図書館で借りた本の読書記録です 基本的にミステリ好き


by MameBean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

氷菓

氷菓 (角川スニーカー文庫)

米澤 穂信 / 角川書店


省エネ体質な折木奉太郎(おれき ほうたろう)は、姉の命令により廃部寸前の古典部に入部する。

いつの間にか密室になっていた教室、毎週同じ曜日に貸し出される本、文集を探させてくれない新聞部員、三十三年前に高校で起きたこと。
謎を解決するのが、無駄なことはできるだけやりたくないという「省エネ」体質のホータロー。小市民シリーズでいう小鳩くんですね。ホータローは成り行きで謎を解決しますが、日常の謎なので、タネを知ってしまえばなーんだという感じ。でも、こういうのに気づけるのも才能です。

ホータローは高校生活は「灰色」だと口癖のように言っていますが、巻き込まれる形でも謎を解決していくうちに、我を忘れて熱中するものを持てる「薔薇色」な高校生活を送る人たちに憧れている自分に気づく。
自分たちの高校生活がある犠牲のもとに成り立っていることを知るのが、同じ古典部の部員・千反田えるに頼まれた彼女の叔父さんにまつわる謎を解いたとき。文集「氷菓」に込められたある哀しい思い。そんな気持ちを知ってしまったらもう灰色だなんて言えないですよね。

米澤氏デビュー作な本作。日常の謎であることとか、小さな謎が積み重なって最後の大きな謎に繋がること、そしてホータローの性格など、小市民シリーズの原型になっている感じがします。でも裏の顔みたいな部分がない分、青春ミステリ色が強い感じがします。
1作目なのでまだホータロー以外のキャラがそれほど掘り下げられていないかなー。個人的には里志にはまだまだ描かれていない部分があるような気がするんですけどね。だから2作目以降、どう描かれるのか楽しみです。
[PR]
by MameBean | 2009-05-11 19:02 | 借りた本─ミステリ