図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

スクランブル

スクランブル
(若竹 七海 / 集英社)

 * * * * * * * *

17歳の時に女子高内で起きた殺人事件の犯人が、15年たった今わかった‥‥。
犯人は今この結婚式にいる‥‥?

青に捧げる悪夢で初めて読んだ若竹七海さん。
自我が芽生え、他人と自分を比較し悩みがちな思春期を描かせたら上手いですね〜〜
ミステリというスパイスもほどよく効いています。


みんなに認めてもらいたい、でも変なプライドがあって素直に自分を表現できない。他人を否定することで自我を保とうとする。

——10代の女の子なんてみんなこんな感じだったと思う。
女子高生数人集まればちょっとしたもめ事が発生するのに、何千人もの女子高生が学校にいるんだから、そりゃトラブルも起きるでしょう。
私自身は女子高の出身ではないけど、容易に想像ができる。

‘半熟’だった彼女たちが傷つきながらも殻を割っていこうとする様を‘卵’に見立てていて、
タイトルも「スクランブル」 「ボイルド」「サニーサイドアップ」「オムレット」といった卵料理なのが面白い。

また、主人公たちが文芸部所属ということで、いろんな本が登場していて読んでみたくなりました。
若い頃から本をたくさん読んでいればよかったな〜と私は今頃になって思うのです。
ただ6人みんな本好きというカテゴリーが似ているせいか、最後までどれが誰だか名前が覚えられませんでした‥‥^^;


主人公たちと同じように喜怒哀楽して、制服の肌触りまでよみがえってきて、まるで10代の頃に戻ったような気持ちになる、そんな1冊でした。
[PR]
by MameBean | 2006-06-15 21:05 | 借りた本─ミステリ