図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NHKにようこそ!

NHKにようこそ!
(滝本 竜彦 / 角川書店)

 * * * * * * * *

俺が大学を中退したのも、無職なのも、ひきこもりなのも、すべては悪の組織NHKのせいなんだ‥‥!
ひきこもり経験者の作者が描く、ひきこもりが主人公の小説。

主人公はただの(?)ひきこもりだったのに、ロリコンでエロゲー制作、ドラッグへと、どんどん悪いスパイラルにハマっていってしまう。抜けだせない現状、そして常に「死のう‥‥」と言っているのに話はヘビーではなく、その絶望的な感じを笑いに変えている。
テンポがよくて一気に読んでしまいました。

陰謀と戦う云々というあらすじ、そしてプロローグを読んで、舞城王太郎の『阿修羅ガール』や『ドリルホール・イン・マイ・ブレイン』を連想してしまいました。独特の世界観で荒唐無稽な敵と戦うのかと思ったのです。
だからそれと比べるとちょっと世界観が弱いかな〜と思ってしまいます。
ひきこもりのプロフェッショナルと言っている割には、あっさりとバイトを始めるのも気になります。
決して悪い作品ではなく面白いんですけど、テーマがテーマだけにちょっとアクが少なく感じてしまいます。

私は舞城王太郎は『阿修羅ガール』以降くらいからそんなに好きではなくなったんですけど、この作品を読んだら無性に読みたくなりました^^; あのリズム感や世界観はすごかったんだ、と。

この作品は漫画化そしてアニメ化されているようなので、そちらを試してみようかな、と思います。
[PR]
by MameBean | 2006-09-05 12:12 |     ─小説・エッセイ