図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

レミーのおいしいレストラン

抜群の味覚と嗅覚を持つネズミのレミーは、今は亡き天才のシェフ・グストーに憧れ、自分もシェフになろうと夢を抱くようになる。しかしある日、家族とはぐれ独りぼっちになったレミーは、パリにあるグストーのレストランにたどり着く。

 ♯ ♯ ♯ ♯ ♯ ♯


e0030112_186598.jpg
今度はちゃんと上映期間をチェックして映画館に行きました。

レストランにとっての天敵であるネズミをあえてシェフにするって発想がすごい。二足歩行をし、ちゃんと手を洗っているとはいえ、ネズミですからね。ネズミが時々本物に見えて “うっ” ってなりますが、昔からネズミキャラ好きだったので、それを差し引いても有り余るかわいさ。でもネズミがダメな人は観れないシーンも多いかも。

虫の世界のバグズライフ、おもちゃの世界のトイストーリー、モンスターの世界のモンスターズインク、海の中のファインディングニモ‥‥。
ピクサーが描くのは人間界じゃない世界が多く、人間はちょっと悪者に描かれていたりして、魅力のある人間のキャラクターって少ないなーと思っていました。

でも、くねくねしてて頼りないリングイニも、女ながら男の戦場であるキッチンでがんばるコレットさんも、難件ものレストランを閉店に追い込んだ辛口料理評論家のイーゴも、それぞれが全然違うキャラクタで魅力的。とくに最後のイーゴの書いた記事はじーんときました。味覚っていろいろな記憶を呼び覚ましますよね。
パリの町並みが華やかできらびやかで、実際に行ったような雰囲気を味わえます。いいな、パリ。激しく行きたくなりました。

そして、オープニングからエンディングまで凝っていて楽しませてくれるのは、さすがディズニー。もう難しいことを考えずに映画の世界に入り込めて、安心して観られる、これぞディズニー映画でしょう。

観ている間お腹がグーグーうるさかったです。
原題は『RATATOUILLE』。あー、ラタトゥーユが食べたい!
[PR]
by MameBean | 2007-10-03 18:59 | 映画・DVD