図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

恋恋蓮歩の演習

恋恋蓮歩の演習
森 博嗣 / / 講談社

* * * * * * * *

豪華客船ヒミコ号に乗ることになった阿漕荘の面々。
航海中の船内で銃声がし、一人の男が忽然と姿を消した‥‥。

Vシリーズ第6作

空中が舞台の『魔剣天翔』の次は海。
船の上から消えた男性と絵の謎のお話です。消えた絵は関根朔太の自画像。
関根朔太は魔剣—にも出てきた画家ですね。
で、これを追うのが保呂草さんと、前作にも登場した各務亜樹良および関根朔太の義父。

前作のバックグラウンドがあるから、ストーリーや結末に奥行きがありますね。
練無が日曜は朝練をしないことにした、なんてちょっとしたことも、前作の余韻を引きずるようで切ない。

そう、今作も切ない。前半がラブストーリーのようで、SMシリーズの『今はもうない』を思い出しました。森氏の描くラブストーリー(森氏的に書くなら“ストーリィ”ですね)、好きです。
そして『今はもうない』同様、すっぱりと騙されました。でも騙されてよかったとさえ思えます。そんな爽快感。

シリーズを通して各キャラクタがさらに魅力的になってきました。
イマイチ掴めなかった保呂草さんがやっと分かったきたような。『捩れ屋敷の利鈍』でエンジェル・マヌーヴァに執着していたこととか。残るは林警部かな。

あ〜、でもシリーズ未読は『六人の超音波科学者』『朽ちる散る落ちる』『赤緑黒白』の3作になりました。
シリーズを読み終わるのもまた切ない〜〜

英語タイトルは A sea of deceits
 deceit=だますこと、うそ、偽り、ぺてん
[PR]
by mamebean | 2007-08-06 17:58 | 借りた本─ミステリ