図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

蝦蟇倉市事件

蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)

道尾 秀介 / 東京創元社


架空の都市〈蝦蟇倉(がまくら)市〉を舞台に、5人の作家が描くアンソロジー。

■道尾秀介「弓投げの崖を見てはいけない」
安見邦夫は弓投げの崖でRV車に追突される。RV車に乗っていた若者の一人が同じ場所で殺害される‥‥。

■伊坂幸太郎「浜田青年ホントスカ」
家出した浜田青年は、スーパーの駐車場で「相談屋」をする男の助手をすることに‥‥。

■大山誠一郎「不可能犯罪係自身の事件」
蝦蟇倉警察署捜査一課に設置された「不可能犯罪係」。担当する真知博士が容疑者に‥‥。

■福田栄一「大黒天」

大学生の照之の祖母は和菓子屋を営んでいる。そのお店にある木彫りの大黒様は盗難品だと主張する男が現れ‥‥。

■伯方雪日「Gカップ・フェイント」
蝦蟇倉市長・近藤康司が開催企画した格闘技の「Gカップ」。
近藤の友人が10トンもの大仏の下敷きにされて死亡していた‥‥。

一つのテーマで編纂されたアンソロジーはよくありますが、一つの街を舞台に複数の作家が物語を書くというのは珍しいですね。しかもその街では年間15件もの不可能犯罪がおこるという。

最初の道尾氏からガツンときました!トップバッターということで、蝦蟇倉市のアウトラインを描く役割があるのに、このクオリティ。
ブツッと謎を残して終わるラストとか、好きです。
続いての伊坂氏も余韻を残した終わり方をしていて面白かったです。


リレー小説のように登場人物や出てくる場所が各作品でリンクしていて、全員で蝦蟇倉市という街を作り上げています。
第2弾も出ているので、さらに蝦蟇倉市ができ上がっていきますね。気になる宗教団体も、今後の物語に絡んできそうな予感。
[PR]
by MameBean | 2010-06-18 17:56 | 借りた本─ミステリ