図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

乱鴉の島

乱鴉の島

有栖川 有栖 / 新潮社


烏島と呼ばれる島にやって来たアリスと火村。
その島にいたのは俗世との接触を絶って隠遁する作家とその知人たちだった。

久しぶりの作家アリスシリーズ。しかも孤島ものです。意外なことに作家アリスシリーズで孤島ものは初めてなんだとか。
アリスと火村がやって来た島は通称・烏(からす)島。えさが豊富にあるとは思えないこの島に、なぜかカラスがたくさんやってくるという。
カラスの剥製に、アリスが孤高の作家・海老原とポーの「大鴉」談義を繰り広げるなど、そこかしこにカラスが出てきます。表紙に書いてあるNevereverとは「大鴉」にでてくる言葉なのだとか。
烏と島、クロウとクローン、こんなところに言葉遊びが。

事件はというと、明らかになってみるととってつけたような動機で、火村も言っているようにありふれているもの。
むしろ事件の背景に隠されている彼らの「秘密」のほうが気になってしまいました。


 Neverever—ケシテモウナイ
[PR]
by MameBean | 2009-11-11 23:16 | 借りた本─ミステリ