図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゴーギャン展2009

フランスブルターニュ、タヒチ、フランス、ふたたびタヒチ。

ゴーギャンと言えばタヒチを連想しますが、タヒチに渡ってから1度パリに戻っているんですね。タヒチから戻ったゴーギャンを待っていたのは、タヒチでの作品に対するパリの美術界の無理解。それに絶望したゴーギャンは再びタヒチへと渡ります。今度はもう戻らない覚悟で。
それから描かれた作品は「死」を強く感じるものになってます。直接的に死を描いているわけではないものの、「人間はどこへいくのか」ということを繰り返し描いています。
これは展覧会の目玉とも言える日本初公開の大作『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』に繋がっていきます。
e0030112_1810677.jpg
月の神ヒナ、二人の女性、子ども、老婆、犬‥‥
それまで描かれた様々なモチーフが集まって、一枚の絵巻物のようになっていてゴーギャンの集大成とも言える作品。

版画も含めて53点と作品数は少ないけど、各作品に解説があるので理解が深められます。


9/23まで 東京国立近代美術館
[PR]
by MameBean | 2009-08-24 18:18 | ちょっとブレイク