図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ベベ・ベネット、秘密諜報員になりきる

ベベ・ベネット、秘密諜報員になりきる (創元推理文庫)

ローズマリー・マーティン / 東京創元社

ブラッドリーの元、老舗トイショップで働くベベ・ベネット。お店でピエロとして働くキンカーが殺され、第1発見者のベネットは容疑者に。

読んでみたかったベベ・ベネットシリーズ第3弾。
献本いただきました。
が、本作がシリーズ最終みたいですね、残念。

1作目はベネットの友人が容疑者に、2作目はブラッドリー、そして本作ではベベが容疑者に。ベベは身近で事件がおこりやすく、さらに首を突っ込みやすい体質のようです。

ブラッドリーとはベベがが想いを寄せる男性で、かつ上司。

彼との関係は前作でかなりいいところまで行ったようですが、その後ちょっと他人行儀な関係に戻ってしまったらしい。
思い違いや行き違いがあって、なかなか素直にブラッドリーに想いを伝えられず誤解もあったりして、一歩進んではまた戻るようなふたりの関係にやきもきしたり。
でもこのシリーズはミステリというよりもベベの恋模様がメインみたいですね。

ベラッドリーへの恋の悩みや、メイク、ファッションなどガールズトークが満載。マスカラが落ちないようにとか、グロスに張り付いた髪を気にしたりとか、かなり描写が細かいです。物語の設定が60年代なのでその時代のファッションやカルチャーが今読んでも古ぼけてなくてキュート。サイハイブーツにミニのワンピース、可愛いなー。

ゴーゴーブーツを履いて事件関係者に聞き込みして回ったり、犯人の家に忍び込んだり、とイメージは007。こういうごっこ遊びが好きなのも、女の子ならではですね。

※この本は「本が好き!」経由で献本いただきました。

ベベ・ベネット、秘密諜報員になりきる
  • ローズマリー・マーティン
  • 東京創元社
  • 1260円
Amazonで購入
書評

[PR]
by MameBean | 2010-05-24 18:27 | 借りた本─ミステリ