図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

双頭の悪魔

双頭の悪魔 (創元推理文庫)
(有栖川 有栖 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

四国の山奥にある芸術家の村へ行ったまま連絡の取れないマリア。アリスたち推理研のメンバーは大雨のなか村への潜入を図るが失敗。ほどなく村唯一の交通路である橋が流された‥‥。

江神シリーズ三作目。
ずしりと重く、片手で持つと(つり革に掴まっているので)腕がつりそうな長編。前作のように情感たっぷりで草いきれまで感じられる描写は有栖川有栖テイストだなー。

前作ではモチ・信長先輩の両名の出番がなく残念だったので、今作こそは全員そろって‥‥と期待しましたが、またしても離ればなれ。いつになったら全員揃うのでしょうか。最新作の『女王国の城』ではどうなんだろう‥‥?

川で分断された隣同士の村に、江神&マリア、望月&織田&アリスという風に分かれてしまい、連絡も取れなくなってしまいます。そしてそれぞれの村で殺人事件がおこり、それぞれが事件を解決し、さらに江神さんは隣村で起こった出来事をも含めて、事件の真相にたどり着きます。

事件としては大掛かりなトリックがあるわけではなく、可能性をひとつひとつ検証・消去していくという地道な推理で犯人に対峙します。2つの村で起こった事件を同時に知ることができた読者は、江神さんより有利な情報を得ているはずなのに、3度も差し込まれる“ 読者への挑戦状 ”は、最後まで解答にたどり着きませんでした〜 

でも、推理しようと思ってミステリを読んでいるんじゃないからいいんです(いいのか、そんな読み方で^^;)。この本は、孤島パズルの事件で傷ついたマリアが、自分自身と向き合うことで事件の傷を乗り越えようとする、成長の過程を描いた物語でもあるんですから。その成長を温かく見守っているのが江神さん。その江神さん自身も、今まで語られなかった家族のこと、過去のことが少しだけ語られて、時おり江神さんが見せる陰のある表情の理由が少し分かったような気がします。なんか危うげなんですよね〜、江神さんって。そこが母性本能をくすぐるのか(笑)。

 人は知らないうちに人を食べていることがあるのよ
[PR]
by MameBean | 2007-10-12 09:06 | 借りた本─ミステリ