図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光
(海堂 尊 / / 宝島社)

* * * * * * * *

東城大学医学部付属病院にはバチスタ手術という心臓手術の専門チーム「チーム・バチスタ」があり、次々に成功を収めていた。
だが、そのチームに立て続けに三件の術死が起き、内部調査を依頼されたのは外科オンチの万年講師・田口。
術死は事故なのか、殺人なのか‥‥。

第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。


現役の医師が描く医療ミステリ。
主人公が外科に詳しくないという設定なので内容は難しくなくありません。でも麻酔医の不足や死後の解剖のこと、子供への臓器移植など、現在の医療の抱える問題に触れていて、医療の現場を垣間みたようなリアリティがあります。お互いの腹の探り合いとか、あらぬ噂を流したりとか、医療以外の病院での現実(なのだろう)も、さらっと描かれてはいるけど昼ドラばりにドロドロしていそうだな。

しかもこういった医療ミステリってキャラクタ造形が堅苦しいイメージがありますが、みんな個性豊かでキャラ立ちしてます。
一番は何と言っても、後半から登場する厚生省の役人・白鳥。

『ロジカルモンスター』、『火喰い鳥』と言われる白鳥は、『パッシブ・フェーズ』『アクティブ・フェーズ』と名付けられた論理を繰り出します。
およそお役人らしからぬ言動で、やや表面的だった田口先生の調査をばんばんと覆し、その人物の別の顔まで露にしてしまいます。
その様子はまさにブルトーザー。通ったあとには草も生えない‥‥。
かなり強烈なキャラです。論理というのは建前で、ただの失礼なヤツなのでは?と思うことしばしば。
でも最後のあの田口先生に宛てた手紙を見て、この人にもまた別の顔があるのだと思いました。
(まさか氷宮が書いていたなんてことないですよね‥‥(笑))

大森氏の解説にも「白鳥主役でシリーズ化を!」と書かれていて、白鳥は主役である田口先生を食っちゃってます。
でも白鳥により『パッシブ・フェーズ』の免許を皆伝してもらった田口先生は、前よりしたたかに病院という流れを泳いでいくのではないか‥‥とちょっと思わせるようなラストでした。

ただ、『このミス』大賞受賞作と言っても、ミステリ色は少し弱いのかな、という感じはあります。
これはエンターテイメント小説ですね。
でもメフィスト賞に続き、かなり気になる賞が増えたことは事実です。
[PR]
by mamebean | 2007-06-11 10:25 | 借りた本─ミステリ