図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「クロック城」殺人事件

「クロック城」殺人事件 (講談社文庫 き 53-1)

北山 猛邦 / 講談社


太陽に最大の黒点が発見され、地球が終焉を迎えつつある1999年。探偵である深騎のもとに、クロック城に住む少女から依頼が舞い込む。第24回メフィスト賞受賞作。

初めて読む作家さんで、名前と本の表紙の雰囲気からおじさんなのかなーと勝手に思ってましたが、西尾維新、佐藤友哉と同世代でほぼ同じ時期にメフィスト賞を受賞した30歳でした。本作が2002年にメフィスト賞を受賞。久しぶりのメフィスト賞は意外にも本格ミステリでした。北山氏の前が舞城、佐藤、西尾〜ですからね。

この物語の設定は特殊で、太陽の黒点の影響で磁場が乱れ、世界が終わると言われている世紀末。磁気の影響であらゆる機械は壊れ、警察は機能せず、電話も役に立たない。こんな特殊な状況が生み出す「城」という大きなクローズドサークルで首切り死体が発見される。城には「現在」「過去」「未来」を刻んだ3つの大きな時計。
この城にやってくることになったのが、ボウガンで〈ゲシュタルトの欠片〉を退治する南深騎。
〈ゲシュタルトの欠片〉とは、ゲシュタルト理論によるもので、ないものがあるように見える現象。思い込みや錯視のようなもの、かな? ここでは幽霊のこと。
ゲシュタルトの欠片、スキップマンなど感覚的、非現実的な描写があるかと思えば、トリックはきっちり本格。大胆な物理トリックに、驚きの切断理由なんです。
非現実的な部分と現実的な部分をあわせもった作品だと言えます。

トリックが分かってからもページは続き、終盤、結界だの何だのとメタミステリになっていくのかと危惧しましたが、一応探偵役により物語は終焉に向かいます。でも新たな探偵役が登場し、推理を覆していった時は驚いたなぁ。

 見つめるんだ。
 最後の瞬間、あんたは破滅か救済か、どちらを選ぶのか。
 世界はあんた次第なんだよ。
[PR]
by MameBean | 2009-12-10 18:38 | 借りた本─ミステリ