図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

使命と魂のリミット

使命と魂のリミット
(東野 圭吾 / / 新潮社)

* * * * * * * *

大動脈瘤で命を落とした夕紀の父。父の担当だった医師・西園と母が付き合っていると知った夕紀は、父の死に疑問を抱く。そんな気持ちを抱えたまま夕紀は医者になり、西園の元で研修している‥‥。

同じ病院の出来事でもチーム・バチスタとはえらく違うな。あっちがちょっと変わってるんでしょうが、こちらはかなり硬質な文章。でも、ベテランナースと研修医の関係とか、患者の研修医に対する位置づけとか、研修医の葛藤のようなものはチーム・バチスタには描かれていなかったものなのでおもしろい。

父の死に疑惑を抱き続けたまま病院で研修をしているなか、起きた脅迫事件。

ただの悪戯とも思えたそれがある人物と繋がった時のゾクリとした感覚。こういった感覚が、ミステリを読んでいておもしろいと思える瞬間ですよね。
父の死、父がかつて関わった事件、西園教授、病院に入院している会社社長、今回の脅迫事件、これらに関する夕紀の疑問が一気に晴れます。それが気持ちよくもありますが、犯人が最後に仕掛けた仕掛けが判明してからの最後の展開が、余りにもすらすら〜っといき過ぎていてちょっと物足りない感じも。被害者が善人で犯人が悪者、というわけじゃないからでしょうか。

仕事を辞めることになっても自分は使命を果たしたという父。
組織に背いてでも使命をもって捜査を続けている七尾刑事。
犯人もまた犯人なりの使命を持っている。

頼りない感じだった望もまた最後の最後で使命感を見せます。それまでは‥‥かなりやきもきさせられました。
夕紀の父は誰もがその人しか果たせない使命というものを持っていると言う。果たして自分の使命とは‥‥。う〜ん。そういえば、タイトルの使命って言葉は分かるとして、魂のリミットとは何ぞや?「使命」と「魂のリミット」なのか、「使命と魂」の「リミット」?リミットが何にかかるのか、さえ分からない。私の読解力不足でしょうか?あう〜〜。こんな私にも使命はあるのでしょうか‥‥。


 人間というのは、その人にしか果たせない使命というものを
 持っているものなんだ
 誰もがそういうものを持って生まれてきているんだ
[PR]
by MameBean | 2007-10-31 17:26 | 借りた本─ミステリ