図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ガリレオ最終回 他

今ごろ見ました、ガリレオ最終回。

なんだなんだ、あの装置は。 『赤か、青か!?』だなんて、漫画というよりコントだよー。
しかし、内海刑事がピンク好きとは思いませんでした。ジャケットのインナー青だったし、原色のイメージだし。
レッドマーキュリーの装置の『いかにも』な見た目、『いかにも』な拘束方法が、明らかにドラマオリジナルでしょうねー。東野氏はどう思っているんでしょう。

このドラマは毎回内容が理解できるものではないので、なんとなーくいつも流して観てましたが、最終回、今まで以上によく分からんぞ‥‥。藤川があんなことをした理由。武器商人だとしてもどうして彼が‥‥?事件にレッドマーキュリーは関係なかった?
それにしても武器商人って言葉、バイオハザード以外で初めて聞いたな。久米さんの演技はちょっとぎこちなかったけど、ひとり『京子‥‥』とつぶやきながらその時を待っているシーンはよかったなーと思います。
栗林さんはなんだかんだで湯川先生のことを思っているし手伝ってくれるし、いい人だなー。


ガリレオ以外に観ていたのはモップガール。
桃子の聞き間違い、大友さんの外人好き、横内警部『補』のやり取り、そして『もげっ‥‥!』って時間が戻るシーンなどなど、お決まりのパターンが多くて、こういうの好きです。シリーズ化とかされそうですね。
そして、ヘン顔したりリュックにトレーナーのセンスのない格好したりしても、かわいい人は何してもかわいいんだなーという事実。


有閑倶楽部や働きマンは、結局数回観ただけでした。面白いんだけど、原作通りだし、わざわざ観なくてもなーという感じで、ずるずる録画がたまってしまいました。時間のある時に観ればいいや、と思うのは結局観なくなりますね。

あと、まだ放送中のSP。こちらは岡田君や堤さん、真木さんのアクションシーンが見物ですが、金城一紀が原案・脚本なので、けっこう細かいところも練られていると思います。
身代金を株で‥‥とか、爆発方法が何かのガスと何かの液体‥‥とか。分かる人には分かる描き方だったりして、そういうのが分かるとうれしい。井上が人より記憶力や五感が優れているのも、ナントカという物質が人よりも多くて、それは幼少期に体験した出来事が関係しているらしいです。そしてその出来事がドラマ全体にも関わってきていそうな予感が漂っています。

こちらでも公安の田中君とか、お毒味係とか、お決まりのネタがあって掛け合いも面白いし、毎回楽しみです。
放送時間が45分とちょっと短いのもまた、気軽に観れる理由。
[PR]
by MameBean | 2007-12-21 19:32 | ちょっとブレイク