった出来事とは何なのか?葛城についていろいろと聞き回っているこの男は何者なのか?
終盤まで一向にそれらが見えてきませんが、吉原には様々な職業の人が働いていて、その人たちが語る吉原のシステムやしきたりなどの話を聞いていると実際に吉原に足を踏み入れているような気分になります。吉原には吉原なりの決まり事があって、何も知らない者がひょいと花魁と一夜をともにできるのではない。手順を踏んでやっと言葉を交わすことができ、さらに馴染み客になるにはお金も時間もかかるらしい。はー、殿方も大変ですなー。
花魁が使うアリンス訛と言われる『…ありんす』『…おざんす』などといった独特の廓言葉とかもいいですねー。思わず日常で使ってみたくなりますが、この言葉には地方から吉原にやって来た子のお国訛りを隠す意味もあることを知るとちょっと複雑です。
すべて話し言葉で書かれているので、人によって職業によって異なる語り口調が当時の気配を感じさせてくれます。

吉原には出入り口はひとつしかなく、周りはお歯黒溝と呼ばれるお堀がめぐらされています。見世(みせ)にはたくさんの人の目があり、吉原はいわば大きな密室とも言える。そんな中から葛城はどうやって姿を消したのか? 答は途中から予想がつくもので、ミステリとして読むと物足りなく感じますが、終盤のするすると糸が解けるように事件の全貌が明らかになる感じがすごく気持ちよかったです。
最後に明かされる、葛城について聞き回っているの男の正体にもちょっとした驚きがあります。
[PR]
by MameBean | 2008-02-26 18:57 | 借りた本─ミステリ