図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ペルシャ猫の謎

ペルシャ猫の謎
(有栖川 有栖 / 講談社)

* * * * * * * *

「国名シリーズ」第五弾である表題作を含む6編、それにボーナストラックにあたる「猫と雨と助教授と」を収録した短編集。

いつもの体裁とは違いますね。全体的におまけ的な雰囲気が漂っています。

『悲劇的』と『猫と雨と助教授と』は火村助教授ファンへのファンサービス的な話。そうかと思えば火村教授もアリスも出てこない話があったり、一人称がアリスじゃない話があったり。ミステリでさえない話があったり。
意図的に普段とは違う話を集めたのでしょうか?

対象としている読者層がよく分かりませんね‥‥。

強いて言えば、普段より心理描写がよくえがかれているのかな、と。
『赤い帽子』は、警察内部向けの会報誌に掲載されたということで、森下刑事が主役で火村助教授に頼らず事件を解決するものです。
警察内部やテレビ局の描写など気を使って描いている感じが伝わってきます。
それに警察の人たちとの一体感が味わえて、終わり方もなかなかいいですね。
でも特にトリックがあるわけではないんですよね〜

全体的にアンチミステリ。
[PR]
by MameBean | 2006-08-14 17:47 | 借りた本─ミステリ