図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夏期限定トロピカルパフェ事件

夏期限定トロピカルパフェ事件
(米澤 穂信 / / 東京創元社)

* * * * * * * *

小市民シリーズ第2弾。
日々を平穏に過ごすことを徳目と掲げる小鳩くんと小佐内さん。
2年生の夏、ふたりの運命を左右する出来事が。きっかけは〈小佐内スイーツセレクション・夏〉‥‥?


〈小佐内スイーツセレクション・夏〉をめぐるひと夏を描いた短編集。‥‥のようでいて各話が繋がって、最後に大きな仕掛けへと発展します。
何気ない描写や表情が伏線になっていたことが判明します。

前作で『狼』の面を垣間見せた小佐内さん。
彼女の身に重大事件がふりかかってきて、小鳩君と小佐内さんの『小市民』的状況も大きな局面にさしかかっています。
ふたりは小市民たる地位を守ることができるのか‥‥。


前作の最後の話、日常の出来事の範疇を超えたもので、ちょっと『違うな‥‥』という違和感がありました。
そして今作、あぁやっぱり。
1話めの「シャルロットだけはぼくのもの」は純粋に楽しめたのに、だんだん出来事が大きくなってくると話についていけない感じがありました。

つまり、私は日常の謎系の話が好きなのかもしれない。
ミステリを読み始めた頃は、日常の謎系の話にあまり面白さを見いだせなかったんですよね。
読書の好みって変わるものですね。


正直に自分を出して生きることは難しい。中学生の二人が経験したであろう過去。その詳細はまだ分からない。
生きやすくするために被ることにした『皮』。
結局その皮も嘘だったのだろう。
小佐内さんは『狼』なのか。
小鳩君は『狐』なのか。
ふたりが、今後どのようになっていくのか非常に気になるラスト。

今夏発売予定の『秋期限定マロングラッセ事件(仮)』を待つしかありません。

 それはまるで、綿菓子のよう。
 甘い嘘を膨らませたのは、ほんの一つまみの砂糖。
[PR]
by MameBean | 2007-03-28 10:25 | 借りた本─ミステリ