図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

秋ドラマ始まりました

だいたい観たいと思っていたドラマの初回が終わりましたので、以下感想などつらつら〜

■モップガール
強い思いを残して死んだ人の持ち物に触れると、時間を遡ってしまう桃子。

たしか『時をかける少女』や『ドラえもん』などでは、タイムリープしても過去を変えてはいけないという約束だったような。『モップガール』ではわりとあっさり過去を変えてしまっています。
友達に原稿をなくさないように注意をさせる、くらいはいいと思うんだけど、銀行強盗をしようとしている恩師を止めるのはどうなんだろう。今回は亡くなったのが知り合いだったから助けたという面があるけど、次回以降どんな風に展開するのか興味があります。
桃子は筋金入りに鈍くさいんだけど、演じてるのが北川景子だから、眉毛が『へ』になった顔とでもかわいいなー。1回失敗しているから、タイムリープした際、割とソツなくこなしてたりして、学習してますね。
カモノハシはほ乳類なのに卵を産むけど、変わってるわけじゃないっていう話、とっとウルウルきました。

■歌姫
観るつもりはなかったのでなんとな〜くで観始めましたが、昭和な感じと土佐弁のいい味が出てました。長瀬智也のドラマで観たことがあるのは『マイ★ボス マイ★ヒーロー』くらいかな。あの“ はにゃ? ”とか好きだったなー。
太郎と鈴のきょうだい喧嘩みたいなやりとりがかわいかった。歌姫ってタイトルだけど、主役は長瀬智也?今後の展開が読めないけど、鈴のお父さん役が高田純次だったりして登場人物がおもしろそう。


■ガリレオ
原作読んでいないので、湯川准教授というと『容疑者X』だけの印象です。
特にがっかりすることもないけど、わりと普通‥‥? これで変人よばわりされるのか。
月曜にめざましテレビに福山雅治と柴咲コウがでてて、“ 今後ふたりに恋愛に発展する予感は? ”って質問があったけど、やっぱりそういう展開を考えてのキャスティングなんですね〜。恋愛ドラマ以外でも恋愛の要素って必要なのかな〜?と思ってしまう。
内容は倒叙で犯人は分かっているけど、どうやって殺したのか?というのを、ガリレオ先生が実験で検証する。今後もこういう形式で進むんでしょうね。それにしても毎回あんな大々的な実験をするんでしょうか。
薫が女の武器を使い、ガリレオ先生が最後に嘘だと気づくくだり、笑いました〜 素直に謝れないとことか、不器用な感じがかわいい。

■有閑倶楽部
花より団子、山田太郎ものがたり、とセレブな高校生が続いてますね。
でも有閑倶楽部が元祖でしょー。セレブなんて言葉がなかった頃から漫画でやってますから。
魅録が主役ということ以外にも清四郎はすだれヘアーじゃないんだな、とかいろいろと気になってしまいますが、まぁこれはこれでありなのかも、と後半になって思えてきました。あ、原作通りだったのは男山(笑)。
それにしてもこのドラマを見てると、甲子園球児たちが年下になった時の一抹のさびしさに似た感じがします。
有閑倶楽部をりぼんで読んでいた時はたしか小学生のころだから、高校生ってすごく大人に思えてました。いつしか高校もとうに卒業しても、有閑倶楽部のメンバーはそのとてつもないセレブっぷりから年下だとかいう範疇になかったんですよね〜。しみじみ‥‥。
[PR]
by MameBean | 2007-10-17 08:10 | ちょっとブレイク