図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

インシテミル

インシテミル
(米澤 穂信 / / 文藝春秋)

* * * * * * * *

『時給1120百円』つまり11万2000円という破格の条件で募集された<人文科学的実験の被験者>のアルバイト。
仕事の内容は、地下空間である「暗鬼館」で7日間を過ごすこと。この仕事に12人の男女が集まった。


 警告
 この先では、不穏当かつ非論理的な出来事が発生し得えます。
 それでも良いと言う方のみ、この先にお進みください。

ちょうどこの本を読んでいる時に知人2人に『何読んでるの?』って聞かれたので、『館に集まった人たちに凶器が与えられて、次々人が死ぬ話』とそれぞれに説明しましたが絶句されました。この説明もどうかと思いますが、改めて自分でも何読んでるんだろ‥‥。ミステリ読む人にはふ〜んって普通な説明だと思いますが、そうじゃない人にはギョッとする説明なんですね。今ごろ理解しました。これからはミステリとだけ言っておこう。でもギョッとされても人死ぬ話好きだよねーとか言われてもいいんです。好きだから。とくにクローズド・サークル。
そしてこの本の中でも、ミステリ読みとそうでない人とのズレがテーマな感じがします。

インディアン(ネイティブアメリカン)人形、十戒、火かき棒。
序盤から出てくるモチーフに、ほほ〜と思ったあなたはミステリ読み。いま思えばここで試されてたのかなー。最初の警告文にある「不穏当かつ非論理的な出来事」とはミステリ読みに向けられた言葉でしょう。もっともここで読むのをやめるミステリ読みはいないでしょうけど。

ルールにより「探偵役」や「助手役」にはボーナスが出る事が分かり、自然と推理合戦が繰り広げられますが、綻びのない推理を開陳してみても犯人とみなされることに。
話が違う!と声を上げても、ミステリの論理とは違う論理で事が進んでいるんだからしょうがない。ここではミステリのルールよりも空気を読む事が重要。序盤からそれが分かっていたのに、終盤のあの展開は主人公のみならず私も寝耳に水でした。ミステリ読みの思惑を逆手に取ったようで、うまく嵌められたなと嬉しくなります。騙されたり嵌められたりして喜ぶのもミステリ読みくらいでしょうね。

「ミステリ読み」「ミステリ読み」と書きましたが、決してミステリ読みでなければ楽しめない作品ではなく、館の設計や凶器それにルールなど、どれひとつとってもきちんと理由があって、そういうのが判明していくのがすごく面白かったです。実験の〈主人〉の意図するところや参加者の背景などがほとんど描かれないので、純粋に推理に没頭できる作品になっています。


私は米澤氏の作品は小市民シリーズしか読んでいないので、今作は小佐内さんの別の顔を見たときのような、意外な感じでした。でも主人公が周りの空気や自分の立ち位置を気にするところは、小鳩くんや小佐内さんに近いものがありますね。そういう人は探偵には向いてないんだな〜。
探偵は空気読めない人ですから。
[PR]
by MameBean | 2007-11-29 09:14 | 借りた本─ミステリ