図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タルト・タタンの夢

タルト・タタンの夢
(近藤 史恵 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

自らのお店に〈悪くない〉と名付ける、ちょっと風変わりなシェフがいる、フレンチレストラン〈パ・マル〉。シェフはお客さんの話を聞くだけで、出来事の真相を看破してしまう‥‥。7つの連作短篇集。

本を読んでいると、その中に出てくる食べ物の印象が強く残ることが多いのは、私の食い意地が張っているからでしょうか。この前読んだ女王国の城でも、人類協会での食事にハムカツや目玉焼きが出てたことがなぜか記憶に残っています。アリバイとかはすぐに忘れるのになー。
食べ物、安楽椅子探偵、コージーミステリ、というキーワードがミミズクとオリーブに似た感じでもあります。ハイペースで長編を読んだ後なので、このほんわかした雰囲気に癒されました。

常連の西田さんはなぜ体調をくずしたのか? 甲子園をめざしていた高校野球部の不祥事の真相は? フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?
血なまぐさい事件は起こらず、当事者でさえきっかけが思いつかないくらいささいな出来事。
これらの出来事の真相を看破する安楽椅子探偵はレストランのシェフなので、料理人ならではの知識と洞察力で真実にたどり着きます。そして料理人ならではのやり方で、お客を癒してあげたり、気づかせてあげたり。そんな時、きまってシェフがそっと差し出すのが、シェフ特製のスパイスを入れたホットワインであるヴァン・ショー。ヴァン・ショーってフランスの家庭では、風邪をひいていたり疲れている時によく飲まれているものなんだそう。シェフが伝えたのは、相手のことを思いやる気持ちなんじゃないかなー。

お客からの伝聞だけでレストランの中でのみ繰り広げられる物語なので、ともすると単調になりがちですが、料理の味や食感や香りのようにさまざまで奥行きがあります。タイトルに用いられている料理の他にもたくさんの料理が登場し、その料理の描写がまた秀逸なんですよ。食べたい‥‥。

「タルト・タタンの夢」
「ロニョン・ド・ヴォーの決意」
「ガレット・デ・ロワの秘密」
「オッソ・イラティをめぐる不和」」
「理不尽な酔っぱらい」
「ぬけがらのカスレ」
「割り切れないチョコレート」
目次には各話のタイトルがフランス語とともに並んでいて、まるでメニューのようなレイアウト。こういう遊び心、いいですね。各話が独立した短編集のようになっているので、コース料理のように順番に読んでもいいし、アラカルトのように好きな話から読んでもよさそう。読み終わると、極上のフレンチを食べたようでお腹いっぱいです。

めっきり冷え込んできた夜に、ヴァン・ショーでも飲みながら読みたい、そんな1冊。
[PR]
by MameBean | 2007-12-11 18:57 | 借りた本─ミステリ