図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ストロベリーナイト

ストロベリーナイト (光文社文庫)

誉田 哲也 / 光文社


ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。
警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件はないことに気づく。

かわいらしいタイトルとは裏腹に、かなり骨太な警察小説です。警察小説といえば私の中では横山秀夫氏ですが、こちらもなかなかリアリティあります。
スポーツ青春ものの武士道シックスティーンの著者でもある誉田氏。あちらから知ったのでこのふり幅、すごいですね。

主人公はノンキャリアながら27歳の若さで警部補の姫川玲子。完全なる階級社会、男社会の強者ぞろいの中で確実に成果を上げている玲子。
同じ捜査一課でも班が違うとライバルなんですね。玲子は『姫川班』率いる班長で、同じく事件を担当することになった『勝俣班』班長・勝俣がくせ者で、玲子が手柄をあげる事をどんな手を使ってでも邪魔してくる。しかし勝俣のあだ名『ガンテツ』の由来がラストで分かり、なんだかんだでこの人も悪い人じゃなさそうと思える。でも玲子の神経を逆なでする数々の言動がそれでチャラになるわけでもない気も。

 目をえぐられた女 切り裂かれるその喉元 噴き出す鮮血
 ―あなたは これを 生で 見たい ですか

冒頭の文章の通り、覚悟がないと読めません。
文中かなりグロテスクな描写があります。それでもぐいぐい読んでしまうのは捜査に携わる刑事たちのキャラがが個性的だから。先ほどの勝俣もかなり強い個性を持ったキャラですが、所轄の刑事・井岡と部下・菊田の真逆な二人が玲子に思いを寄せたり‥‥な関係も面白い。
あと、テンポもいいからぐいぐい読めますね。特に『ストロベリーナイト』の意味が分かる中盤からのスピード感とかすごいです。
黒幕の正体は途中から何となく想像がつき、あっさり白状しちゃうのにやや肩すかし気味ではあるものの、『エフ』の正体は、あーそう来たかー、と思うもの。

途中差し込まれるエフの世界など、映像として意識して描かれた作品だと感じました。でももし映画化されても観ないだろうなー。R指定つきそうだし。
[PR]
by MameBean | 2009-07-03 18:09 | 借りた本─ミステリ