図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夢・出逢い・魔性

夢・出逢い・魔性―You May Die in My Show
(森 博嗣 / / 講談社)

* * * * * * * *

「夢の中の女に、殺される」—放送局のプロデューサは、20年以上前に死んだ恋人の夢に怯えていた。
彼の番組に出場する小鳥遊練無たちの前で事件は起きる‥‥。
Vシリーズ第4作。

どんな仕事に就いても、どんな人と付き合っても、
自分の都合の良い目標を近場で適当に見つけて、
それに集中して、それに逃避して、
それが自分の夢なんだって思い込もうとするんです。


S&Mシリーズで犀川先生が、理由があれば殺人を犯してもいいわけではない‥‥ということを言っていますが、これって森氏のミステリの特徴でもありますね。普通の考え方をしていると予想もつかない動機だったりする。
今回は『夢』。日本語と英語のタイトルにもあるように、『夢で逢いましょう』。
いつも夢の中にいて、現実に戻って来られなかった犯人。夢の世界で生きていたと思うと、かなり怖いですね。

作中で入る犯人の独白部分がなんとも怪しくて怖い雰囲気を増幅させています。


本筋とは別のあのトリックというか仕掛け‥‥
そんな予感はしていましたが、三人称があれだったし‥‥と思って読み直してみると、うまーく書かれていました。森氏はがアンフェアな事をするはずありませんよね。
これはおまけのような森氏のサービスでしょうね。

サービスと言えば、今回はオレンジのビニルっぽいワンピースの練無、フランス人形風の紅子さん、とビジュアル的にも大サービス。練ちゃんはいまいち視覚化しづらいのですが‥‥^^;

それと気になる口調。
なりね、ねりな
私は練馬‥‥
[PR]
by MameBean | 2007-03-14 19:16 | 借りた本─ミステリ