図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月は幽咽のデバイス

月は幽咽のデバイス
(森 博嗣 / 講談社)

* * * * * * * *
Vシリーズ第3弾。
狼男が出ると噂される豪邸。
そこでパーティーが行われた夜、女性が無惨な死体で見つかる‥‥。



死体は密室状態で発見され、着衣はボロボロ、部屋中に引きずりまわされた痕がある‥‥。
モルグ街の殺人を彷彿とさせる設定は森ミステリっぽくない感じもしますが、部屋中に撒かれた水のトリックなどが森氏ならでは、かな。でもいつもより易し目、私でも理解できる範囲でした。(へっ君のヒントもあったし^^)

しかしトリックなどよりももっと難しく、分からないのは人の心‥‥。
保呂草さんがますます分からない‥‥。
紅子さんとは友達になれるのでしょうかね。

大人組とお子ちゃま組がほとんど別行動だったのが残念だけど、紫子さんの恐がりな一面がかわいらしかったり、阿漕荘の新たな住人・森川君の天然ぶりなど、キャラがたってきた感じ。殺人事件が起きているというのにいっこうに信じず、能天気な練無の、ある意味正常な反応にホッとしたり。

シリーズもノッてきましたね。
[PR]
by MameBean | 2006-12-25 17:20 | 借りた本─ミステリ