図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版
( ワーナー・ホーム・ビデオ)

 ♯ ♯ ♯ ♯ ♯

三大魔法学校が魔力を競い合う三大魔法学校対抗試合に、立候補をしていないハリーがなぜか代表の一人に選ばれてしまう。ハリーは難関を突破できるのか‥‥?

今作はわかりやすかった‥‥! ハリーの過去について触れられていなかったからでしょうか。ハリーの過去の話になると、頭が追いつかなくなるんですよね。
今回は三大魔法学校対抗試合というのをメインに、舞踏会という派手なイベント。そして、アノ人の復活?——という重要な局面も迎えます。

資格を満たしていないし立候補もしていないのに選ばれてしまったハリーに対するみんなの嫉妬。とくに親友であるロンの嫉妬は悲しい。ロンはお子ちゃまだな。
伝言の伝言のそのまた伝言とか、後でハリーに分かるわけないだろって言われちゃったり。素直じゃないだけで、心配はしているんですよね〜
なぜハリーが代表に選ばれることになったのか、そこにはおそろしい計画が絡んでいたことがラストで判明します。

いつもの友情の物語に初恋という要素が加わって、それぞれがうまく思いを伝えられないのがもどかしくも微笑ましい。意外な一面を見せたのが、ネビル。彼は恋愛に向いている体質なのかも〜。そしてロンの気持ちにも変化が起こりつつあるのが、じれったいような、でもさびしいような感じですよ。
ハリー、ロン、ハーマイオニーの友情も今後形を変えていきそうだけど、絆はどんどん深くなるんでしょうね。

「休みは手紙ちょうだいね」と言うハーマイオニーに、「僕が書くわけ無いだろ?」と言うロンと「毎週書くよ」と言うハリー。なんかいいラストでした。

e0030112_1732349.jpg

←伯母さんの匂いのするマント〜
 いちばん笑ったとこです。で、一番好き(笑)。
[PR]
by MameBean | 2007-09-14 18:58 | 映画・DVD