図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ユナイテッド93

ユナイテッド93
(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン)

 ♯ ♯ ♯ ♯ ♯ ♯

2001年9月11日、午前8時42分にニューアークからサンフランシスコに向けて飛び立ったユナイテッド航空93便。離陸後ほどなくして機はテロリストに占拠された‥‥。


世界貿易センタービルに2機の飛行機が突っ込んだ瞬間の映像は今でも鮮明に記憶に残っています。しかしあの時ハイジャックされた飛行機が4機だったということは記憶の片隅にしか残っていませんでした。
2機が貿易センタービル、1機はペンタゴン、もう1機は‥‥。ただ、突入に失敗したのだと思っていましたが、そこにはハイジャック犯に勇敢にも立ち向かおうとした乗客の姿があったことは初めて知ることでした。

9.11の出来事を描いた映画ということで、最初から何が起こるか分かってしまいます。周りの人とおしゃべりしたり仕事の電話をしたりという何気ない空港の風景ですが、その時にむけて刻一刻と時間が迫っているのが分かってしまっているのが切なく哀しい。
ハイジャックが起き情報がなく混乱する管制塔や、ユナイテッド93の乗客・乗務員たちの様子を余計な演出を加えず、ドキュメンタリータッチで描いています。自分の乗っている飛行機がどのような状況におかれているのか分かった時の乗客たちの行動。恐怖に怯える人もいれば、武器になるものを集めて立ち向かおうとする人、外部に状況を電話で伝える人、家族に電話をかける人。電話をかける人が多かったのですが、最後に伝える言葉が皆『I love you』なのに胸がいっぱいになりました。たしか、実際に家族にあてた電話の音声記録が残っているんですよね。
そして、4人のハイジャック犯につていても単なる悪人としてではなく、平等な視点で描かれています。神に祈りを捧げている姿や乗客が反撃してこないか怯えている姿に、彼らもまた人間なのだと思わせてくれます。だからといってハイジャック犯のしたことは許される行為ではないし、ここで描かれていることがすべて真実だという確証はありませんが、関わった全ての人たちを平等に描くことで、復讐心を煽ることなくこの事件を多くの人の記憶に残そうとした努力が伝わってきます。

それにしても、このテロが予想だにしなかったものだとは言え、最初の飛行機にハイジャックの可能性があった時点で、どうしてすべての飛行機の離着陸を禁止しなかったのか、どうしてコックピットのドアを開けてしまったのか‥‥様々なことが悔やまれます。この出来事から私たちはいろいろ学び取って、今後に活かしていかなくてはならないのでしょう。
[PR]
by MameBean | 2008-02-18 18:59 | 映画・DVD